Art + Culture

山口桂 YAMAGUCHI Katsura

Christie’s Japan CEO クリスティーズジャパン代表取締役社長 1963年東京生まれ。暁星学園を経て立教大学文学部卒。広告代理店勤務の後、’92-‘93年クリスティーズ・ロンドン及びニューヨークにて研修の後、’94年(株)クリスティーズ・ジャパン入社。同社取締役副社長を経て2000年よりクリスティーズ・ニューヨーク日本・韓国美術部ヴァイス・プレジデント/シニア・スペシャリストとして勤務。 イトマンの近代絵画コレクション、麻布美術工芸館旧蔵コレクション等、数々のセールを手掛けるが、2008年3月の日本・韓国美術オークションにて、伝運慶作大日如来像(現真如苑蔵)を1430万ドルにて売却、日本古美術品としてのオークション史上世界最高額を記録し、当該作品は2009年春に重要文化財に指定された。国際浮世絵学会理事、日本陶磁協会、米国日本美術協会(JASA)会員。 2017年の藤田美術館のコレクションセールをはじめ、日本美術作品としていまなお史上最高額である2008年の運慶の仏像など、東洋美術部門の分野で多くの実績を残している。2018年10月1日より現職。 2018/10 Christie’s has tapped Katsura Yamaguchi, its current senior vice president, international director in its Asian art department, as the managing director of the auction house’s Japan outpost. In 2017, Yamaguchi spearheaded a sale of Japanese and Chinese art from the Fujita museum in Osaka, Japan.

art-culture.world/articles/mujin-to-fujiki-rika-chim-pom-kabukicho