Art + Culture

クリスティーズ香港のジョージナ・ヒルトン氏:杉本博司の東京オークション後、オークショニアとしての輝きを放つ After SUGIMOTO Hiroshi’s auction in Tokyo, Georgina Hilton shines as brilliant auctioneer @ Christie’s Hong Kong

ジョージナ・ヒルトン Georgina Hilton
ジョージナ・ヒルトン Georgina Hilton

2年前、グランドハイアット東京のボールルームでは「メセナ ガラ 2019」を開催されました。とても綺麗で、豪華なパーティーが行い、我が国の現代アーティストたちのアート実践にとって、尊敬する態度・行動に見えます。記念に情報や写真を同封させていただきます。次のメセナ・ガラ(芸術文化支援を目的としたパーティのこと)を楽しみですね。
「メセナ・ガラ」@ グランド ハイアット 東京、2019年1月28日(18時~22時半)
ドレスコード 男性:タキシード 女性:きもの、イブニングドレス
参加費:おひとり様 40,000円(税込)、テーブル購入350,000円(税込)
※「テーブル購入」の場合は、1テーブル=10席分をまとめてのご購入となります。
参加費のうち、お一人様10,000円を 「公益財団法人小田原文化財団」に寄付いたします。
六代目竹本織太夫さん等による文楽素浄瑠璃や、ポップ・オペラ歌手 増田いずみさんのステージなど充実の演目が披露され、アーティスト杉本博司さんの作品のオークションでは、熱気のこもったビットが繰り広げられました。流石、クリスティーズのジョージナ・ヒルトンさんの素晴らしい能力と「マジック・ガベル」。

ジョージナ・ヒルトン @ メセナ・ガラ 2019年
ジョージナ・ヒルトン @ メセナ・ガラ 2019年

参加費の一部とラッフルチケットの売上げ全額、オークションでの落札額全額の合計 28,570,000円 は杉本博司さんが設立した公益財団法人小田原文化財団に贈呈され、財団の活動に役立てられることとなりました。杉本さん、おめでとうございます。
https://www.picuki.com/tag/メセナガラ2019
公益財団法人小田原文化財団 ODAWARA ART FOUNDATION
https://www.odawara-af.com/ja/

杉本博司 @ メセナ・ガラ 2019年
杉本博司 @ メセナ・ガラ 2019年

現代美術コレクター、兼オークションハウス・クリスティーズ社長でいらっしゃるフランソワ・ピノー氏 (1)、サザビーズのコンテンポラリーアート部門アジア地区部長・寺瀬由紀氏 (2)、サザビーズのオーナー パトリック・ドライの息子であるネイサン ドライ氏(3)や村上隆さん(4)の関係で、最近、こちらのART+CULTUREではオークションハウスについて説明文が多くて、折角ですから、ジョージナ・ヒルトンさんも紹介した方がよろしいと思っています。
現在、彼女の仕事現場はクリスティーズ香港であり、若手オークショニアとして経験を積む段階です。私の意見ですが、これから、ジョージナさんは国際的に知られ、近い将来、クリスティーズの注目される「看板オークショニア」になるでしょう。彼女はオークショニアの大事な資格を証明しています、つまり、humanity, clarity, energy, charisma and salesmanship。
とは言え、オーラを持つ、スタイリッシュで、優秀なジョージナさんが東京のオークション・ハウスに勤めれば、、、いいな〜、、、。
2021年5月27日
亜 真里男

(1)
フランソワ・ピノーの三番目の刺激的な現代美術館、再建築 by 安藤忠雄
Exciting 3rd Contemporary Art Museum for François Pinault, rebuild by ANDO Tadao
https://art-culture.world/articles/francois-pinault-art-museum/

(2)
Sotheby’s Harsh Reshuffle: After Amy Cappellazzo and Kevin Ching, Next Prominent Figure TERASE Yuki Bites the Dust
サザビーズのコンテンポラリーアート部門アジア地区部長・寺瀬由紀氏を巡って
https://art-culture.world/articles/terase-yuki-寺瀬由紀/

(3)
アジアのアートマーケットの中心的人物:26歳のネイサン ドライ氏、新CEO サザビーズアジア (サザビーズのオーナー パトリック・ドライの息子)
Key Person of Asia’s Art Market: 26 Years Old Nathan Drahi, New CEO Sotheby’s Asia (Son of Sotheby’s Owner Patrick Drahi)
https://art-culture.world/articles/key-person-of-asia-art-market/

(4)
日本芸術文化の象徴、国民的な漫画・アニメキャラクタードラえもん、村上隆の作品として、オークションにて約6100万円で落札
DORAEMON, iconic Manga-Anime-“character” and symbol of Japanese art + culture, sells as MURAKAMI Takashi’s work for 565.000 US$ @ Sotheby’s
https://art-culture.world/articles/doraemon-takashi-murakami-ドラえもん-村上隆/

ジョージナ・ヒルトン@クリスティーズ香港2021
ジョージナ・ヒルトン@クリスティーズ香港 2021
Jean-Michel Basquiat, Untitled (One Eyed Man or Xerox Face), 1982
Jean-Michel Basquiat “Untitled (One Eyed Man or Xerox Face)” 1982

Basquiat Continues Market Reign at Christie’s $204 M. Hong Kong Evening Sale
BY ANGELICA VILLA, May 25, 2021

quotes:

On Monday, Christie’s held its Hong Kong 20th and 21st century art evening sale across two sessions at the city’s convention and exhibition center. Led by auctioneer Georgina Hilton, the five-hour-long event brought a hammer total of HKD 1.3 million ($170.6 million, or $204.2 million with premium), landing well above the HKD 1.1 billion ($141.7 million) low estimate. The sale realized a successful 97 percent sell-through rate across 72 lots.

quote:

The leading lot was Jean-Michel Basquiat’s 1982 painting Untitled (One Eyed Man or Xerox Face), which carried an estimate of HKD 140 million ($18 million). Bidding started at HKD 120 million ($15.5 million) and slowly picked up as bids came in from people on the phone with Francis Belin, president of Christie’s Asia; Eric Chang, chairman of Modern and Contemporary Art in Hong Kong; and Alex Rotter, New York chairman of 20th and 21st century art. After a 10-minute long bidding war, the hammer went down at HKD 202 million ($26 million), for a final price of $30.2 million, with Belin’s client as the winner.
The seller of the Basquiat purchased it at during a Sotheby’s contemporary art sale in London in 2017 for $14.6 million, well below its estimate of $17.4 million—a bargain price, compared to the sums similar works by the artist tend to command and nearly half the price it sold for at Christie’s Hong Kong sale. In 2017, it came to the market after two decades in private hands, having last sold at Sotheby’s New York in 1987 for $23,100.
The painting’s success on the block follows the sales of Basquiat’s paintings “In This Case” (1983) and “Versus Medici” (1982), both of which topped $50 million at this month’s marquee auctions in New York. Those works now rank among the artist’s top ten auction records. Several weeks prior, another Basquiat painting from 1982, Warrior, went under the hammer at Christie’s Hong Kong in March and realized a price of HKD 323.6 million ($41.7 million), setting a new auction record for a work by a Western artist in Asia.
full text:
https://www.artnews.com/art-news/market/christies-hong-kong-sale-basquiat-one-eyed-man-1234593939/

ジョージナ・ヒルトン Georgina Hilton 2021年
10
11
12
13
15

DH Leavers Service 2019 – Georgina Hilton