Art + Culture

単色と抽象:白髪一雄、河鍾賢、ゲルハルト・リヒター、ベルナール・フリズ Monochrome and Abstraction: SHIRAGA Kazuo, HA Chong-hyun, Gerhard Richter, Bernard Frize

白髪一雄 SHIRAGA Kazuo ‘Ryusen’ 1991, oil on canvas, 181.9 x 258.4 cm, detail
白髪一雄 SHIRAGA Kazuo ‘Ryusen’ 1991, oil on canvas, 181.9 x 258.4 cm, detail

Practicing painterly abstractionism through the ages, refusing any social commentary neither in the now nor from the past. Unlimited art-critical approach possibilities without being concerned about socio-political contexts and the fluxus in contemporary art. A part of Tokyo’s established art scene actually places monochromatic abstract paintings/sculptural works into a dialogue with the “critique spatial” to create mesmerizing, dynamic viewing processes. Duchamp’s string connections allow us to create an imaginative museum show through Gerhard Richter ゲルハルト・リヒター, HA Chong-hyun 河鍾賢(ハ・ジョンヒョン), SHIRAGA Kazuo 白髪一雄 and Bernard Frize ベルナール・フリズ. Because of their different cultural backgrounds, similarities between these four artists in attitude and transgressing experimental art probabilities give food for thought. Their methods in reductionist aesthetics, trying to push the limit towards something that never existed, should be enviously respected. In the meantime, the original conception of an image became obsolete. Their gestures let the viewer freely hover between personal psychogram, universal spirituality or magic mushroom pictorial spaces.
Tokyo, Heisei 31, April 28th
Mario A

Kazuo Shiraga
Fergus McCaffrey, Tokyo
March 23 – May 18, 2019
http://fergusmccaffrey.com/exhibition/kazuo-shiraga-2/

白髪一雄 展

1980 年代、90 年代の絵画作品を展示
ファーガス・マカフリー東京
2019年3月23日(土)〜5月18日(土)
引用文:
1950 年半ば、フット・ペインティングを始めた当時、彼は未加工で吸収性の高い紙 を好んで使用していました。支持体が油絵具の余剰の油を吸い込むことで、顔料の力 強いストロークの周りに琥珀色の光背が生み出されました。1958 年フランスの画商、 学芸員のミシェル・タピエが海外で彼の作品を流通させ始めると、キャンバスに直接 描く作品の方が輸送や海外での展示に適しているという理由から、白髪はこの支持体 から離れます。それでも彼は、日本の長く豊かな歴史により生み出された脆く繊細な 紙と、西洋の歴史と伝統の意味合いを含める粘着性のある油彩の組み合わせに魅了さ れ続けていました。1985 年絵具の液体性により強い興味を持った彼は透明度の高い絵 具を使用し、しみのような下塗りが施された作品を制作します。本展では希少なこれ らの作品を一堂に展示し、その特性と魅力をご覧いただきます。例えば《破天轟(は てんごう)》(1985 年)では滑らかで暴力的に足で描かれた黒のストロークが底面に たまった油によって下から支えられており、中心の力強いほとばしりに印象的な影を 落としています。
http://fergusmccaffrey.com/wp-content/uploads/Japanese_Kazuo-Shiraga_Press-release-.pdf

see also:
ロバート・ライマン展 @ 新空間「ファーガス・マカフリー東京」ギャラリー
Robert Ryman @ New Gallery Space of Fergus McCaffrey Tokyo
https://art-culture.world/articles/robert-ryman-new-gallery-space-of-fergus-mccaffrey-tokyo/

白髪一雄 SHIRAGA Kazuo ‘Ryusen’ 1991, oil on canvas, 181.9 x 258.4 cm
白髪一雄 SHIRAGA Kazuo ‘Ryusen’ 1991, oil on canvas, 181.9 x 258.4 cm

