Art + Culture

塩田千春作:孤独と生命線の神秘な相関巣 (過去サイト・アーカイブの再投稿、2013年2月3日) SHIOTA Chiharu: Mysterious Nest-specific Correlations Between Loneliness and Lifelines (repost from the archive, 2013/2/3)

塩田千春 SHIOTA Chiharu「掌の鍵」“The Key in the Hand” @ ヴェネツィア・ ビエンナーレ 日本館 Venice Biennale, Japan Pavilion 2015

Hallo Chiharu,
herzliche Grüße aus Tokyo nach Berlin.
こんにちは、塩田さん、東京からベルリンへ「お元気ですか」。

文化(国家)によって、人間関係が変わり、体の動き、挨拶、会話語彙も変化していきます。現代アートの実行さえ、活躍中の環境次第で、鑑賞者の思想と反応の相違が多々あります。
ドイツ、ベルリンを拠点に活動している塩田千春さんには、自分の創り上げた サイトスペシフィック・インスタレーションに対しての誤解、違った解釈を耳にする事がしばしば起こるでしょう。それでも、今までに想像もしなかった、嬉しい、感動的なエピソードをたくさん経験され、グローバルアート界で注目を浴びる日本のトップ・ランナーです。

塩田千春 「Zustand des Seins (Haus mit Kleid) / State of Being (House with Dress)」2012
塩田千春 SHIOTA Chiharu「Zustand des Seins (Haus mit Kleid) / State of Being (House with Dress)」2012, 42 x 40 x 28 cm

このcritical positioningを実現するため、塩田さんは日本を離れ、1996年からドイツに移り住みました。そしてまず、 Hochschule für Bildende Künste Braunschweigに新しくできた「professorship for performance」を持つマリーナ・アブラモヴィチ (Marina Abramović) (1)に師事し、その後、Universität der Künste Berlinでレベッカ・ホーン(Rebecca Horn)(2)の教えも受けています。この、他に例がない特権を強調すべきと思いここに記しました。

振り返ると1999年、ベルリンの壁崩壊10年後。
塩田さんと私が、約1km圏内のアーティスト仲間で、同じ友達と交流し、同じ刺激的な話題を浴びた「aktions galerie Berlin」で作品を展示し、さまざまなアクションを起こしました。(3)その時 、彼女のパフォーマンス・ビデオ作「Bathroom」(’99年)を初めて観て素晴らしく感動したのですが、「日本女性のイメージ」に対する違和感を絶妙に表現しており、その強いインパクトを今でも覚えています。ちなみに1990年、同じくベルリンで行われた、詩人・伊藤比呂美(4)の挑発的なパフォーマティヴ朗読が、どことなく塩田千春のアーティスティック・プラクティスと共時性があり、私はここで相互関係を結ぶ事が出来ました。

そして、塩田さんと私は、「制度批判」に関する構築 、「お美術」に対置して考えさせる製作を、別々な実践で生み出していきました。私の場合は、ドイツで執筆している芥川賞作家・多和田葉子(5)とのコラボレーションが著名です。

それから数年が経ち、彼女はベルリン、私は東京を生活拠点に選びました。

この記事のために調べてみた所、現在、塩田千春のアーティストとしての活躍は、お陰様で、草間彌生の次に匹敵する「日本」のNo.2 「女流作家」になったと思っています。(6)
このように言うと、疑問視される問題点ですが、私は、どうしても現代アーティストに対して、性別を無視できず、アイデンティティ、ジェンダー論、DNAを意識せざるを得ません。特に、作品、インスタレーションとパフォーマンス・アートの基準を理解するために、ケース・バイ・ケースによって、製作者の性質を知った方が良く、それが評価を高める重要な可能性になってくるからです。
そうすると将来、例えば、20年、30年後、ベルリン在住の塩田さんをどの様に「カテゴライズ」すればいいかを考えなければなりません。
「ドイツのコンテンポラリー・アーティスト」または「日本の現代美術家」のどちらでお呼びすれば良いのでしょう?(7) 我が島国では、国際活動の場合、いつも言葉の定義に悩まされます。そもそも彼女の理念、「製作の居場所」に対して、この質問は重要でしょうか?
特にアートシーンの中では、東京よりベルリンの方が生活しやすい環境である事はよく知られていますが、彼女の場合、アーティスト・キャリアと幸せな子育てという人生設計で考えると、ある程度固めた生活場所を確保するのが普通でしょう。とすると、ドイツに暮らしていたとしても、にっぽんの芸術賞や紫綬褒章は、はたして期待出来るのでしょうか?

