Art + Culture

Intention of censorship by Nagoya’s Mayor KAWAMURA Takashi at the Aichi Triennale 2019 名古屋河村市長 あいちトリエンナーレ 2019の「少女像」展示中止求める意向

Nagoya Mayor KAWAMURA Takashi, today via NHK TV

Aichi Triennale 2019 just started yesterday and it seems that one work will be removed because it’s too controversial for the Mayor of Nagoya, Mr. KAWAMURA Takashi.
The work in question is called “Statue of a Girl of Peace”, created by South Korean artists KIM Seo-kyung and KIM Eun-Sung.
The artist couple executed various, similar statues with the same message to “remember the painful memory of former comfort women”. In other media, like the New York Times, the word “sex slaves” instead of “comfort women” is being used.
I will up-date this article from time to time, as we are handling a delicate, sensitive topic, – and actually remains top news at the NHK TV website, see the cover pic on the right side.

Compare with:
Bloomberg: South Korea Lawmaker Seeks Imperial Apology for Japan Sex Slaves
NHK:韓国の国会議長「総理大臣か天皇陛下が謝罪を」
https://art-culture.world/articles/bloomberg-south-korea-lawmaker-seeks-imperial-apology-for-japan-sex-slaves/

Quote by the mayor in front of the press: 「どう考えても日本国民の心を踏みにじるものだ。税金を使ってやるべきものではない」.
My rough translation, no responsibility is accepted for the accuracy of this information:
“Obviously, (this work) tramples on the feelings of the Japanese people. (This exhibition work) shouldn’t be supported with taxpayer’s money.”

pic courtesy facebook, Mayor Kawamura looking at Statue of a Girl of Peace
pic courtesy facebook, Mayor Kawamura looking at “Statue of a Girl of Peace”

up-date 2019/8/4 16:54
If you go to youtube in Japan, this video footage doesn’t work properly.
The news shows the Nagoya Mayor KAWAMURA Takashi talking about trying to close down the exhibition. Comments aren’t allowed.
This can be interpreted as one sort of censorship.

アート巡り市長と“バトル” 発端は「少女像」(19/08/02)
ANNnewsCH
Published on Aug 2, 2019
政治色が強いなどの批判でかつて美術館から撤去されるなどした作品を集め、来場者に「表現の自由」を問い掛けるアート展が物議を醸している。発端はこの「少女像」だ。 我々は一つのパフォーマンスアートが完成する瞬間を目撃しているのかもしれない。名古屋市の河村たかし市長が訪れたのは、1日から始まった国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」。目的はそのなかの企画展「表現の不自由展・その後」だ。そこに展示されている少女像。主催者側はこの企画意図をこう説明している。「組織的検閲や忖度(そんたく)によって表現の機会を奪われてしまった作品を集め、いかにして排除されたのか展示不許可になった理由とともに展示する」。この像、かつて都内の美術館でミニチュアの展示が撤去された過去がある。 そして2日、河村市長は撤去の歴史に新たなページを加えようとしている。表現する側の自由に対する見たくないという側の自由。展示は、まさにそこに行政や公的機関が介入すべきか否かを問うている。芸術祭全体の芸術監督を務める津田大介さんは・・・。 芸術監督・津田大介さん:「また一つ、日本の表現の自由が後退したかもしれない。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

Comments are disabled for this video.

screenshots from the video footage:

Nagoya Mayor Kawamura says that his heart had been trampled by the Statue of a Girl of Peace
Nagoya Mayor Kawamura says that his heart had been trampled by the “Statue of a Girl of Peace”
Nagoya Mayor Kawamura says he doesn’t know if this is art or not
Nagoya Mayor Kawamura says he doesn’t know if this is art or not
Nagoya Mayor Kawamura wants to shut down the exhibition
Nagoya Mayor Kawamura wants to shut down the exhibition

up-date 2019/8/20
The “ANN News” footage with Nagoya mayor KAWAMURA Takashi’s proclamations had been removed, which translates into censorship, because of it’s necessary historical archive classification. See the screenshot of today’s google research.

