Art + Culture

佐藤忠良 SATO Churyo

佐藤 忠良(さとう ちゅうりょう、1912年7月4日 – 2011年3月30日[1])は日本の彫刻家。新制作協会彫刻部創立会員。生き生きとした女性像などをブロンズや木彫で表現した。福音館書店版の絵本『おおきなかぶ』の挿絵なども手がけた。 桑沢洋子の親友でもあり、教育者として東京造形大学において創立以来多数の後進の教育に携わった。女優の佐藤オリエは娘。作品のモデルを務めた笹戸千津子は弟子。 1912年、宮城県黒川郡大和町落合舞野に生まれる。6歳で父が死去したため幼少期は母の実家である北海道夕張で過ごす。 1925年、旧制札幌第二中学(現北海道札幌西高等学校)に入学。 1932年、上京し川端画学校にて学ぶ。 1934年、東京美術学校彫刻科入学。 1939年、美校卒業後、同期の舟越保武らと共に新制作派協会彫刻部の創設に参加する。 1945年から1948年までシベリア抑留に遭う。 1954年、第1回現代日本美術展佳作賞受賞。 1959年、東京都杉並区永福にアトリエを構え、死去するまで当地に在住。 1960年、第3回高村光太郎賞受賞。 1966年、東京造形大学創立と共に教授に就任。 1974年、第15回毎日芸術賞、芸術選奨文部大臣賞受賞、翌年には第6回中原悌二郎賞受賞、第3回長野市立野外彫刻賞受賞。 1977年、第5回長野市立野外彫刻賞受賞。 1981年、フランス国立ロダン美術館で個展。 1986年、東京造形大学名誉教授に就任。 1989年、朝日賞受賞。 1990年、宮城県美術館内に佐藤忠良記念館設立。 1992年、第41回河北文化賞受賞。 2011年3月30日、老衰のため東京都杉並区永福の自宅で死去。98歳没。 生前、日本芸術院会員に推薦され、文化功労者や文化勲章の候補にも選ばれたが、本人は「職人に勲章はいらない」と語り、これら国家の賞を全て辞退した。また杉並区の名誉区民賞も辞退している。Churyo Sato (Japanese: 佐藤 忠良 Hepburn: Satō Chūryō, 1912 – 2011) was a Japanese sculptor born in Miyagi Prefecture and grew up in Hokkaido. In 1932 he moved to Tokyo to become a painter. Becoming influenced by Aristide Maillol and Charles Despiau, Sato decided to specialize in sculpture.From 1934 on, Sato spent the next seventy years making art works primarily from bronze to much acclaim. He was a dedicated artist working from 8am until 8pm every day and died on 30 March 2011 at the age of 98.

art-culture.world/articles/nitten-the-shame-of-our-nation-nippon