さて、塩田作の力動説をめぐっては、ありがたく、無国籍な抽象と日本女性のナラティブ 、現実と彼岸、自己と外界、マルチ・レイヤー的なオシログラムを感じることが出来ます。それらは綿密に考えさせられ、距離をとりながら「気・空」を追求し、瞑想にふけってしまいます。キリスト教の白いウェディングドレス、西洋の白いベッド、個人的な、少女時代の(?)記憶、現地の特徴的な物語、楽器のメロドラマ、見事にペインティング・オブジェ・インスタレーションの形で、塩田のコスモスが優美に創り上げられています。時々、分裂生殖、 居心地のいい神秘な巣が観られ、謎的な孤独、非生命を知覚してしまいます。

冒頭にも述べましたが、文化やジェンダーの背景による、現地住民と作品との対話式な反応はさまざまです。しかしその誰もが、shaman的な存在を感じ取っているのではないでしょうか。神社、お寺、モスク、教会などをお参りするかのように、モダニズムな「美術館」「特別な空間」を訪ねるspiritual seekersは、塩田作の前で静かに冥想している事を、少なからず感じさせられます。

日独伊のバックグラウンドを持つ私の個人的なantagonismですが、ワシントンのアメリカ合衆国ホロコースト記念博物館(8)を訪ねた時や、塩田の「靴のテーマ」(9)を扱った展覧会を拝見した時は、心は穏やかではいられず揺れ動きました。また、南ドイツ・フライブルク市(Freiburg)でのインスタレーション時には(10)、小学校の頃に座っていた同じ椅子に、いわれなき破壊行為がされ、複雑な気持ちを感じました。Spatial construction through deconstruction。焼け焦げた椅子を拒否しているのか、保護しているのか、びっしりと張り巡らされた毛糸の「cocoon」、または、クモの巣と見るか、「人形供養祭り」の跡のように解釈するか、いろいろなアレゴリーが浮かんできました。
これは、ちょっとした論争をも起こりうる独創力のある作家の立場であることも要因でしょう。とは言え、彼女は素晴らしいコンテンポラリー・アートを実践し、「多文化考古学」を面白く再コンテクスト化しています。

ここで、もう一つの大事な相関の仕掛け代表作をお見せします。「First Papers of Surrealism」(Sixteen Miles of String) by Marcel Duchamp、executed in 1942。(11) 彼がキュレーションした展覧会には、閉所恐怖症というより、不在や不明というような、混乱させる、第二次大戦中だからこその哀愁が漂っています。

Marcel Duchamp マルセル・デュシャン, the father of creative curating, 1942
Marcel Duchamp マルセル・デュシャン, the father of creative curating, 1942
First Papers of Surrealism (Sixteen Miles of String)1942, curated by Marcel Duchamp
First Papers of Surrealism (Sixteen Miles of String)1942, curated by Marcel Duchamp

これは、ある文脈で、塩田さんの傾向も似いています。「String」を繊細に使って、オーディエンスを罠にかけ、ユーモラスな虚構、「西洋アート・マトリックス」の理性と対立させています。彼女は、この何年かで緩やかに、クリティカルなメタモルフォーゼをしている様な気がします。
今回の作品中に、微妙なパラダイムシフトを発見しました。塩田さんの手から操られた赤い糸によって、鑑賞者は種々の隠喩を吟味し、様々な取捨選択ができる事でしょう。

塩田千春の魅力的な制作に対して共感の意を表し、開催中のケンジタキギャラリー/東京へぜひ足を運んでください!

この場を借りて、2001年から戦略的な応援・支える姿勢で塩田さんと腕を組んできたケンジタキギャラリーを讃え、感謝しなければなりません。次の大きなプロジェクトには、7月の高知県立美術館で(12)「Letters of Thanks」(ありがとうの手紙)の概念を用いて、現地の住人と携わりながら、「母型的な体感」を味わえるのではないでしょうか。毛糸玉を用いた多音節なString作を思わせ、きっと非奇抜で、美しく静黙な個展であろうと想像します。これからも皆さんと一緒に、彼女のパフォーマティヴ・アート・ポエトリーを、ずーっと感激させて頂きたいです。
最後に、個人的な希望として将来、塩田さんには、松井冬子(13)との二人展、それから、ドイツ・ハノーファー州立劇場専属女優・原サチコさん(14)とのインタラクティブなパフォーマンス、ぜひとも実現して頂きたいです。

東京、2013年2月3日
亜 真里男

up-dated with new pics (taken between 2013 and June 2019), plus an interview with Daniel Templon during Art Basel 2019.
Excited to see Chiharu’s solo show / mid-career retrospective at the Mori Art Museum in Tokyo. Still in Basel, the 21st of June 2019, Mario A

(1 min 19 sec)

Art Basel 2019: Daniel Templon (owner of Galerie Templon and promoting constantly artist SHIOTA Chiharu 塩田千春) congratulates SHIOTA for the coming solo show in the Mori Art Museum, Tokyo. He strongly emphasizes and praises SHIOTA’s artistic practice, which should manifest her position as one of the best artists not only in Japan but in the world.

