Art + Culture

Geisai Geisai

GEISAI(げいさい)は、村上隆が主催する現代美術の祭典。 wikipediaより: 名称とコンセプトは、美術大学の学園祭(芸祭)に由来する。「アート」と「お祭り」がもたらす興奮や熱狂をすべての参加者が体験でき、熱くおもしろい真剣勝負の「アートの現場」を開拓したいというコンセプトを軸に展開した。 寺子屋をイメージしたという少数のアーティストとの対話的イベント「芸術道場」(2000年)を前身とし、2001年村上隆個展「召喚するかドアを開けるか回復するか全滅するか」の付属イベントとして「芸術道場GP(グランプリ)」を開催。 以降、無審査で出展できるハードルの低さながら、国内外の著名人を審査員として迎えるほか、小山登美夫ギャラリーやミヅマアートギャラリーなどの有力な画廊やアート関連企業によるスカウト審査・ブース出展を設けるなど、アートシーンと直結したイベントとなった。また、これまでに、AKB48[1]、ももいろクローバー、平野綾[3]が出演し、お祭りイベントに花を添えた。また、審査員の顔ぶれは毎回大きく入れ替わった。 採算面では赤字続き(2010年時点で「一回開催ごとに千万単位の赤字」で、村上側の持ち出しが続いている状態だった。2014年のGEISAI#20を最後に参加型アートイベントとしては一旦終了し、2015年より「GEISAI∞infinity」として、クリエーター招聘プロジェクトとなった。From the Geisai website: Held twice a year in fall and spring, GEISAI is an art event started in 2002 by Takashi Murakami. Including its predecessor Geijutsu Dojo Grand Prix, GEISAI has reached its 10th incarnation. An art fair with a twist, GEISAI combines hundreds of booths of artists eager to promote their works, thousands of visitors shopping and browsing through the selection, an international cast of judges to select and award the finest participants, and music and entertainment throughout the day. GEISAI is an event unlike any other; a combination of amateur convention and high-brow art fair. GEISAI is practical training for artistsAfter making their first sales, aspiring artists still have to face the major hurdle of whether they can find consistent work as professionals in the industry. While some places breed an active art market, Japan is not currently one of those places. In such a young art scene, GEISAI is the first opportunity for many artists to debut their works. For its participants, having a booth in GEISAI is not only about selling work, but also about forging communication with visitors, talking about their work, and in general, undergoing practical training for a career as an artist. For visitors, GEISAI is an excellent place to casually purchase work; an experience not often possible in Japan.

english.kaikaikiki.co.jp/whatskaikaikiki/activitylist/geisai