Art + Culture

αMプロジェクト2018/9『絵と、 』
キュレーター:蔵屋美香(東京国立近代美術館 企画課長)vol. 5 中村一美 αMproject 2018/9 “Painting and… ” Curator: KURAYA Mika (Chief Curator of the Department of Fine Arts at the National Museum of Modern Art, Tokyo) Vol. 5 NAKAMURA Kazumi

NAKAMURA Kazumi 中村一美 「連差ー破房 (柿色のファサード)」1995年、油彩・綿布、171×177.5cm、部分

Since the 1980’s NAKAMURA Kazumi 中村一美 (born 1956) has vigorously pursued questions of the very definition and function of painting. Represented by gallery owner 村上隆 MURAKAMI Takashi’s Kaikai Kiki Gallery,

http://en.gallery-kaikaikiki.com/category/artists/kazumi_nakamura/

he had been invited to the 5th part of the series “Painting and…”, curated by chief curator of the Department of Fine Arts at the National Museum of Modern Art, Tokyo, KURAYA Mika 蔵屋美香.
In his critical approach to painting Nakamura reaches beyond the trends of Danish, British, Russian, Hungarian, German, Spanish, French, Italian, U.S., Brazilian, Korean, Chinese abstract expressionism to hit upon a theoretical form of painting which he tries to push to new, never seen, boundaries.
NAKAMURA Kazumi tirelessly, in a kind of infuriating practice towards his ‘western’ perception (whatever that means) on tableaux abstraction, executed over 1400 paintings until today. O-tsukare-sama.
Unfortunately I couldn’t attend the whole talk event between MOMAT chief curator KURAYA and NAKAMURA, however you may get an idea of the fully packed gallery visitors’ attendance through the short video clip and the attached pics, which vary in color because of the different lighting. Acrylic and oil works dated from 1994 until 2018.
The exhibition can be actually seen until the 23rd of this month.

KURAYA Mika’s curatorial project ended hereby with veteran painter NAKAMURA Kazumi. Check the links and attached Japanese written texts for detailed analysis.

  • Part 1 with SOUTOME Teppei can be recapitulated via my personal impression at
    五月女哲平個展「犠牲の色、積層の絵画」+「絵と、 」
    SOUTOME Teppei’s exhibitions “Colors of Sacrifice, Layered Tableaux” + “Painting and…”
    https://art-culture.world/articles/soutome-teppeis-exhibitions-colors-of-sacrifice-layered-tableaux-painting-and/
  • Part 2 with FUJISHIRO Uso 藤城嘘, which I couldn’t attend, can be recapitulated directly via Gallery αM’s website:
    http://gallery-alpham.com/exhibition/2018_2/
  • Part 3 with MURASE Kyoko had been introduced via
    フェミニン・浮遊する宇宙空間 by 村瀬恭子 と 塩田千春
    Feminine Floating Cosmos by MURASE Kyoko and SHIOTA Chiharu
    https://art-culture.world/articles/feminine-floating-cosmos-by-murase-kyoko-and-shiota-chiharu/
  • Part 4 got an interesting entry via:
    αMプロジェクト2018『絵と、 』
キュレーター:蔵屋美香(東京国立近代美術館 企画課長)vol. 4 千葉正也
    αMproject 2018 “Painting and… ” Curator: KURAYA Mika (Chief Curator of the Department of Fine Arts at the National Museum of Modern Art, Tokyo) Vol. 4 CHIBA Masaya
    https://art-culture.world/articles/kuraya-mika-chiba-masaya-painting-and/
  • Tokyo, HEISEI 31, March 16th
    Mario A

    αMプロジェクト2018『絵と、 』
    キュレーター:蔵屋美香(東京国立近代美術館 企画課長)
    αMproject 2018 “Painting and… ”
    Curator: KURAYA Mika (Chief Curator of the Department of Fine Arts at the National Museum of Modern Art, Tokyo)

    「絵と、 」
蔵屋美香
    今年の連続企画は絵画を取り上げます。これはギャラリーを運営する武蔵野美術大学からのリクエストです。お受けするかどうか迷いました。絵画はとても好きですが、わたし自身は近ごろ絵画をどう考えてよいのかわからなくなっているからです。個々の作品や作家によいなと思うものはあっても、ムーヴメントの盛り上がりやメディウムとしての新しい可能性を感じることは、特に日本国内について難しくなったと思っています。
    こうした気分はわたしの場合、はっきりと3.11以後に強くなったものです。震災から7年が経ちましたが、この間社会では、異なる意見の排除が強まり、経済格差が拡大し、政権や国際関係のありようも大きく変化しました。
    いま仮に、これらのアフターマス(余波)も含めてカッコ付きの〈震災〉と呼んでみることにします。この〈震災〉に呼応して、日本の美術界では社会に対して率直に発言する作品が目立つようになりました。その際、写真や映像、プロジェクト型の作品などは、メディウムがもともと持つ現実へのコミットの度合いの高さから、かなり率直な反応を示してきたように思います。しかし絵画は、絵具やキャンバスという物質のレベルはさておき、原理的には現実との関わりを持たずに色や形を組み立てることができます。もちろん政治的主題を直截的に描くこともできますが、関東大震災から戦時中の1920-40年代、戦後の1950-60年代にも試みられたこのやり方は、しばしば物事を単純化する危険を伴います。
    絵画が現実に関わるよりよい方法とは。
    あまりにベタな問いですが、この疑問を明るみに出し、真正面から扱わない限り、わたしのもやもやは晴れそうもありません。ついでに、「絵画」という一種の業界用語を使うと、結局問題が美術の枠内に収まってしまいそうなので、タイトルはあえて「絵」という言葉を使いました。
    今回選んだペインターは、いずれも「絵と」現実を絵画ならではの方法で切り結ぼうとしています。「絵と」社会的出来事、「絵と」記号、「絵と」感覚など、「絵と、」の後に入る要素はさまざまです。彼らの試みを一つ一つていねいにたどるこの企画がわたしの、そして同じような疑問を抱えた人たちの、もやもやをはらす力強いきっかけになればと願っています。