脚注
(1) Marina Abramović 展「The Artist Is Present」
MoMA New York、2010年
http://www.moma.org/visit/calendar/exhibitions/965

(2) レベッカ・ホルン展
東京都現代美術館、2009年
http://www.mot-art-museum.jp/exhibition/107/

(3) Mario A 個展 「F THE GEISHA」
aktions galerie Berlin、ミヅマアートギャラリー、東京、1999年

(4) 伊藤比呂美:
Mario Ambrosius ・大江 健三郎「Japanische Schriftsteller in Deutschland」
Arlt und Schiller 出版社、 Berlin、1996年、ページ 59-61

(5) 塩田千春 (美術)・多和田葉子(自作朗読)・高瀬アキ(ピアノ)
「音の間 ことばの魔」
神奈川県民ホールギャラリー、2007年

Mario A ・多和田葉子
「F THE GEISHA」 河出書房新社、1999年

(6) 米国の「薄い」歴史や移民社会の特別な仕組みの所為、Ono Yoko (オノ・ヨーコ)、On Kawara (河原 温) やYutaka Sone (曽根裕)を「日本のアーティスト」ではなく、「アメリカン・アーティスト」、正式的に、「U.S. artist」として認めた方が良いと思っています。「開発途上国」と比べて、「先進国」では、生活環境、仕事、政治制度を自由に選択出来ます。米国の場合、その国に健康保険、所得税などを払うならば、アメリカ人として見てしまいます。ところが、草間彌生さんの場合、時期的に自分は「アメリカン・アーティストである」と発言していました。

(7)
藤田嗣治・Léonard Foujitaの作品との出会い(1)
Encountering the works by Léonard Tsuguharu Foujita (1)
https://art-culture.world/articles/foujita-tsuguharu-leonard-tsuguharu-foujita-kimiyo/

(8) The United States Holocaust Memorial Museum http://www.ushmm.org/

(9) 塩田千春「大陸を越えて」 国立新美術館 DOMANI・明日展 2013
(13 sec)

(10) 塩田千春「Waiting」2002年
Museum für Neue Kunst、Freiburg
2010年、美術館の再工事の時、職人が注意しなかった事で、この作品が損害を受けました。塩田さんによって元の形に再制作され、現在、パーマネント・インスタレーションとなっています。
Handwerker zerstören Kunstwerk im Museum
http://www.badische-zeitung.de/freiburg/handwerker-zerstoeren-kunstwerk-im-museum–35802226.html

(11) マルセル・デュシャンの「First Papers of Surrealism」展の1942年について、私の意見ですが、「creative curating」の元年として宣言できます。

(12) 高知県立美術館展覧会〈塩田千春展―ありがとうの手紙〉
2013年7月7日~ 9月23日

あなたの「ありがとうの手紙」をください。
http://www.kochi-bunkazaidan.or.jp/~museum/contents/exhibition/exhibition/2013/shiota/shiota_boshu.html
Tel 088-866-8000

(13) 亜 真里男:
「人気 松井冬子展 @ 横浜美術館 」、2012年
http://www.art-it.asia/u/sfztpm/sXW1duGPzt47jrIKHBe0

(14) Mario A「ma poupée japonaise」in DOLLS OF INNOCENCE (グループショー)
東京都現代美術館、2004年


塩田千春 展 – 赤い線
2013年1月11日 – 3月2日 
Kenji Taki Gallery ケンジタキギャラリー

東京都新宿区西新宿3-18-2-102
http://www.kenjitaki.com/index.html
http://www.kenjitaki.com/shiota2013/shiota2013tokyo_1.html

塩田千春のホームページ:
http://www.chiharu-shiota.com/


up-date, STRONGLY RECOMMENDING!!!

