Art + Culture

亜 真里男「東京への風 (ヒロシマ・ナガサキ・フクシマ)」2016年 Mario A "The Wind towards Tokyo (Hiroshima - Nagasaki - Fukushima)" 2016

Mario A 亜 真里男「東京への風 (ヒロシマ・ナガサキ・フクシマ)」"The Wind towards Tokyo (Hiroshima - Nagasaki - Fukushima)" 97 x 194 cm, oil on canvas, 2016
Mario A 亜 真里男「東京への風 (ヒロシマ・ナガサキ・フクシマ)」"The Wind towards Tokyo (Hiroshima - Nagasaki - Fukushima)" 97 x 194 cm, oil on canvas, 2016

One week ago I let my Japanese readers know, that probably in September the next chancellor in Germany will be from the Green Party, Annalena Baerbock.
文化的、社会的、革命的なパラダイムシフト。「緑の党」のアンナレーナ・ベアボック氏がドイツの首相になるか?
Sozio-kultureller, revolutionärer Paradigmenwechsel. Wird Annalena Baerbock von den GRÜNEN die nächste Kanzlerin?
https://art-culture.world/articles/annalena-baerbock-gruenen「緑の党」/

It is also a well known fact, that Germany shut down its nuclear reactors because of Fukushima.
As I experienced Chernobyl and Fukushima, had my exhibitions with Fukushima-related works in Tokyo and a published book with the title “The situation is under control” (incl. a plenty of media reviews), I did my best to let my message, my works, become public.

Mario A 亜 真里男「The situation is under control」ART DIVER 出版社
Mario A 亜 真里男「The situation is under control」ART DIVER 出版社

書名:『The situation is under control』
著:亜 真里男(あ・まりお/英語名:Mario A)
解説:市原研太郎
カラー/モノクロ、96ページ(カラー80/モノクロ16)
ハードカバー
本体:B5 変形(185×246mm)
デザイン:木村稔将
ISBN:978-4-908122-04-0
2016年5月25日発行
ART DIVER 出版社
https://artdiver.tokyo/product/mario?lang=en

As I love my country Japan, I can’t play the ignorant and show an apathetic attitude. Therefore, today I would like to remind you, that Japan continues to export nuclear reactors and restarts 40-plus-year-old ones. As we are living in a democracy, for sure we can say, that the Japanese people voted for the restart of nuclear reactors.
Recently a specific case made some minor news in Japan.
Backed up by the LDP 自由民主党, SUGIMOTO Tatsuji 杉本達治, Governor of the Fukui Prefecture 福井県, had been given the mandate by the majority of the Japanese people, to restart those old reactors. See the attached link.

LDP 自由民主党, SUGIMOTO Tatsuji 杉本達治, Governor of the Fukui Prefecture 福井県
LDP 自由民主党, SUGIMOTO Tatsuji 杉本達治, Governor of the Fukui Prefecture 福井県
From left in the foreground, the No.1
From left in the foreground, the No.1 and 2 reactors, currently undergoing steps toward restarting despite their operating periods of over 40 years, are seen at Kansai Electric Power Co.’s Takahama Nuclear Power Station in the Fukui Prefecture town of Takayama. The No.3 and 4 reactors in the background are online. 40年超運転の同意プロセスが進む関西電力高浜原発の(手前左から)1号機と2号機。(奥左から)3号機と4号機は運転中=福井県高浜町で

40年超えた原発の運転 どう考えるか
NHK News 2021年4月28日 各地の原発
運転開始から40年を超えた関西電力の3基の原子力発電所について福井県の杉本知事は28日、運転の延長に同意する考えを表明しました。
関西電力は準備が整った原発から再稼働させる考えで、福島第一原発の事故のあと40年を超えた原発の再稼働は全国で初めてとなります。
full text:
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210428/k10013004251000.html

福井の施設、大林組説得し熊谷組落札
2020年1月8日 午前7時55分
 関西電力側が1996年9月に福井県美浜町で着工した原発関連施設の工事を巡り、福井県高浜町の元助役森山栄治氏(故人)がゼネコンの熊谷組に受注させるよう当時の関電幹部をどう喝し、関電側が競合相手の大林組を説得、落札を断念させていたことが1月7日、共同通信が入手した森山氏と幹部との電話を録音した音声、幹部の業務日誌で分かった。
 関電子会社「原子力安全システム研究所」の新研究所建設工事で15億円規模。熊谷組が指名競争入札で落札した。森山氏とゼネコンの関係が判明したのは初めて。熊谷組は福井県発祥で、森山氏に受注に向けた協力を依頼していた。ゼネコンが絡む大規模工事でも森山氏の関与がなかったか、関電の第三者委員会(委員長・但木敬一元検事総長)が解明すべき課題となりそうだ。
 発注者側が事前の受注調整に関われば独禁法違反(私的独占)の疑いがあるが、時効が既に成立している。
 日誌によると、96年7月30日、関電幹部は新研究所工事に関心を示していた森山氏に電話し、複数社の指名競争入札になったと伝えると、森山氏は「熊谷に取らせろ」と要求。翌日、幹部は熊谷組の担当者に電話し、発注者は介入できないと説明した。担当者は「確かにM氏(森山氏)に依頼をしている」と認め「指名に入れてもらえれば後は営業の仕事」と関電の介入は求めないとした。
 だが同年8月8日とみられる森山氏と幹部の電話の音声によると、森山氏は「大林がなあ、なかなか、おまえ、降りんらしいやないかい」と不満をあらわに。北陸の工事は「こちらの流れがある」とし「特にゼネコンというのは、おまえ、義理と人情を大事にせなあかんのや」と、熊谷組に受注させるよう迫った。幹部は「非常につらい」と何度も抵抗したが「熊谷さんとしっかり話し合いしなさいよと(大林組に)言うぐらいのことはできるやないかい」と強要した。
 日誌によると、翌8月9日、幹部は関電の部長クラスと話し合い、その場に駆け付けた大林組の担当者に落札断念を要請。「例の人がまた動いたということか」と尋ねられ、幹部は「事情ご賢察いただきたい」と応じた。担当者は社に戻った後、その日のうちに「了解」と回答。幹部から電話で報告を受けた森山氏は「うまくいったんだな、それでよし」と述べた。日誌によると、その後の入札で大林組は熊谷組よりも3千万円高い金額を提示しており、熊谷組が受注した。
https://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/1005956

44
88
33

In this regard, you may understand in what psychological stress I am actually in. On top of that, no Japanese museum showed interest in my work「東京への風 (ヒロシマ・ナガサキ・フクシマ)」”The Wind towards Tokyo (Hiroshima – Nagasaki – Fukushima)” from 2016.
https://marioa.com/works/794/
Of course I do feel very disappointed.
2021/4/29
Mario A