Art + Culture

天皇皇后両陛下 初の肖像画 Portrait Painting of Their Majesties the Emperor and Empress of Japan

天皇皇后両陛下 初の肖像画が退位を前に完成 宮内庁公表へ
5月21日 15時14分 皇室
天皇皇后両陛下の承諾を得て描かれた初めての肖像画が、来年の天皇陛下の退位を前にこのほど完成し、宮内庁が21日にも公表することになりました。
この肖像画は、日本の写実絵画の第一人者で、広島市立大学名誉教授の野田弘志さん(81)が制作した油絵で、ことし1月に完成し、3月に皇居に収められました。
(省略)
野田さんは、両陛下が皇太子夫妻の頃から、たびたびお住まいに招かれるなど交流があり、8年前の平成22年に肖像画の話が出たあと、平成26年に皇居・宮殿で撮影された両陛下の写真を元に、北海道のアトリエで制作が進められました。
(省略)
両陛下の承諾を得て肖像画が制作されるのは、初めてのことで、両陛下は野田さんに対し、「肖像画ができてとてもうれしい」と話されているということです。宮内庁は、この肖像画を21日にも公表することにしています。

野田さんは「画家として、これ以上光栄なことはありません。両陛下という存在をどのように表現するのか悩みましたが、自分なりに精いっぱい描きました」と話しています。

制作は日本の写実絵画の第一人者

野田弘志さんは、広島県出身の81歳。
(省略)
両陛下とは、皇后さまと共通の知人がいたことで皇太子夫妻の頃から親交があり、以前、皇后さまが訪ねられた展覧会で野田さんが自分の作品を説明したこともあったということです。
より詳細な情報へ:(そのうち、NHKの記事は消えます)
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180521/k10011446801000.html

天皇皇后両陛下1
天皇皇后両陛下2
天皇皇后両陛下3
天皇皇后両陛下4
天皇皇后両陛下6
天皇皇后両陛下5

https://ja.wikipedia.org/wiki/野田弘志 より:

年表
1936年、6月11日に韓国全羅南道に生まれる(本籍地は広島県沼隈郡柳津村)。その後、福山、中国・上海と転居。
1956年、上京し阿佐ヶ谷美術学園洋画研究所に通う傍ら、森清治郎に絵画を学ぶ。
1966年、『現代日本文学館 三島由紀夫』(文藝春秋)の挿画を製作。
1983年、朝日新聞の朝刊に連載された加賀乙彦の小説『湿原』の挿画を担当( – 1985年)。

ヨーロッパの絵画と日本の絵画、現代日本の絵画
野田自身は研究しなかったものの、ヨーロッパの古典的な絵画の技法が水性の塗料(水性の絵具)の上に油性の塗料(油絵具)を重ねることによって成立するものであることを認め、近年の日本におけるこの研究に対して一定の関心を示すと共に、大学における研究と実践に携わる者として、田口安男や絹谷幸二、佐藤一郎を挙げる。しかしながら、テンペラによる表現は全て油絵具で出来るとして退ける。
また、野田自身が経験して来たことを認めつつも、食べて行く為の絵画と自己の研究の為の絵画を分けることを、日本に特有のダブルスタンダードであると指摘し、本音と建前の二重構造を許容するこの日本の習慣が甘えを生み、現代日本の絵画が世界的に評価を得られない理由になっているとして批判する。

1aa1

2014年04月22日
Art Annual online より:
http://www.art-annual.jp/news-exhibition/news/35018/

【特集】 「存在の美学 第三回伊達市噴火湾文化研究所同人展」 野田弘志×永山優子×小尾修 特別鼎談
(省略)
― 画家としての哲学 ―
野田 僕らは西欧的なリアリズムをやろうとしている。リアリズムは色々な形で過去からあったけれど、常に「人間」という存在がテーマにあった。その流れにはキリスト教という一神教が巨大な柱になっている。絶対的な精神であり魂。生まれたときからそうした環境に浸っていて、日本とはまるっきり違う。僕らがそれを追求するならば、一般的な「芸術」を超えるほどのものを目指さなければならないし、自分の哲学を持っているべきだと僕は思う。
(省略)
野田 写実なんて古いと言われるし、現代アートの連中は馬鹿にするかもしれない。それでも写実をやっている。その存在理由を考えてしまう。僕は、写実は今後も絶対に滅びない、唯一の柱になるべき存在だと考えている。絵って何だ。人間って何だ。そういうことを突き詰めようとしているのが写実だと思うんだよね。
(省略)
野田 僕は、本当のリアリズムの展覧会を世界に向けて日本から起こしたい。「存在の美学」はそういうグループ展でありたいと思っている。今でこそ写実をやる人が相当増えたけれど、昔は写実の絵描きはみんな食えなくてね。それで広島に野呂山芸術村を作って「存在の美学」をやった。ところが、その時は本物の写実を追求するよりも、絵描きを集めることに執心していた。存在の美学と言えるものじゃなかった。
近頃やっと絵で食えるようになったけれど、それはホキ美術館のおかげ。最近は、保木さんも「飾るための作品はもういらない。芸術が欲しいんだ」と言ってくれていて、そろそろ僕も鑑賞界から身を引いて、もう少し純粋に存在を追求するリアリズムを紹介する場を、作っていきたいと考えている。
(省略)
野田 絵画は「飾り」であっちゃいけない。もっと人間の精神が作り上げた、清らかで純粋なものであるべきだと思う。マラルメは「一冊の聖書のような詩を書きたい」と言ったが、僕が目指すところも同じ。命をかけても出来るかどうか分からない。でも僕は―敢えて我々はと言いたいが―、それをやらないと死に切れない、やるんだと。そう考えていきたい。

ーーーーーーーーーーー

日本の現代美術界を巡って、NHKの記事をアップさせていただきました。ここに載せたスクリーンショットは、すべて「好意によりクリエーティブ・コモン・センス」の文脈で、日本美術史の記録の為に発表致します。photo: cccs courtesy creative common sense