アート巡り市長と“バトル” 発端は「少女像」(2019/08/02) ANN NEWS footage had been censored 検閲された
アート巡り市長と“バトル” 発端は「少女像」(2019/08/02) ANN NEWS footage had been censored 検閲された

「表現の不自由展・その後」の展示風景
「表現の不自由展・その後」の展示風景

NHK TV, today, 2019/8/2 17:50

愛知県で今月1日に開幕した国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」には、「表現の不自由」をテーマに、慰安婦問題を象徴する少女像などを展示するコーナーが設けられていますが、芸術祭の事務局の愛知県には、撤去を求めるなどの批判的な意見が相次いで寄せられています。

こうした中、芸術祭の実行委員会の会長代行を務める名古屋市の河村市長は2日、名古屋市東区にある芸術祭の会場を訪れ、担当者から説明を受けながら少女像などを視察しました。

このあと河村市長は記者団に対し「どう考えても日本国民の心を踏みにじるものだ。税金を使ってやるべきものではない」と述べました。

そのうえで今後、実行委員会の会長を務める愛知県の大村知事に少女像の展示を中止するよう求める考えを示しました。
大村知事「事実関係を確認する」
国際芸術祭の実行委員会の会長を務める愛知県の大村知事は「事実関係を確認したうえでコメントさせていただく」というコメントを発表しました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190802/k10012019441000.html

In another political context, the Japanese government seems to be aware of the works in question and its media attention. The press conference this morning with Chief Cabinet Secretary SUGA Yoshihide gives hints towards further action and re-action.
https://twitter.com/mi2_yes/status/1157113814204076033?fbclid=IwAR3bpDLQVeIv5VBS9S1nZxwvRtOI6PQZQs51ITZtAYbiFb0r_-gobSEQUP8

Aichi Triennale 2019 website:
https://aichitriennale.jp/en/index.html

Theme: 情の時代 Taming Y/Our Passion
Period: August 1 (Thursday) to October 14 (Monday, public holiday), 2019 [75 days]
Main Venues:
Aichi Arts Center
Nagoya City Art Museum
Nagoya City (Shikemichi and Endoji)
Toyota City (Toyota Municipal Museum of Art and venues in the vicinity of Toyotashi station)

The Aichi Triennale, which has been held every three years since 2010, is one of the largest international contemporary art festivals in Japan. In 2019, the festival’s fourth iteration will feature an international contemporary art exhibition alongside film, performing arts and music programs, bringing together over 80 individual artists and artist groups across a range of expressive domains to showcase their cutting-edge works.

Artistic Director: TSUDA Daisuke (Journalist / Media Activist)


up-date, 2019/8/2

Just checked the artists’ line-up and discovered Leni Riefenstahl.
There is no doubt that Leni Riefenstahl was a Nazi-collaborator and fascist artist. This is a historical fact!

Fascist Leni Riefenstahl
Fascist Leni Riefenstahl
Hitler and Leni Riefenstahl
Hitler and Leni Riefenstahl

In this regard, from the German perspective and in the “Japan-Germany-Italy-Fascism-Axis” context, I feel very much ashamed that the Aichi Triennale curators chose her works to be shown.

Leni Riefenstahl @ Aichi Triennale 2019
Leni Riefenstahl @ Aichi Triennale 2019

The wrongly written introduction about Nazi-Monster, first lady of Nazi propaganda, Leni Riefenstahl by the Aichi Triennale organizers, see the above screenshot:

“Leni Riefenstahl was a German filmmaker and photographer. After a period as an actress, during which she appeared in films by Arnold Fanck, pioneer of alpine filmmaking, she became a filmmaker herself. For her Triumph of the Will (1935), a documentary of a 1934 Nazi Party rally, and Olympia Part 1: Festival of Nationsand Olympia Part 2: The Festival of Beauty (both 1938), documenting the 1936 Berlin Olympics, she was criticized for the rest of her life as a propagandist for the Nazi regime. After World War II, she repeatedly asserted that what she pursued in these works was art and beauty, and not propaganda, and until her death she did not believe she had any responsibility for the war.”

https://aichitriennale.jp/en/artwork/A89a.html


up-date 2019/8/3

The website of Aichi Triennale published a statement about this incident regarding “Statue of a Girl of Peace”. As the exact wording becomes crucial in understanding the discussion / re-action, my translation skills aren’t sufficient to post a translation. Japanese and English are both foreign languages to me. I do not want to take any responsibility for the accuracy of a translation, so I am waiting for an official statement on the English side of their website.
As a rough summary I may vaguely write the following sentences:
Nagoya Mayor Kawamura sent a letter of protest to the Aichi Governor OMURA Hideaki, who heads the Aichi Triennale Organizing Committee.
The prefectural government’s arts and cultural affairs division seems to have received protests from about 900 persons (?) via phone calls and emails.