Kazuo Shiraga – Part 3 – Post Gutai

白髪一雄 SHIRAGA Kazuo @ Fergus McCaffrey, Tokyo, exhibition view
白髪一雄 SHIRAGA Kazuo @ Fergus McCaffrey, Tokyo, exhibition view
白髪一雄 SHIRAGA Kazuo ‘Fuma’ 1996, oil on canvas, 194 x 251.1 cm
白髪一雄 SHIRAGA Kazuo ‘Fuma’ 1996, oil on canvas, 194 x 251.1 cm
白髪一雄 SHIRAGA Kazuo ‘Deishaku’ 1987, oil on paper mounted on board, 173.5 x 229.5 cm
白髪一雄 SHIRAGA Kazuo ‘Deishaku’ 1987, oil on paper mounted on board, 173.5 x 229.5 cm
白髪一雄 SHIRAGA Kazuo ‘Fuma’ 1996, oil on canvas, 194 x 251.1 cm, detail
白髪一雄 SHIRAGA Kazuo ‘Fuma’ 1996, oil on canvas, 194 x 251.1 cm, detail
白髪一雄 SHIRAGA Kazuo ‘Hatengo’ 1985, oil on canvas on panel, 210 x 263.5 cm, detail
白髪一雄 SHIRAGA Kazuo ‘Hatengo’ 1985, oil on canvas on panel, 210 x 263.5 cm, detail
白髪一雄 SHIRAGA Kazuo ‘untitled’ 1980, oil on canvas, 60.6 x 72.7 cm
白髪一雄 SHIRAGA Kazuo ‘untitled’ 1980, oil on canvas, 60.6 x 72.7 cm

Part 2 | Kazuo Shiraga: High Gutai


HA CHONG-HYUN
BLUM & POE, Tokyo
March 23 — May 18, 2019
https://www.blumandpoe.com/exhibitions/ha-chong-hyun-1

河鍾賢(ハ・ジョンヒョン)
BLUM & POE (東京)

2019年3月23日 (土) – 5月18日 (土)
引用文:
河は、戦後の韓国美術を代表する先駆的作家の一人として知られています。物資にも困窮した1960-70年代の韓国の独裁的な政治制度下で、河はこれまで使われてこなかった、新聞紙、廃材、有刺鉄線といった素材を用いた制作の可能性を探るようになります。1974年には、「接合」と呼ばれるシリーズに着手し、絵具の持つ物質性、そして単なる支持体としてではないキャンバスの可能性についての追求を始めるようになりました。同シリーズでは、モノクロの油絵具を粗い織の麻布の裏面から裏濾すことで溢れ出た絵画表面を、さらに筆でなぞりつけ、擦り付けていくことで多種多様な抽象的構成を生み出しています。本展で発表する新作および近作から構成される「接合」シリーズは、青、赤、オレンジといった鮮やかな色彩を用いて描かれたものが多く登場します。一方で、白い絵具を用いた作品では、その表面を火にかざすことで化学的な変化がもたらされています。白から焦げた灰色へと変化した表面を水平に、あるいは垂直に削り出していく反復行為を繰り返すことで、絵画面の奥に隠された手つかずの白いレイヤーが暴かれていくのです。
https://www.blumandpoe.com/exhibitions/ha-chong-hyun-1?lang=ja

Ha Chong-hyun ‘Conjunction 18-07’ 2018, Oil on hemp, 91 x 73 cm, detail
HA Chong-hyun ‘Conjunction 18-07’ 2018, Oil on hemp, 91 x 73 cm, detail
HA Chong-hyun ‘Conjunction 18-07’ 2018, Oil on hemp, 91 x 73 cm
HA Chong-hyun ‘Conjunction 18-07’ 2018, Oil on hemp, 91 x 73 cm
HA Chong-hyun @ Blum & Poe, Tokyo, exhibition view
HA Chong-hyun @ Blum & Poe, Tokyo, exhibition view
Ha Chong-hyun ‘Conjunction 17-31’ 2017, Oil on hemp, 117 x 91 cm, detail
HA Chong-hyun ‘Conjunction 17-31’ 2017, Oil on hemp, 117 x 91 cm, detail
Ha Chong-hyun ‘Conjunction 15-420’ 2015, Oil on hemp, 117 x 91 cm
HA Chong-hyun ‘Conjunction 15-420’ 2015, Oil on hemp, 117 x 91 cm
Ha Chong-hyun ‘Conjunction 18-10’ 2018, Oil on hemp, 117 x 91 cm
HA Chong-hyun ‘Conjunction 18-10’ 2018, Oil on hemp, 117 x 91 cm
Ha Chong-hyun ‘Conjunction 18-10’ 2018, detail
HA Chong-hyun ‘Conjunction 18-10’ 2018, detail
Ha Chong-hyun ‘Conjunction 15-280’ 2015, Oil on hemp, 130 x 162 cm
HA Chong-hyun ‘Conjunction 15-280’ 2015, Oil on hemp, 130 x 162 cm