    NAKAMURA Kazumi “Painting and… Vol. 5”
    @ Gallery αM
    vol.5 中村一美:2019年1月26日~3月23日

    http://gallery-alpham.com/exhibition/2018_5/

    〒101-0031 東京都千代田区東神田1-2-11アガタ竹澤ビルB1F
    開廊日:火-土 11:00-19:00 日月祝休

    B1F, Agata-takezawa Bldg. 1-2-11 Higashi-kanda, Chiyoda-ku, Tokyo 101-0031
    Hours: 11:00-19:00
    Holidays: Sundays, Mondays and National holidays

    check the curatorial context:
    http://gallery-alpham.com/exhibition/
    αMproject 2018『絵と、 』αMproject 2018 “Painting and… ”
    キュレーター:蔵屋美香(東京国立近代美術館 企画課長)
    Curator: KURAYA Mika (Chief Curator of the Department of Fine Arts at the National Museum of Modern Art, Tokyo)
    • vol.1 SOUTOME Teppei 五月女哲平:2018年4月7日~6月2日
    • vol.2 FUJISHIRO Uso 藤城嘘:2018年6月16日~8月10日
    • vol.3 MURASE Kyoko 村瀬恭子:2018年9月1日~10月27日
    • vol.4 CHIBA Masaya 千葉正也:2018年11月10日~ 2019年1日12日
    • vol.5 NAKAMURA Kazumi 中村一美:2019年1月26日~3月23日

    (63 min)

    gallery αM 絵と、 vol 5 中村一美x蔵屋美香20190126

    (1:24 min)

    「αM 2018/9『絵と、 』vol 5 中村一美」GalleryαM

NAKAMURA Kazumi 中村一美 「連差ー破房 (柿色のファサード)」1995年、油彩・綿布、171×177.5cm
NAKAMURA Kazumi 中村一美 「連差ー破房 (柿色のファサード)」1995年、油彩・綿布、171×177.5cm
NAKAMURA Kazumi 中村一美個展、展示風景
NAKAMURA Kazumi 中村一美個展、展示風景
KURAYA Mika 蔵屋美香 と NAKAMURA Kazumi 中村一美の対談、平成31年1月26日
KURAYA Mika 蔵屋美香 と NAKAMURA Kazumi 中村一美の対談、平成31年1月26日
NAKAMURA Kazumi 中村一美 「破庵 48 (戸神山) Mt. Togami」2018年、アクリル・綿布、227.3×182cm
NAKAMURA Kazumi 中村一美 「破庵 48 (戸神山) Mt. Togami」2018年、アクリル・綿布、227.3×182cm
NAKAMURA Kazumi 中村一美 「破庵 45 (霊山) Mt. Ryozen」2018年、アクリル・綿布、227.3×181.3cm
NAKAMURA Kazumi 中村一美 「破庵 45 (霊山) Mt. Ryozen」2018年、アクリル・綿布、227.3×181.3cm
NAKAMURA Kazumi 中村一美 「破庵 45 (霊山) Mt. Ryozen」2018年、アクリル・綿布、227.3×181.3cm、部分1
NAKAMURA Kazumi 中村一美 「破庵 45 (霊山) Mt. Ryozen」2018年、アクリル・綿布、227.3×181.3cm、部分1
NAKAMURA Kazumi 中村一美 「破庵 45 (霊山) Mt. Ryozen」2018年、アクリル・綿布、227.3×181.3cm、部分2
NAKAMURA Kazumi 中村一美 「破庵 45 (霊山) Mt. Ryozen」2018年、アクリル・綿布、227.3×181.3cm、部分2
NAKAMURA Kazumi 中村一美 「破庵 45 (霊山) Mt. Ryozen」2018年、部分3
NAKAMURA Kazumi 中村一美 「破庵 45 (霊山) Mt. Ryozen」2018年、部分3
NAKAMURA Kazumi 中村一美 「連差ー破房 (茶とエメラルド)」1994-95年、油彩・綿布、83.2×89.2cm
NAKAMURA Kazumi 中村一美 「連差ー破房 (茶とエメラルド)」1994-95年、油彩・綿布、83.2×89.2cm