up-date 2019/8/3 21:50
Jiji Press agency news from 2019/8/2:
The statue has drawn about 1,400 complaints, according to event staff.
https://www.nippon.com/en/news/yjj2019080201360/comfort-women-statue-may-be-removed-from-art-event-in-japan.html


Also the Agency for Cultural Affairs is actually re-examining their grant subsidies.
“Statue of a Girl of Peace” is being exhibited in a curatorial context called “After ‘Freedom of Expression’”, underway at the Aichi Arts Center, the festival’s main venue. The title 「表現の不自由展・その後」is difficult to translate, may I hereby offer one other version: “Exhibition about ‘Expression Without Freedom’ – what’s next”.

Following is the explanation from the Aichi Triennale website:

After “Freedom of Expression?”
A23
This may seem like a little exhibition inside an exhibition. For one reason or another, due to censorship or self-censorship, most works presented here were not exhibited in the past in Japan. Although the reason for their removal varies, it shows that there is no simple dynamic in regard to “freedom of expression (speech).”
“freedom of expression” is one of the essential ideas in democracy and basic human rights. However, nowadays freedom of expression which originally means the right to criticize authorities is a subject not only limited to policy-makers. With “freedom of expression” now also regulated to some extent when it may violate the human rights of others.
The exhibition provides you with information on who regulated these works, through which criteria and how, along with the background to each work, such works were censored.
https://aichitriennale.jp/en/artwork/A23.html

Artistic director TSUDA, who demands a discussion beforehand, is considering changing the content of this particular exhibition, as he is concerned about the safety of the Aichi Triennale staff, including volunteers.

https://aichitriennale.jp/en/news/index.html

Following is a part of the Japanese written statement, with the date of 2019/8/2.

2019年8月2日 お知らせ
「表現の不自由展・その後」について津田大介芸術監督が会見を行った際に配布したステートメントです(2019年8月2日)

●河村市長が少女像の撤去及び「表現の不自由展・その後」の中止を求めた件について
「表現の不自由展・その後」という企画は、日本の公立美術館で、一度は展示されたもののその後撤去された、あるいは展示を拒否された作品の現物を展示し、撤去・拒否された経緯とともに来場者が鑑賞することで、表現の自由を巡る状況に思いを馳せ、議論のきっかけにしたいということが展覧会の趣旨です。あいちトリエンナーレ実行委員会、表現の不自由展実行委員会、芸術監督である自分が企画内で展示されている作品に対して何らかの賛否を述べるものではありません。

●展示内容についての行政の責任についてどう考えるか
展示内容の決定については、まず芸術監督がテーマを決定し、そのテーマに沿って作家の選定を行うことになっています。順番としては、ほかにもさまざまな作家を選んでいる中で、表現の不自由展(実行委員会)を提案し、キュレーター会議で協議を重ね、一作家として表現の不自由展という過去のグループ展が参加することが決定しました。表現の不自由展の趣旨については、県庁の関係部署や、施設側でも説明し、展示した際に起こりうるリスクについても事務局や県民文化局と調整してきました。

あいちトリエンナーレの企画をどのようにするかは芸術監督に一任されています。そして県の事業として、またたくさんの作家が関わる展覧会として、様々な確認や承認を経てそれぞれの企画が実現しています。

行政はトリエンナーレのいち参加作家である表現の不自由展実行委員会が「表現の自由の現在的状況を問う」という展示の趣旨を認めているのであって、「展覧会内で展示されたすべての(個別の)作品への賛意」ではないという立場です。その前提に則りお答えすると、行政が展覧会の内容について隅から隅まで口を出し、行政として認められない表現は展示できないということが仕組み化されるのであれば、それは憲法21条で禁止された「検閲」に当たるという、別の問題が生じると考えます。

実はコンセプト文にも書かせていただいているのですが、この世の中のほとんどの事柄は白黒はっきりつけられない、グレーなものだと定義しています。そのグレーの濃淡を考えるという意味でも「表現の不自由展」を参加作家に加えています。

ただ、余波があまりにも大きい。分断がこれほどまでに進んでいて、その量によってまた一つ日本の表現の自由が後退したかもしれない、そうした実証になってしまっているように、今起こっていることを捉えています。

