Art + Culture

今日のJapan Times。「村上隆:日本のアート・アウトサイダー、平成時代を定義した、’嫌われた’アーティスト 」。不幸な村上隆、、、 Today’s Japan Times. “Takashi Murakami: Japan’s art outsider. The ‘hated’ artist who defined the Heisei Era”. An Unhappy MURAKAMI Takashi...

村上隆 MURAKAMI Takashi @ Japan Times 2019年3月14年
村上隆 MURAKAMI Takashi @ Japan Times 2019年3月14年

日本のギャラリーオーナー兼、社長でいらっしゃる村上隆のインターナショナル活動は、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
ガゴシアン・ギャラリーの香港個展に続き、恩顧を受けた、ロサンゼルスのBlum & Poeギャラリーではなく、同じ町のガゴシアン・ギャラリーでの個展「GYATEI²」が開催中です。

2019年4月23日のアップデート:
米国ギャラリー Blum&Poeのアーティスト・リストから外された村上隆
Takashi Murakami Had Been Erased From American Gallery Blum & Poe’s Artists’ List
https://art-culture.world/articles/takashi-murakami-blum-poe-村上隆/

インスタグラムのフォロアーは百万人を超え、大変人気を集めています。

また、80・90年代の日本の現代アート史を自分目線で作り上げた展覧会「バブルラップ」@熊本美術館が、ちょうど10日前に終了しました。

現場の美術館に文句も言わせず、村上コレクションを中心とする、という作戦のようでした。

内容は、フェミニズムに関係する日本のアーティストたちを無視し、映像やインスタレーションのアーティストも拒絶しています。

とんでもない選択と偏った作家の推薦、日本の現代アートの見方、認識が間違っている村上隆は、本当にふざけていると言えますね。

ご存知の通り、村上隆は、日本のアート・ジャーナリスト、日本のアート・ライター、日本のマスコミからの質問を嫌ってもいます。森美術館個展の2015年10月、「森ビルさんや、協賛のスポンサーさん達にはご迷惑をお掛けしております が、メディアへのインタヴュー一切をお断りしております。」というステートメントは象徴的な態度の表れです。

森ビルさんや、協賛のスポンサーさん達にはご迷惑をお掛けしております が、メディアへのインタヴュー一切をお断りしております。
2015年10月16日
https://www.art-it.asia/u/sfztpm/B4e9iINrL1x2bqTGEtD5/
www.facebook.com/takashi.murakami.142/posts/904937792905811

このコンテクストで考えると、日本のメディアであるJapan Timesにおいて、珍しくインタビューに答えています。

ところどころ、57歳の村上の口調はきつく感じられます。例えば、「I was increasingly hated in Japan」の中で使われている「hate」についてですが、私は、自分の語彙の中に「嫌い」という言葉を存在させないようにしています。特に、国際交流関係では、ふさわしくありません。こういう気持ちの場合、私は、don’t like, not my taste, don’t endorse, not my interestという風に実践にしています。

また、有名なエピソードとして、村上隆と田中功起の喧嘩はこちらです。
https://togetter.com/li/310603

村上隆
こういう人がいたんですよ。ロサンゼルスで青島千穂の展覧会をやった時に、某・今結構有名な30代中盤のアーティストが僕の前に来て、ブラム&ポー・ギャラリーでやってて、その食事の席でですよ。ブラム&ポー・ギャラリーで青島千穂が、カイカイキキのアーティストがやってて、村上隆が来ている。その席で僕の目の前に来て喧嘩売ったわけですよね。
 「あなたはもう終わる。あなたはもう終わるし、あなたの作ってきたことはすべて間違いである。あなたのカイカイキキのアーティストもひどい作品である」、と。それはいいんですよ。いいんですけど(笑)。「あーそうですか、ありがとう。じゃあ、僕不愉快なんであっち行ってくれ」と。
 だけど、まずそのひとことで、まず僕に言うべき、そういう喧嘩売るんだったらなんでお前ディナーに来てんの?と。ディナーに来るなよ。しかもわざわざロサンゼルスまで来て。東京で偶然めぐりあうんだったら話はいいけど、ロサンゼルスまで行って人の食客になって、「バカじゃねーの? お前、死ね!」みたいな(笑)。

Screen Shot MURAKAMI Takashi says to TANAKA Koki You Asshole Die! data-lazy-srcset=
Screen Shot MURAKAMI Takashi says to TANAKA Koki “Aren’t you an idiot? You, die!”