塩田千春展:魂がふるえる

@ 森美術館 2019.6.20(木)~ 10.27(日)

https://www.mori.art.museum/jp/exhibitions/shiotachiharu/index.html

日本語のPR、一部:
本展は、塩田千春の過去最大規模の個展です。副題の「魂がふるえる」には、言葉にならない感情によって震えている心の動きを、他者にも伝えたいという作家の思いが込められています。糸を空間に張り巡らせたダイナミックなインスタレーションはいまや彼女の代名詞ともいえますが、これら大型作品6点を中心に、立体作品、パフォーマンス映像、写真、ドローイング、舞台美術の関連資料などを加え、25年にわたる活動を網羅的に体験できる初めての機会になります。「不在のなかの存在」を一貫して追究してきた塩田の集大成となる本展を通して、生きることの意味や人生の旅路、魂の機微を実感していただけることでしょう。

主催:森美術館

協賛:
株式会社大林組
株式会社 資生堂
thyssenkrupp Elevator
トヨタ自動車株式会社
サムソナイト・ジャパン株式会社
株式会社 トゥミ ジャパン
TRUNK(HOTEL)

協力:
シャンパーニュ ポメリー

制作協力:
Alcantara S.p.A.

個人協賛:
James Hsu
Sophia and Leon Tan
八城千鶴子

企画:片岡真実(森美術館副館長 兼 チーフ・キュレーター)

塩田千春展:魂がふるえる @ 森美術館
塩田千春展:魂がふるえる @ 森美術館

Shiota Chiharu: The Soul Trembles

@ Mori Art Museum 2019.6.20 [Thu] – 10.27 [Sun]

https://www.mori.art.museum/en/exhibitions/shiotachiharu/index.html

English PR text:
quote:

This will be the largest-ever solo exhibition by Shiota Chiharu. The subtitle “The Soul Trembles” references the artist’s earnest hope to deliver to others soul-trembling experiences derived from nameless emotions. While Shiota’s dynamic and immersive installations consisting of threads strung across entire gallery spaces are particularly well-known, this will be the first opportunity to experience in detail twenty-five years of Shiota’s oeuvre; primarily in six large installations, plus sculptural works, video footage of performances, photographs, drawings, performing arts-related material, etc. Through this exhibition epitomizing the “presence in absence” that Shiota has explored throughout her career, visitors will doubtless gain a sense for themselves of the meaning of living and journey of life, and the inner workings of the soul.

Organizer: Mori Art Museum

Corporate Sponsors:
OBAYASHI CORPORATION
SHISEIDO CO., LTD.
thyssenkrupp Elevator
TOYOTA MOTOR CORPORATION
Samsonite Japan Co., Ltd.
Tumi Japan
TRUNK(HOTEL)

Support:
Champagne Pommery

Production Support:
Alcantara S.p.A.

Patrons:
James Hsu
Sophia and Leon Tan
Chizuko Yasuhiro

Curated by Kataoka Mami (Deputy Director and Chief Curator, Mori Art Museum)

SHIOTA Chiharu 塩田千春 「Zustand des Seins (Haus mit Kleid) : State of Being (House with Dress)」2012 @ Kenji Taki Gallery ケンジタキギャラリー
SHIOTA Chiharu 塩田千春 「Zustand des Seins (Haus mit Kleid) / State of Being (House with Dress)」2012 @ Kenji Taki Gallery ケンジタキギャラリー
塩田千春 「Zustand des Seins (Rotes Haus) : State of Being (Red House)」2012
SHIOTA Chiharu 塩田千春 「Zustand des Seins (Rotes Haus) / State of Being (Red House)」2012, 42 x 40 x 28 cm
(L-R) 塩田千春 「Red Line XVIII」「Red Line XIX」「Red Line XX」each 2012
(L-R) 塩田千春 「Red Line XVIII」「Red Line XIX」「Red Line XX」each 2012
展示風景、 右 right :「Red Line XVII」2012
展示風景、 右 right :「Red Line XVII」2012
塩田千春「Waiting」2002年 @ Museum für Neue Kunst、Freiburg
SHIOTA Chiharu 塩田千春「Waiting」2002年 @ Museum für Neue Kunst、Freiburg
SHIOTA Chiharu 塩田千春「Waiting」2002年 @ Museum für Neue Kunst、Freiburg
SHIOTA Chiharu 塩田千春「Waiting」2002年 @ Museum für Neue Kunst、Freiburg
SHIOTA Chiharu 塩田千春「Waiting」2002年
SHIOTA Chiharu 塩田千春「Waiting」2002年
SHIOTA Chiharu 塩田千春「Waiting」2002年, detail
SHIOTA Chiharu 塩田千春「Waiting」2002年, detail
SHIOTA Chiharu 塩田千春「Waiting」
SHIOTA Chiharu 塩田千春「Waiting」
塩田千春作「存在のあり方」
SHIOTA Chiharu 塩田千春作「存在のあり方」
ケンジタキギャラリー、G-tokyo2012、森アーツセンターギャラリー、2012年2月
塩田千春作「存在のあり方」(部分)
SHIOTA Chiharu 塩田千春作「存在のあり方」
ケンジタキギャラリー、G-tokyo2012、部分
塩田千春作
SHIOTA Chiharu 塩田千春作 @ ケンジタキギャラリー、G-tokyo2012
塩田千春
SHIOTA Chiharu 塩田千春作 @ ケンジタキギャラリー、G-tokyo2012
塩田千春作 @ ケンジタキギャラリー、G-tokyo 2012
塩田千春作 @ ケンジタキギャラリー、G-tokyo 2012
ケンジタキギャラリー
塩田千春展「存在のあり方」ケンジタキギャラリー、2012年3月8日~4月21日、展示風景の一部
ケンジタキギャラリー、「存在のあり方」展 のオープニング、2012年3月8日
SHIOTA Chiharu 塩田千春さん、Kenji Taki gallery Opening ケンジタキギャラリー、「存在のあり方」展 のオープニング、2012年3月8日
SHIOTA Chiharu 塩田千春さん
SHIOTA Chiharu 塩田千春さん
SHIOTA Chiharu 塩田千春、2012年
SHIOTA Chiharu 塩田千春、2012年
塩田千春 SHIOTA Chiharu「From In Silence」展、神奈川県民ホール Kanagawa Kenmin Hall, 2007年10月18日
塩田千春 SHIOTA Chiharu「From In Silence」展、神奈川県民ホール Kanagawa Kenmin Hall, 2007年10月18日, curator: 中野仁詞 NAKANO Hitoshi