●今後について
この企画が報道された7月31日(水)から連日、事務局への電話が殺到しております。その中には、テロ予告や脅迫とも取れるようなものや、また電話に応対しただけの職員個人を攻撃するものも多く含まれています。また、事務局への電話は夜間にもなされ、その数は増え続けています。この状態が続き、来場者及び職員の安全が危ぶまれる状況が改善されないようであれば、展示の変更も含め何らかの対処を行うことを考えています。ただし、日本が、自国の現在または過去の負の側面に言及する表現が安全に行えない社会となっていることをそうやって内外に示すことの意味を、よくお考えいただき、自制的に振る舞っていただくことを期待しております。

full text:
https://aichitriennale.jp/news/2019/004011.html

Following is the full text by artistic director TSUDA Daisuke at yesterday’s press conference.
Huffington Post Japan:
NEWS
2019年08月03日 00時03分 JST | 更新 11時間前
「少女像」展示、どうなる? 実行委で検討へ。芸術監督・津田大介氏が会見(声明全文)
あいちトリエンナーレ2019の企画展「表現の不自由展・その後」について、津田大介さんが会見した。
https://www.huffingtonpost.jp/entry/daisuke-tsuda-press-conference_jp_5d44111fe4b0acb57fcad537

up-date 2019/8/3 16:20

Statue of a Girl of Peace will be removed from the Aichi Triennale 2019
“Statue of a Girl of Peace” will be removed from the Aichi Triennale 2019

慰安婦問題の少女像 きょうかぎりで芸術祭展示中止へ
NHK 2019年8月3日 15時13分
愛知県で開かれている国際芸術祭で、慰安婦問題を象徴する少女像が展示されていることに批判的な意見が相次いでいることなどから、芸術祭の実行委員会が3日かぎりで少女像の展示を中止する方針を固めたことが、関係者への取材でわかりました。
愛知県で今月1日に開幕した国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」には、「表現の不自由」をテーマに慰安婦問題を象徴する少女像などの展示コーナーが設けられていますが、芸術祭の事務局の愛知県には展示に批判的な意見が相次いでいて、2日、名古屋市の河村市長も大村知事に展示を中止するよう求めました。

こうした中、関係者によりますと、芸術祭の実行委員会で今後の扱いを協議した結果、少女像の展示を続ければ芸術祭全体の運営にも支障が出るとして、3日かぎりで少女像の展示を中止する方針を決めたということです。

こうした方針は3日夕方、発表される予定だということです。

少女像の展示をめぐっては、芸術祭の芸術監督を務める津田大介さんが2日、記者会見し、「テロ予告や脅迫とも取れるような電話もあり、応対した職員を追い詰めている」として、状況が改善しなければ、展示の変更も含め何らかの対処を行う考えを示していました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190803/k10012020451000.html

up-date 2019/8/3 19:53

KIM Seo-kyung + KIM Eun-Sung work Statue of a Girl of Peace experiences censorship
KIM Seo-kyung + KIM Eun-Sung work “Statue of a Girl of Peace” experiences censorship at Aichi Triennale

慰安婦問題像 展示中止「脅迫の電話やメール 安全運営に危惧」
NHK 2019年8月3日 18時46分
愛知県の国際芸術祭で展示されている慰安婦問題を象徴する少女像について、芸術祭の実行委員会は3日かぎりで展示を中止すると発表しました。愛知県の大村知事は「テロ予告や脅迫と取れるような電話やメールが来ている。あってはならないことが起きたことを、国民にも知ってもらいたい」と述べました。

愛知県で1日開幕した国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」には、「表現の不自由」をテーマに慰安婦問題を象徴する少女像などの展示コーナーが設けられていますが、芸術祭の事務局の愛知県には展示に批判的な意見が相次いでいました。

こうした中、芸術祭の実行委員会の会長を務める大村知事は3日午後5時から記者会見を開き「きのう『撤去しなければガソリン携行缶を持ってお邪魔する』というFAXも届いた。テロ予告や脅迫と取れるような電話やメールが来て安全な運営が危惧される」と述べ、現在警察と相談していることを明らかにしました。

そのうえで「トリエンナーレを楽しみにしている多くの方に安全にご覧いただくことを第一に考えたい」と述べ、3日かぎりで、少女像を含む「表現の不自由」をテーマにしたコーナーの展示を中止すると発表しました。

会見で大村知事は「今回のことは残念だ。脅迫の電話やメールなど、あってはならないことが起きたことを国民にも知ってもらいたい」と述べました。

「あいちトリエンナーレ」は、愛知県などが平成22年から3年に1度開いている国内最大規模の国際芸術祭で、4回目となった今回は30の国と地域から90組余りのアーティストが参加しています。

