Art + Culture

ワタリウム美術館 Watari Museum of Contemporary Art

The Watari Museum of Contemporary Art (ワタリウム美術館 Watari-um Bijutsukan) in Shibuya, Tokyo stands together with the Mori Arts Center and the 21st Century Museum of Contemporary Art, Kanazawa as one of the major institutions in Japan and in Asia in the field of contemporary visual arts. It was designed by the architect Mario Botta in 1990. Large retrospective exhibitions of the artists Joseph Beuys, Larry Clark, Henry Darger, Jan Fabre, Federico Herrero, Mike Kelley, John Lurie, Barry McGee, Nam June Paik, Gerda Steiner & Jörg Lenzlinger, have been held at the museum over the last few years. Together with the larger exhibitions, the Watari Museum of Contemporary Art organized lectures, learning workshops for children and small project room exhibitions – showing a balanced interest in both established and emerging artists. The museum is in Shibuya, Tokyo near Gaienmae Station on the Tokyo Metro Ginza Line.ワタリウム美術館(-びじゅつかん、Watari Museum of Contemporary Art)は東京都渋谷区の通称キラー通りにある、国際的なコンテンポラリーアートを多く展示する私設美術館である。 名前は開館時の館長で前身の現代美術画廊ギャルリー・ワタリの創設者である和多利志津子(1932-2012, 富山県小矢部市出身)、志津子の娘と息子であるキュレーターの和多利恵津子・和多利浩一から取られている。ギャルリー・ワタリを前身として、1990年(平成2年)9月に開館した。 和多利浩一の妻の和多利月子(1960-)も美術館ディレクターであり、実家の祖父である山田寅次郎(オスマン帝国のアート・ディレクターだった)についての研究所を刊行している。 建築設計はスイスの建築家マリオ・ボッタによっており[4]、1985年から手がけられた建築プロジェクトの経緯は、ワタリウムにおける展覧会のカタログ『Mario Botta: Watari-Um Project in Tokyo 1985-1990』にまとめられている。建物は地上5階建てで、1階と地下にミュージアムショップ「オン・サンデーズ」があり、過去の展示会のカタログのほか、ポストカードや芸術書などを販売している。「オン・サンデーズ」は、現在の美術館が開館する以前の1980年(昭和55年)から同じ場所で営業している。

watarium.co.jp