Art + Culture

朝日新聞の記者 丸山ひかり氏に2019年の日本現代アート透明賞 JCATP Asahi Newspaper Journalist Ms. MARUYAMA Hikari wins 2019 Japanese Contemporary Art Transparency Prize

2019年の「日本現代アート透明賞」が丸山ひかりさんに授与されました。おめでとうございます!
MARUYAMA Hikari is awarded the 2019 Japanese Contemporary Art Transparency Prize (JCATP), congratulations!

丸山ひかり MARUYAMA Hikari

Japanese Contemporary Art Transparency Prize 日本現代アート透明賞のウェブサイ トより:
http://jcatp.com/recipients/maruyama-hikari/

Main criteria in selecting MARUYAMA Hikari 丸山ひかり as JCATP recipient was her written article「タブーの表現に挑む」(Tackling Taboo Expressions) in the evening edition of the Asahi Newspaper 朝日新聞夕刊, 17th of May 2016.

Subcriteria:
–「他人ごとでないフェミニズム」(Feminism is not other People’s Affairs) 朝日新聞夕刊、2018年5月18日
–「「日本人」のまなざし 100年前と今」(Appearance of the ‘Japanese’, 100 Years ago and now) 朝日新聞夕刊、2017年10月17日
– 「原爆・原発 アートで向き合う」(Facing Atomic Bomb – Nuclear Power via Art Works) 朝日新聞夕刊、2016年12月17日
–「9条 アートに」(Expressing the Article 9 of the Japanese Constitution through Art) 朝日新聞夕刊、2018年5月2日
–「福島市 防護服着た像撤去へ」(Removal of a Sculpture with a Protective Suit in the City of Fukushima) 朝日新聞、2018年8月29日
–「美術館 せめぎ合う境界線」(Museum Exhibitions: Clash of Opinions about Imposing Limits) 朝日新聞夕刊、2016年6月7日
–「表現の自由めぐり危機感」(A Sense of Crisis Regarding the Freedom of (Artistic) Expression) 朝日新聞夕刊、2016年8月2日
–「報道とアートの境目 原発事故の現実写す」(A Realistic Close-up of the Nuclear Accident at the Convergence of Art and Journalism) 朝日新聞夕刊、2016年7月12日

JCATPのサイトへ:
http://jcatp.com