Togetterでまとめられた文章を読むと、どちらが本音か建て前か、不思議な流れと、違和感を感じます。

それでは、本日のJapan Timesの記事をご覧ください。
他の参考になる記事はこちら:
日本のアート界を駄目にした男? 不幸な村上隆、、、
The Man Who Ruined The Japanese Art World? An Unhappy MURAKAMI Takashi…
https://art-culture.world/articles/takashi-murakami-kaikai-kiki-japanese-art-world/

村上作品の価値?不幸な村上隆、、、
The Value of Murakami’s Works? An Unhappy MURAKAMI Takashi…
https://art-culture.world/articles/takashi-murakami-art-works-value/

米国ギャラリー Blum&Poeのアーティスト・リストから外された村上隆
Takashi Murakami Had Been Erased From American Gallery Blum & Poe’s Artists’ List
https://art-culture.world/articles/takashi-murakami-blum-poe-村上隆/

Japan Times, 2019, March 14
Andrew Lee, Staff Writer

Takashi Murakami: Japan’s art outsider. The ‘hated’ artist who defined the Heisei Era

quotes:

In parallel to the superflat trilogy, Murakami also created a local art fair in Japan in 2002 called Geisai that was held twice a year until 2014 and invited thousands of artists to present their work to international collectors.
“Thanks to Geisai, a wider audience started becoming interested in Japanese contemporary art,” said Perrotin.
Yet despite all these efforts, acceptance has still eluded Murakami in Japan — the artist himself believes jealousy of his success abroad lies behind this — and certain elements of his art have come to reflect that. His alter ego, Mr. DOB, for example, slowly evolved from a cute smiling character into a horrific fanged beast with multiple heads and a distorted body.
“I believe my character Mr. DOB underwent such a transformation because just as my reputation as an artist had begun to rise in the West, I was increasingly hated in Japan, and I was distressed by this chasm,” Murakami said. “Jealousy can genuinely engulf the true nature of a being, creating a frightening phenomena.”
Despite his distress, Murakami has not completely given up on his Japanese audience and held a successful solo show in 2015 at the Mori Art Museum in Roppongi, Tokyo, titled “Takashi Murakami: The 500 Arhats.” By his own admission, however, he has generally shifted his focus at home to the production of films and the curation of exhibitions, including his most recent Japanese show, “Bubblewrap,” at the Contemporary Art Museum in Kumamoto, in which he attempted to “reconceive postwar Japanese contemporary art by focusing on the artistic movements of Japan’s so-called bubble economy era.”
It’s almost impossible to catalog here the sheer volume of Murakami’s output over the years since “Superflat” made him the darling of the international art world.
He has had dozens of exhibitions everywhere, from Doha to Moscow, including the Palace of Versailles outside Paris, and shows no signs of slowing down.
Aside from his work as an artist, Murakami has branched out to making film and TV animations, as well as operating galleries and running restaurants.
“These projects are eventually incorporated as motifs into my artwork, but they are very expensive to manage. Every day, I pray to the nebulous heavens: ‘Please, God, don’t let my company collapse,’” Murakami said.
“So basically, I am content as long as my company is safe from bankruptcy and I am able to continue making works until I die.”

村上隆 MURAKAMI Takashi Japan Times, page 1, 2019年3月14年
村上隆 MURAKAMI Takashi @ Japan Times, page 1, 2019年3月14年
村上隆 MURAKAMI Takashi Japan Times, page 3, 2019年3月14年
村上隆 MURAKAMI Takashi @ Japan Times, page 3, 2019年3月14年
村上隆 MURAKAMI Takashi Japan Times 2019年3月14年, page 1, detail
村上隆 MURAKAMI Takashi @ Japan Times 2019年3月14年, page 1, detail
村上隆 MURAKAMI Takashi Japan Times 2019年3月14年, page 3, detail
村上隆 MURAKAMI Takashi @ Japan Times 2019年3月14年, page 3, detail
村上隆 MURAKAMI Takashi Japan Times 2019年3月14年, page 3, quote
村上隆 MURAKAMI Takashi Japan Times 2019年3月14年, page 3, quote
村上隆のコレクション展 朝日新聞、平成31年1月24日
村上隆のコレクション展 @ 朝日新聞、平成31年1月24日
村上隆 朝日新聞、平成31年1月24日
村上隆 @ 朝日新聞、平成31年1月24日

up-date:

videos by Gagosian on Takashi Murakami
https://gagosian.com/quarterly/2018/10/23/america-too/
Murakami & Abloh: “AMERICA TOO”, Gagosian, Beverly Hills, October 10–25, 2018

https://gagosian.com/quarterly/2019/03/19/video-takashi-murakami-LACMA
In a conversation with curator Stephen Little recorded at the Los Angeles County Museum of Art, Takashi Murakami describes the process behind three major large-scale paintings. Among the works he discusses is Qinghua (2019), inspired by the motifs painted on a Chinese Yuan Dynasty porcelain vase. Qinghua appears in Murakami’s Beverly Hills exhibition GYATEI².

ここに載せた写真とスクリーンショットは、すべて「好意によりクリエーティブ・コモン・センス」の文脈で、日本美術史の記録の為に発表致します。
Creative Commons Attribution Noncommercial-NoDerivative Works
photos: cccs courtesy creative common sense