芸術監督の津田大介氏「断腸の思い」

芸術祭の芸術監督を務めるジャーナリストの津田大介さんが記者会見を開き、「中止は大村知事の判断でもあるが、僕の判断、責任だ。1度は展示され、撤去されるなどした作品を集めたので、途中での中止の可能性は当然、念頭に置いていたが、沸き上がる賛同や反感を可視化することに意味があると思った」と述べました。

そのうえで津田さんは「わずか3日で展示を断念するのは断腸の思いだし、非常に申し訳ない。トリエンナーレが安全安心に最後を迎えられるようまい進したい」と述べました。

芸術祭を訪れた人たちは

芸術祭を訪れた人からは「展示の中止は過剰な反応だ」とか「表現は自由であるべきで、批判があってもやめるべきではない。とても残念だ」という意見が相次ぎました。

一方で「日本国内で展示するには抵抗する人が多少いると思う。展示の中止は賢明だ」という意見も聞かれました。

日本ペンクラブ声明「自由の気風萎縮させる」

これについて日本ペンクラブは3日、ホームページで、自由の気風を萎縮させるなどとする声明を発表しました。

声明では「制作者が自由に創作し、受け手もまた自由に鑑賞する。同感であれ、反発であれ、創作と鑑賞のあいだに意思を疎通し合う空間がなければ、芸術の意義は失われ社会の推進力たる自由の気風も萎縮させてしまう」としています。

この展示をめぐっては名古屋市の河村市長が「日本国民の心を踏みにじるものだ」などとして展示の中止を求めたほか、菅官房長官が2日、補助金を交付するかどうか慎重に検討する考えを示しています。

こうした動きについて声明は「行政の要人によるこうした発言は政治的圧力そのものであり、憲法21条2項が禁じている『検閲』にもつながるものである。いま行政がやるべきは、作品を通じて創作者と鑑賞者が意思を疎通する機会を確保し、公共の場として育てていくことである」と指摘しています。

そのうえで「国内外ともに多事多難であればいっそう、短絡的な見方をこえて、多様な価値観を表現できる、あらたな公共性を築いていかなければならない」としています。

韓国メディア 相次ぎ速報

韓国メディアは相次いで速報しています。

このうち公共放送のKBSは3日午後5時半前、NHKの報道を引用する形で字幕で速報するとともに、ウェブサイトでも「日本で『平和の少女像』の展示が3日間で中断された」と伝えました。

また通信社の連合ニュースは、この像の制作者で3日に韓国に帰国したキム・ウンソン氏が「少女像の撤去は日本がみずから『表現の不自由』を宣言したのと同じだ」と述べ、日本側の対応を批判したと伝えています。

韓国では今回展示が中止されたのと同じようなデザインの少女像が、慰安婦問題を象徴するものとして50か所以上に設置されています。

少女像は元慰安婦を支援する韓国の市民団体によって、2011年12月、ソウルの日本大使館の前に設置されたのが最初で、像の前では毎週水曜日に日本政府に抗議する集会が開かれています。

日韓関係が悪化する中、日本での少女像の展示が中止されたことで、さらなる韓国側の反発が予想されます。

韓国語ネット 批判的な反応相次ぐ

韓国語のネット上では批判的な反応が相次いでいます。

このうちツイッターでは、展示会のテーマが「表現の不自由」であることに触れ、「外圧によって展示されなかった作品を集めた展示会で展示されなくなるとは」とか、「これによって『表現の不自由展』は完成したのだ」などと皮肉を込めた投稿が見られます。

また「これによって名古屋市は表現の自由の遅れた街として記憶されることになる」と批判する投稿もあります。

一方で「韓国で同じような展示会が行われた場合に、私は冷静に判断ができるだろうか」などとして、今回の決定に対して冷静な対応を呼びかける投稿も見られました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190803/k10012020531000.html

Huffington Post, South Korea
국제
2019년 08월 03일 18시 00분 KST
일본 아이치현 예술제, ‘평화의 소녀상’ 전시 중단한다
“안전 우려”
By 강병진