Gerhard Richter ‚PATH‘ @ WAKO WORKS OF ART 2019
Gerhard Richter ‘PATH’ @ WAKO WORKS OF ART 2019

Gerhard Richter ゲルハルト・リヒター
“PATH”
Wako Works of Art
20 April – 1 June, 2019 (closed between April 28th and May 6th)
2019年4月20日 – 6月1日 (大型連休中は休廊です)
http://www.wako-art.jp/top_en.php

引用文:
The show includes artist’s newest edition series entitled PATH (2018) which commemorates 25 years of relationship between Wako Works of Art and the artist, and one of his signature sculptural large works 8 Glass Panels (2012).

《PATH》は、すべて同じ風景写真を印刷した25点のインクジェットプリントの上に、1点ごとに異なるストロークでスクラッチ痕を施した、ユニークエディション作品です。ベースとなるのは、作家がイタリア北部にある保養地マッジョーレ湖の湖畔で撮影した、森の小径の風景写真です。
 インクジェットプリントを引っ掻くという制作方法は、エディション以外の作品も含め、リヒターの制作史上、本作で初めて用いられる表現です。美しい緑の風景を印刷した顔料インクの下から、ひっかき傷を介して、支持体の素材そのものとまっさらな白さが表出し、イメージの存在のあり方を問いかけ始めます。
 油彩画作品の中では、これまでも絵の具を削ぐ・削るといった手法が繰り返し試みられてきました。特に近年、2014年以降のアブストラクト・ペインティングでは、細い切っ先で絵の具を削り、カンバスを暴き出すという作業は顕著に用いられています。
 また、イメージやその再現を問いかける事のできる写真、そして表象の歴史と関係の深い風景というふたつの主題は、作家にとって重要なモチーフであり続けてきました。
 このように、《PATH》はエディションでありながらもペインティング作品との関連性が色濃い作品です。リヒターが生涯に渡り追求するイメージそのものへの問いかけが、インクジェットプリントの上、紙と顔料インクという新しい関係性の中で実践されています。

 また本展では同じ展示空間で、2012年の当画廊での個展『New strip paintings and 8 glass panels』で発表した大型のガラス立体作品《8 Glass Panels》(2012)を特別再展示いたします。光を反射しそして透過させるガラスという素材は、写真と同様に、イメージの実態を問う手がかりのひとつとして、リヒターの中で重要な素材として扱われて来ました。周囲に展示されるインクジェットプリントと、ガラス作品の関係を介して、イメージの表出と消失という複合的な問いかけが、空間の中で可視化されます。

Gerhard Richter ‚8 Glass Panels’ 2012 @ WAKO WORKS OF ART 2019
Gerhard Richter ‘8 Glass Panels’ 2012 @ WAKO WORKS OF ART 2019
Gerhard Richter ‚8 Glass Panels’
Gerhard Richter ‘8 Glass Panels’
Gerhard Richter ‘PATH’ 2018, unique edition series, inkjet print (Photo taken by Richter at Lago Maggiore, Italia)
Gerhard Richter ‘PATH’ 2018, unique edition series, inkjet print (Photo taken by Richter at Lago Maggiore, Italia)
Gerhard Richter ‘PATH’ 2018, unique edition series, inkjet print
Gerhard Richter ‘PATH’ 2018, unique edition series, inkjet print
Gerhard Richter ‘PATH’ 2018, unique edition series, inkjet print, detail
Gerhard Richter ‘PATH’ 2018, unique edition series, inkjet print, detail
Work by Gerhard Richter @ WAKO WORKS OF ART
Work by Gerhard Richter @ WAKO WORKS OF ART
Work by Gerhard Richter, oil on photograph 2016 @ WAKO WORKS OF ART
Work by Gerhard Richter, oil on photograph 2016 @ WAKO WORKS OF ART
Work by Gerhard Richter, oil on photograph 2016
Work by Gerhard Richter, oil on photograph 2016
Gerhard Richter ‚8 Glass Panels’ 2012
Gerhard Richter ‘8 Glass Panels’ 2012