Curator: 中野仁詞 NAKANO Hitoshi
次回ヴェネチア・ビエンナーレへの想い ー塩田千春&中野仁詞 インタビュー (2014.08.28)
https://magcul.net/topics/97918

(1 min 11 sec)

一柳慧+寒川晶子+足立智美:「空間へのオマージュ」の実験音楽作
一柳慧+寒川晶子+足立智美:「空間へのオマージュ」の実験音楽作
塩田千春「From In Silence」展の一環、神奈川県民ホール、2007年10月18日

ICHIYANAGI Toshi + SAMUKAWA Akiko + ADACHI Tomomi “Dedicated to the Space” (My translation: “Un hommage à Shiota Spatial”) Experimental Music

塩田千春 SHIOTA Chiharu「From In Silence」展、神奈川県民ホール Kanagawa Kenmin Hall, 2007年10月18日
塩田千春 SHIOTA Chiharu「From In Silence」展、神奈川県民ホール Kanagawa Kenmin Hall, 2007年10月18日
塩田千春 SHIOTA Chiharu 2007
塩田千春 SHIOTA Chiharu 2007
Composer ICHIYANAGI Toshi 一柳慧
Composer ICHIYANAGI Toshi 一柳慧

当時のおまけ

Fluxus時代の始まり。オノ・ヨーコ氏は1956年~1962年の間、一柳 慧氏と結婚されていました。お二人とも先月、80歳になりました。
Fluxus時代の始まり。オノ・ヨーコ氏は1956年~1962年の間、一柳 慧氏と結婚されていました。お二人とも現在、86歳。

塩田千春 SHIOTA Chiharu @ Art Unlimited, Art Basel Switzerland 2013
塩田千春 SHIOTA Chiharu @ Art Unlimited, Art Basel Switzerland 2013
塩田千春 SHIOTA Chiharu @ Art Unlimited Art Basel Switzerland 2013, Galerie Templon
塩田千春 SHIOTA Chiharu “In Silence” 2002/2013 @ Art Unlimited Art Basel Switzerland 2013, Galerie Templon
塩田千春 SHIOTA Chiharu
塩田千春 SHIOTA Chiharu “In Silence” 2002/2013
a
b
c
d
e
f
g

In abstract terms, compare with:
Brief Historical Overview of Japanese Emigration, 1868-1998
日本人の移住の歴史 1868年ー1998年
http://www.janm.org/projects/inrp/english/overview.htm

3
4
Giovanni Antonio Canaletto “Empfang eines Botschafters vor dem Dogenpalast” ca. 1730
5
6
Giovanni Antonio Canaletto “Empfang eines Botschafters vor dem Dogenpalast” ca. 1730, detail
7
8
9