‘평화의 소녀상’을 전시해 정부와 지자체, 일본 우익 세력으로부터 압박을 받고 있는 아이치 트리엔날레 2019가 결국 전시를 중단하기로 했다.
8월 3일, NHK의 보도에 따르면 이날 아이치현의 오오무라 히데야키 지사는 임시 기자회견을 열고 이같은 결정을 발표했다. 오오무라 지사는 “테러 예고와 협박을 하는 전화나 메일이 오고 있어서 안전이 우려된다”며 “트리엔날레를 기대하는 분들이 안전하게 볼 수 있도록 해야한다는 걸 최우선으로 생각하겠다”고 밝혔다.
전시가 중단되는 건, ‘평화의 소녀상’만이 아니다. 소녀상이 전시된 부문인 ‘표현의 불편 전’ 코너 자체가 전시 중단된다.
아이치 트리엔날레는 아이치현이 2010년부터 3년 마다 개최해온 일본 최대 규모의 국제 예술제다. 4번째 예술제인 올해에는 30개국 90여 명의 아티스트가 참여했다.

https://www.huffingtonpost.kr/entry/story_kr_5d454ce0e4b0acb57fcce425

#일본 #나고야시장 #소녀상
[자막뉴스] 나고야시장, “소녀상 전시 중지 요청…위안부 사실 아닐수도” / KBS뉴스(News)

#한겨레라이브_월목_오후6시 #뉴스하는습관 #소녀상
나고야 평화소녀상, 일본인들의 반응은? [뉴스룸톡]


ATTENTION! This news footage from MBCNEWS is from 2019/7/31 !! BEFORE the censorship discussion.

#위안부 #평화의 #일본
위안부 ‘평화의 소녀상’…日 공공미술관 첫 전시 (2019.07.31/뉴스데스크/MBC)

screenshot1 2019.07.31:뉴스데스크:MBC
screenshot1 2019.07.31 뉴스데스크 MBC
screenshot2 2019.07.31:뉴스데스크:MBC
screenshot2 2019.07.31 뉴스데스크 MBC
screenshot3 2019.07.31:뉴스데스크:MBC
screenshot3 2019.07.31 뉴스데스크 MBC

up-date 2019/8/3 21:35

津田大介さん「ジャーナリストとしてのエゴだった」。中止された“表現の不自由展”の責任を痛感 (あいちトリエンナーレ)
「元慰安婦の苦痛を記憶する」ための象徴として手がけた「平和の少女像」をめぐって抗議が相次ぎ脅迫も
安藤健二
2019年08月03日 19時23分 JST | 更新 1時間前

quote:
 
■津田大介さん「物議をあえて醸すことに意味があると思った」
僕自身は、ジャーナリストとしての知見を、どうトリエンナーレに生かせるのかということを2年間考えてきました。美術業界の中での男女格差について問題提起をしたいという立場からジェンダー平等というのを打ち出して、それは良い形で問題提起できたと思いました。
そして、自分がジャーナリストとして、この「感情に裏打ちされたバッシングが非常にネット上などで起きていて、それによって表現の自由が狭まっているんじゃないか」という問題意識が個人として、すごくあった。
芸術祭で、ジャーナリストがジャーナリストらしさを持ったまま美術の企画としてやるとしたら何があるんだろうと考えました。
それで2015年に見た「表現の不自由展」という企画が頭に浮かび、これを排除されがちな「民間よりも表現の自由が薄い」といわれがちな公立美術館でやることに大きな意味があると思いました。
物議をあえて醸すことに意味があると思ったんですけど、物議を醸した結果、企画と全く関係ない人にところまで火花が飛び散るようなことが起きてしまった。その体制を作った責任というのは、僕は大きく感じております。
ジャーナリストって個人ですよね。ただ、トリエンナーレってチームワークですので、個人としての思いをチームワークでやろうとしたときには、そのギャップが今回のような物を起こしたと思ってますし、「表現の自由」というのをテーマにした物議を醸すような企画を国際芸術祭というパブリックセクターのお祭りでやること。そのこと自体に意味があると僕は思っていて。
一定の意味があったと思っていますけど、それが、こうしたハレーションを起こしているということも事実。それは自分のジャーナリストとしてのエゴだったのではないかとも、感じています。

https://www.huffingtonpost.jp/entry/tsuda-art_jp_5d455808e4b0aca3411e3f5f

up-date 2019/8/3 23:02

The exhibition in the Aichi Triennale 2019 which includes the work “Statue of a Girl of Peace” had been shut down, the section had been completely closed.
Aichi Governor OMURA Hideaki, who heads the organizing committee, told a press conference that there are growing worries about safely managing the Aichi Triennale 2019 as it has received a number of threatening emails, phone calls and faxes.
One of the faxes read, “I will bring a gasoline container to the museum”.