Bernard Frize @ Perrotin Tokyo
Bernard Frize @ Perrotin Tokyo

Bernard Frize
PERROTIN, Tokyo
March 22 – May 8, 2019
2019年3月22日 ー 5月8日
https://www.perrotin.com/exhibitions/bernard_frize/7199
引用文:
《フリズは、自身の過去のプラクティスを定期的に再訪する一方で、新たなコ ンセプトの探求を続け、これまでにないペインティングの手法を生み出してい ます(10年前より、複数人が一点のペインティングを同時制作することに基づ いたプロセスの開発を開始)。また、1990年代半ばからは「具象芸術」と要約 されるもの、すなわち現実や識別可能な物、イメージの表現に頼ることを放棄 しています。私たちがあるペインティングを見て、それが石、カーテン、はたまた 本棚を想起させると感じるのは、単なる偶然または隠喩、そして視覚の性質に よるものです。最初に私たちの心を打つ、こうした拡張の作用は、また一方で縮 小や断絶の作用にも相当しています。このパラドックスは広大なものであると ともに、すぐさまフリズのペインティングに対する初期からの構想へと導きま す。それはパラドックスのアンサンブル、すなわち、常識と予想に相反する定理 から構成することなのです。もちろん、この原則は個々の作品において熟考さ れ、それぞれのレベルに合わせて適用されます。
https://static.perrotin.com/presse_expo/press_release_7199_1.pdf?v=1553075602

Bernard Frize ‘Cerc’ 2018, Acrylic and resin on canvas, 180 x 225 cm @ Perrotin
Bernard Frize ‘Cerc’ 2018, Acrylic and resin on canvas, 180 x 225 cm @ Perrotin
Bernard Frize ‘Cerc’ 2018, Acrylic and resin on canvas, 180 x 225 cm, detail
Bernard Frize ‘Cerc’ 2018, Acrylic and resin on canvas, 180 x 225 cm, detail
Bernard Frize ‘Lotu-sept’ 2017, Acrylic and resin on canvas, 102 x 136 cm
Bernard Frize ‘Lotu-sept’ 2017, Acrylic and resin on canvas, 102 x 136 cm
Bernard Frize ‘Lotu-sept’ 2017, Acrylic and resin on canvas, 102 x 136 cm, detail
Bernard Frize ‘Lotu-sept’ 2017, Acrylic and resin on canvas, 102 x 136 cm, detail
Bernard Frize ‘Lupa’ 2018, Acrylic and resin on canvas, 140 x 140 cm
Bernard Frize ‘Lupa’ 2018, Acrylic and resin on canvas, 140 x 140 cm
Bernard Frize ‘Gliale’ 2013, Acrylic and resin on canvas, 160 x 140 cm
Bernard Frize ‘Gliale’ 2013, Acrylic and resin on canvas, 160 x 140 cm
Bernard Frize ‘Gliale’ 2013, Acrylic and resin on canvas, 160 x 140 cm, detail
Bernard Frize ‘Gliale’ 2013, Acrylic and resin on canvas, 160 x 140 cm, detail

今日のおまけ today’s bonus, YOKOO Tadanori with artistic practice & ‘critique’ in the The Asahi Shimbun, yesterday’s newspaper edition

横尾忠則
横尾忠則の造形作品 @ 朝日新聞、平成31年4月27日、部分
横尾忠則の造形作品 @ 朝日新聞、平成31年4月27日
横尾忠則の造形作品 @ 朝日新聞、平成31年4月27日
説明
説明 explanation