日本館 Japan Pavilion GIAPPONE(= イタリア語)Japan

ヴェネツィア・ ビエンナーレ 日本館の入口 Venice Biennale, Japan Pavilion Entrance 2015
ヴェネツィア・ ビエンナーレ 日本館の入口 Venice Biennale, Japan Pavilion Entrance, 2015
塩田千春 SHIOTA Chiharu ヴェネツィア・ ビエンナーレ 日本館の入口 Venice Biennale, Japan Pavilion Entrance, 2015
塩田千春 SHIOTA Chiharu ヴェネツィア・ ビエンナーレ 日本館の入口 Venice Biennale, Japan Pavilion Entrance, 2015
ヴェネツィア・ ビエンナーレ 日本館 Venice Biennale, Japan Pavilion, 2015
ヴェネツィア・ ビエンナーレ 日本館 Venice Biennale, Japan Pavilion, 2015
CHIHARU SHIOTA The KEY in the HAND Curated by Hitoshi Nakano
CHIHARU SHIOTA ‘The KEY in the HAND’ Curated by Hitoshi Nakano
CHIHARU SHIOTA The KEY in the HAND, Acknowledgements
CHIHARU SHIOTA ‘The KEY in the HAND’ Acknowledgements
CHIHARU SHIOTA The KEY in the HAND, Introduction
CHIHARU SHIOTA ‘The KEY in the HAND’ Introduction
CHIHARU SHIOTA The KEY in the HAND, poster
CHIHARU SHIOTA ‘The KEY in the HAND’ poster
日本館
ヴェネツィア・ ビエンナーレの日本館
製作中のビデオ
製作中のビデオ
芳名録
芳名録
塩田千春 SHIOTA Chiharu「掌の鍵」“The Key in the Hand” @ ヴェネツィア・ ビエンナーレ 日本館 Venice Biennale, Japan Pavilion 2015
塩田千春 SHIOTA Chiharu「掌の鍵」“The Key in the Hand” @ ヴェネツィア・ ビエンナーレ 日本館 Venice Biennale, Japan Pavilion 2015
塩田千春 SHIOTA Chiharu「掌の鍵」“The Key in the Hand” @ ヴェネツィア・ ビエンナーレ 日本館 Venice Biennale, Japan Pavilion
塩田千春 SHIOTA Chiharu「掌の鍵」“The Key in the Hand” @ ヴェネツィア・ ビエンナーレ 日本館 Venice Biennale, Japan Pavilion
SHIOTA Chiharu 塩田千春 「掌の鍵」@ ヴェネツィア・ ビエンナーレ 日本館 2015年
塩田千春 「掌の鍵」@ ヴェネツィア・ ビエンナーレ 日本館 2015年
塩田千春 SHIOTA Chiharu「掌の鍵」“The Key in the Hand” @ ヴェネツィア・ ビエンナーレ 日本館 2015年
塩田千春 SHIOTA Chiharu「掌の鍵」“The Key in the Hand” @ ヴェネツィア・ ビエンナーレ 日本館 2015年
塩田千春 SHIOTA Chiharu「掌の鍵」“The Key in the Hand” @ ヴェネツィア・ ビエンナーレ 日本館 Venice Biennale, Japan Pavilion, detail
塩田千春 SHIOTA Chiharu「掌の鍵」“The Key in the Hand” @ ヴェネツィア・ ビエンナーレ 日本館 Venice Biennale, Japan Pavilion, detail
塩田千春 SHIOTA Chiharu「掌の鍵」“The Key in the Hand” @ ヴェネツィア・ ビエンナーレ 日本館 visitors
塩田千春 SHIOTA Chiharu「掌の鍵」“The Key in the Hand” @ ヴェネツィア・ ビエンナーレ 日本館 visitors
塩田千春 SHIOTA Chiharu「掌の鍵」“The Key in the Hand”
塩田千春 SHIOTA Chiharu「掌の鍵」“The Key in the Hand”
ヴェネツィア・ ビエンナーレ 日本館 Venice Biennale, Japan Pavilion 2015
ヴェネツィア・ ビエンナーレ 日本館 Venice Biennale, Japan Pavilion 2015
塩田千春 SHIOTA Chiharu「掌の鍵」“The Key in the Hand” 2015
塩田千春 SHIOTA Chiharu「掌の鍵」“The Key in the Hand” 2015
塩田千春「掌の鍵」
塩田千春「掌の鍵」
塩田千春 SHIOTA Chiharu「掌の鍵」“The Key in the Hand” (still picture) @ ヴェネツィア・ ビエンナーレ 日本館 Venice Biennale, Japan Pavilion 2015
塩田千春 SHIOTA Chiharu「掌の鍵」“The Key in the Hand” (still picture) @ ヴェネツィア・ ビエンナーレ 日本館 Venice Biennale, Japan Pavilion 2015
塩田千春 SHIOTA Chiharu “How did you come into the World?” @ ヴェネツィア・ ビエンナーレ 日本館 Venice Biennale, Japan Pavilion 2015
塩田千春 SHIOTA Chiharu “How did you come into the World?” @ ヴェネツィア・ ビエンナーレ 日本館 Venice Biennale, Japan Pavilion 2015
塩田千春 SHIOTA Chiharu “How did you come into the World?” 2015, detail (Children in Berlin talk about their memories of their birth)