(In my opinion, the police should immediately start the investigation about the threatening. Should be easy to find out who the senders are.)

検閲された「平和の少女像」Censored „Statue of a Girl of Peace“ @ Aichi Triennale 2019
検閲された「平和の少女像」Censored “Statue of a Girl of Peace” @ Aichi Triennale あいちトリエンナーレ2019

up-date 2019/8/4 12:00 with a statement, posted on Facebook around midnight (24:00), by artist TAKAMINE Tadasu 高嶺格, who is participating at the Aichi Triennale 2019.
Next is a statement by art journalist OZAKI Tetsuya 小崎哲哉.

【あいちトリエンナーレ2019】
まず津田芸術監督について。津田さんは最初、面識のない僕をわざわざ秋田に訪ねてきてくれました。そこで自分のことについて洗いざらい話し、芸術監督を引き受けた以上、どういう展覧会にしたいのか、ジャーナリストから見た美術界への批評も加えて様々話してくれた。特に印象深かったのは、北川フラムさんのところへ二週間修行に行ったという話。自分が美術の門外漢であることへの自覚から、謙虚に、しかし合理的に物事を進める人なのだと感じた。
その後、二月に行われた県民投票に合わせて訪ねた沖縄では、レンタカーであちこちを案内しながら、車中では沖縄についてのレクチャーがあり(毎年5、6回沖縄を訪ねているらしく非常に詳しい)そこで見聞きしたことは直接間接に今回の作品に繋がっています。しかしその道中でさえも、ラジオの遠隔生中継をこなしたりと多忙な彼が、それほど丁寧に沖縄を案内してくれたことは、プレッシャーも含め、大きく作用したと思う。
そして何より、彼自身が企業を巡って予算をかき集めたこと。その熱意と能力には脱帽しかありません。
全体的に見て、あいちトリエンナーレ2019は、とてもいいエネルギーに包まれていると思います。優秀なスタッフが揃っているのに加え、展覧会のビジョンが、それを作り上げる相応の熱量でもって、がっちり支えられている。学校でも役所でも国でも、やっぱりトップというのは大事なのだと改めて思っています。美術門外漢の津田さんがそれをやってのけたのは、驚嘆以外のなにものでもない。
私見ですが、彼が終始一貫しているのは、「自分がトップである」ということに対しての自覚の強さだと思う。作家選定の過程でもガンガン口を出す。けしてキュレーター任せにしない。忖度も、手放しもしない。その「責任感」に対する信頼が、行政含め関係者の一体感を生んでいると思う。「空気を読んで」近年諦めてきた様々な事柄を、ジャーナリストとして、または芸術監督として、その両方の責任感でもって、社会に提示しようとした。それが今回のトリエンナーレだと思います。
そうやって生まれた稀有な展覧会が、一部の輩によって荒らされている。これは単純に言うと、文化に仕掛けられた暴力です。それは津田さんの責任感と対局にあるものです。ついでに言うと、作家というのは常に責任について考えています。なぜなら作品制作というのは、自分と世界との関わりについて考える行為だからです。その行為が、愉快犯によって荒らされている現状に深い憂慮を感じています。

https://www.facebook.com/hekosu.hekomine?__tn__=%2CdCH-R-R&eid=ARCivDnVKzgu91YtpVGJyIIce5quy0Zgo0n2LeAyQTH5PNLWrw_jHkynQzOCYpB1h5lP5bivDScHSMld&hc_ref=ARReRUgLJrIM5qESxgPu8QwntClDU-Ep9oKte4sQHBTBUtXCJe74nhdyb4NETNMgNow&fref=nf

Statement by Takamine Tadasu, 2019:8:3a
Statement by artist TAKAMINE Tadasu 高嶺格, 2019/8/3 around 24:00
Statement by Takamine Tadasu, 2019:8:3b
Statement by artist TAKAMINE Tadasu 高嶺格, 2019/8/3

Statement by art journalist OZAKI Tetsuya 小崎哲哉, published on Facebook 2019/8/4, at around 3 a.m.

