Art + Culture

フィリップス・コレクション Phillips Collection

フィリップス・コレクション (The Phillips Collection) は、ワシントンD.C.にある美術館である。 1921年にアメリカ初の近代美術館として開館した。 創設者のダンカン・フィリップスは、鉄鋼会社の創業者であるジェームズ・ラフリン(James H. Laughlin)を祖父に持つ。彼は兄のジムと共に美術評論を行い、また一族のコレクションを管理していた。1917年に父親を、1918年に兄を相次いで亡くし、ダンカン・フィリップスは母親エリザと共にフィリップス・メモリアル・アート・ギャラリーを設立。1921年より一般公開となった。ダンカン・フィリップスは1921年に画家であるマージョリー・アッカーと結婚し、ともにコレクションを拡大していった。

art-culture.world/articles/phillips-collection-mitsubishi-ichigokan-museum