塩田千春 SHIOTA Chiharu “How did you come into the World?” 2015, detail (Children in Berlin talk about their memories of their birth)
塩田千春 SHIOTA Chiharu “How did you come into the World?” (Video work 2015)
ヴェネツィア・ ビエンナーレ 日本館 Venice Biennale, Japan Pavilion 2015
ヴェネツィア・ ビエンナーレ 日本館 Venice Biennale, Japan Pavilion 2015
塩田千春 SHIOTA Chiharu “How did you come into the World?” (Video work 2015)
ドイツのアート・マガジンの表紙 Cover of ‘art magazin’ (Germany), Venice Biennale Special 2015
ドイツのアート・マガジンの表紙 Cover of ‘art magazin’ (Germany), Venice Biennale Special 2015
New York Times Venice Biennale Special with the front picture of SHIOTA Chiharu’s work
New York Times, ‘Venice Biennale Special’ with the front picture of SHIOTA Chiharu’s work
塩田千春 SHIOTA Chiharu “Accumulation – Searching for the Destination” 2014-2016, Suitcase, motor, red rope @ Art Unlimited, Art Basel, Switzerland, 2016, Galerie Templon, Paris
塩田千春 SHIOTA Chiharu “Accumulation – Searching for the Destination” 2014-2016, Suitcase, motor, red rope @ Art Unlimited, Art Basel, Switzerland, 2016, Galerie Templon, Paris
塩田千春 SHIOTA Chiharu “Accumulation – Searching for the Destination” 2014-2016, Suitcase, motor, red rope @ Art Unlimited, Art Basel, Switzerland, 2016, Galerie Templon, Paris, detail
塩田千春 SHIOTA Chiharu “Accumulation – Searching for the Destination” 2014-2016, Suitcase, motor, red rope @ Art Unlimited, Art Basel, Switzerland, 2016, Galerie Templon, Paris, detail
塩田千春 SHIOTA Chiharu “Accumulation – Searching for the Destination” 2014-2016, detail
塩田千春 SHIOTA Chiharu “Accumulation – Searching for the Destination” 2014-2016, detail
コレオグラフィック・オペラ 「松風」、素晴らしい塩田千春の舞台美術 @ 新国立劇場 オペラ、2018年2月16日
コレオグラフィック・オペラ 「松風」、素晴らしい塩田千春の舞台美術 @ 新国立劇場 オペラ、2018年2月16日
Set design by SHIOTA Chiharu @ “Matsukaze” by HOSOKAWA Toshio & Sasha WALTZ @ New National Theatre, Tokyo, Feb. 2018
Set design by SHIOTA Chiharu @ “Matsukaze” by HOSOKAWA Toshio & Sasha WALTZ, New National Theatre, Tokyo, Feb. 2018
Kenji Taki Gallery ケンジタキギャラリー 2018
Kenji Taki Gallery ケンジタキギャラリー , Tokyo 2018
SHIOTA Chiharu 塩田千春 @ Kenji Taki Gallery ケンジタキギャラリー 2018
SHIOTA Chiharu 塩田千春 @ Kenji Taki Gallery ケンジタキギャラリー 2018
塩田千春 SHIOTA Chiharu 展示風景 exhibition view @ KENJI TAKI GALLERY, Tokyo
塩田千春 SHIOTA Chiharu 展示風景 exhibition view @ KENJI TAKI GALLERY, Tokyo, 2018
Work by SHIOTA Chiharu 塩田千春 @ Kenji Taki Gallery ケンジタキギャラリー 2018
Work by SHIOTA Chiharu 塩田千春 @ Kenji Taki Gallery ケンジタキギャラリー 2018
SHIOTA Chiharu 塩田千春 detail, 2018
SHIOTA Chiharu 塩田千春 detail, 2018
部分、2018年
部分
SHIOTA Chiharu 塩田千春 ケンジタキギャラリー 2018
SHIOTA Chiharu 塩田千春 @ ケンジタキギャラリー 2018
SHIOTA Chiharu 塩田千春 2018
SHIOTA Chiharu 塩田千春 2018
部分
部分
detail
detail
Works by SHIOTA Chiharu 塩田千春 @ Kenji Taki Gallery ケンジタキギャラリー 2018
Works by SHIOTA Chiharu 塩田千春 @ Kenji Taki Gallery ケンジタキギャラリー 2018
SHIOTA Chiharu 塩田千春、部分 detail
SHIOTA Chiharu 塩田千春、部分 detail
SHIOTA Chiharu 塩田千春作 @ Kenji Taki Gallery ケンジタキギャラリー 2018
SHIOTA Chiharu 塩田千春作 @ Kenji Taki Gallery ケンジタキギャラリー 2018
work by SHIOTA Chiharu 塩田千春作、部分 2018
work by SHIOTA Chiharu 塩田千春作、部分 2018
Detail of work by SHIOTA Chiharu 塩田千春 @ Kenji Taki Gallery ケンジタキギャラリー 2018
Detail of work by SHIOTA Chiharu 塩田千春 @ Kenji Taki Gallery ケンジタキギャラリー 2018
Works by SHIOTA Chiharu 塩田千春作 @ Kenji Taki Gallery ケンジタキギャラリー 2018
Works by SHIOTA Chiharu 塩田千春作 @ Kenji Taki Gallery ケンジタキギャラリー 2018
アートフェア東京 ART FAIR TOKYO 2018 works by SHIOTA Chiharu 塩田千春作 @ Kenji Taki Gallery ケンジタキギャラリー
アートフェア東京 ART FAIR TOKYO 2018, works by SHIOTA Chiharu 塩田千春作 @ Kenji Taki Gallery ケンジタキギャラリー
アートフェア東京 ART FAIR TOKYO 2018 work by SHIOTA Chiharu 塩田千春作 @ Kenji Taki Gallery ケンジタキギャラリー
アートフェア東京 ART FAIR TOKYO 2018 work by SHIOTA Chiharu 塩田千春作 @ Kenji Taki Gallery ケンジタキギャラリー
SHIOTA Chiharu 塩田千春 State of Being (Dress), 2019
SHIOTA Chiharu 塩田千春 State of Being (Dress), 2019, Metal frame, white thread and dress, 120 x 80 x 45 cm, Unique, Galerie Templon @ Art Basel 2019
Work SHIOTA Chiharu 塩田千春作 (ISHINABE Hiroko Collection)
Work by SHIOTA Chiharu 塩田千春作 (courtesy ISHINABE Hiroko Collection)
塩田千春 SHIOTA Chiharu 「行くべき場所、あるべきもの・試験管」
塩田千春 SHIOTA Chiharu 「行くべき場所、あるべきもの・試験管」”Where to go, what to exist ・test tubes” 2010, suitcase, cement, thread, drawing, etc. @ Kenji Taki Gallery ケンジタキギャラリー、アートフェア東京 ART FAIR TOKYO 2015
Eller Weigang (?) Berlin-Wilmersdorf Durlacher Str. 25
Eller Weigang (?) Berlin-Wilmersdorf Durlacher Str. 25
塩田千春 SHIOTA Chiharu 「行くべき場所、あるべきもの・写真」
塩田千春 SHIOTA Chiharu 「行くべき場所、あるべきもの・写真」”Where to go, what to exist ・photographs” 2010, suitcase, thread, etc. @ Kenji Taki Gallery ケンジタキギャラリー、アートフェア東京 ART FAIR TOKYO 2015
塩田千春 SHIOTA Chiharu 「行くべき場所、あるべきもの・写真」”Where to go, what to exist ・photographs” 2010,
塩田千春 SHIOTA Chiharu 「行くべき場所、あるべきもの・写真」”Where to go, what to exist ・photographs” 2010, suitcase, thread, etc. @ Kenji Taki Gallery ケンジタキギャラリー、アートフェア東京 ART FAIR TOKYO 2018, detail
塩田千春 SHIOTA Chiharu 「行くべき場所、あるべきもの・写真」”Where to go, what to exist ・photographs”
塩田千春 SHIOTA Chiharu 「行くべき場所、あるべきもの・写真」”Where to go, what to exist ・photographs” 2010, 部分
塩田千春 SHIOTA Chiharu 「行くべき場所、あるべきもの・写真」”Where to go, what to exist
塩田千春 SHIOTA Chiharu 「行くべき場所、あるべきもの・写真」”Where to go, what to exist ・photographs” 2010
Left, 塩田千春 SHIOTA Chiharu’s first solo show in Berlin @ Prüss & Ochs Gallery 1999 “Dreaming Time” (写真は初公開)
Left, 塩田千春 SHIOTA Chiharu’s first solo show in Berlin @ Prüss & Ochs Gallery 1999 “Dreaming Time”
塩田千春 SHIOTA Chiharu “Bathroom” (1999) @ aktions galerie Berlin, 1999
塩田千春 SHIOTA Chiharu “Bathroom” (1999) @ aktions galerie Berlin, 1999

ここに載せた写真とスクリーンショットは、すべて「好意によりクリエーティブ・コモン・センス」の文脈で、日本美術史の記録の為に発表致します。
Creative Commons Attribution Noncommercial-NoDerivative Works
photos: cccs courtesy creative common sense