8/2(金)の緊急記者会見で、あいちトリエンナーレの津田大介芸術監督は「行政が展覧会の内容に口を出し、認められない表現は展示できないとなれば、それは憲法21条で禁止された『検閲』にあたる」と述べたという(8/3付朝日新聞)。読売、中日、毎日、日経にはこの発言についての記載がなかったので(中日は「検閲行為と等しい」という名古屋大・栗田秀法教授のコメントを掲載)、8/3(土)に開催された2回目の緊急記者会見で、まずは大村秀章知事(実行委員会会長)の見解を質してみた。以下、Q&A形式で記す。括弧内は小崎による補足であり、実際に発された言葉ではない。
小崎:河村(たかし名古屋)市長と菅(義偉)官房長官の発言は憲法21条に違反するものだとお考えでしょうか。
知事:河村市長の発言は昨日(8/2)、文書で頂戴しました。様々な方が様々な意見をお持ちだということと受け止め、特に(違反だとは)考えていません。菅さんの発言は(補助金交付に関わる)事業としてどうだったかということで、事業の手続の中で精査していきたいということですから、それ以上でも以下でもないんじゃないでしょうか。(後略)

小崎:つまり、検閲ではないとお考えですか。

知事:中身については言ってませんよね。

小崎:でも、市長は(中身について)おっしゃっていますよね。

知事:河村さんのご意見はいただきましたが、内容についてのご意見なので、それに対してコメントすることは(展示の)内容にコミットすることになるので、言わないことにしています。
(大村知事は霞ヶ関から永田町に転じ、第1次小泉内閣、第1次小泉改造内閣、第1次安倍内閣、麻生内閣で政務官や副大臣を歴任し、(旧)日本維新の会の顧問を務めているが、津田監督は「金は出すが口は出さない」実行委員長として評価している。僕は、2013年の第2回あいちトリエンナーレでパフォーミングアーツ統括プロデューサーを務めた際に同じ印象を持った。五十嵐太郎氏が芸術監督を務めた第2回のテーマは、「揺れる大地」というなかなかラディカルなものだったが、知事の介入は一切なかったことを記しておく。上の知事発言で「内容にコミットすることになるので、言わないことにしています」というのは、「行政が芸術祭の内容に口を出すと、表現の自由を制約することになるので、それはしない」という知事の信念に基づくものであるだろう)
知事の会見に続いて、津田監督の会見が行われた。念の為に同じことを聞いてみた。
小崎:河村市長と菅官房長官の発言は検閲、あるいは憲法違反だとお考えですか。
津田:菅さんの発言は、どうとでも取りようがありますよね。あれ(補助金交付中止)をちらつかせた検閲だと感じる人もいるでしょうし、ほのめかしただけだと感じる人もいるでしょう。だから検閲かどうかの判断は僕はしません。(中略)河村さんのほうは、菅さんに比べれば踏み込んでいますが、でも「個人の所感のぎりぎり延長じゃないの」と言われれば、そんな気がしなくもないので、まあボーダーラインかなと思っています。
津田監督の発言は、前日付朝日の記事から後退しているように見える。ただし、僕は8/2の会見に出席していないので確言はできない。知事の発言にあるとおり、河村市長はトリエンナーレ実行委員会会長代行である名古屋市長として、実行委員会会長の大村知事に少女像などの撤去を求める要請を文書で行っている。「個人の所感」でもあるだろうが、「公人の書簡」でもある。狭義の「検閲」は公権力による表現物の禁止であり、そうである以上、これは紛れもない検閲行為だ。
なお、複数の報道によれば、松井一郎大阪市長(日本維新の会代表)が、事前に河村市長に連絡し、展示が問題だと指摘したという。日本の極右政治家は、他国と同様、表現の自由が民主主義を支える基盤であることを理解していないか、意図的に無視している。アートワールドに限らず表現に携わる者は、いや、民主主義を支持する者なら誰でも、その姿勢を徹底的に糾弾すべきだと僕は考える。繰り返すが、これは「集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。検閲は、これをしてはならない」とする憲法第二十一条に、明確に違反する行為である。

8/2(金)の緊急記者会見で、あいちトリエンナーレの津田大介芸術監督は「行政が展覧会の内容に口を出し、認められない表現は展示できないとなれば、それは憲法21条で禁止された『検閲』にあたる」と述べたという(8/3付朝日新聞)。読売、中日、毎日…

Gepostet von Tetsuya Ozaki am Samstag, 3. August 2019

References to works with censorship context
あいちトリエンナーレ2019『表現の不自由展・その後』レポート #あいちトリエンナーレ #あいちトリエンナーレ2019 #表現の不自由展
8月3日あいちトリエンナーレの『表現の不自由展・その後』を観てきましたので、そのときの記録です。感想というより記録です。
https://togetter.com/li/1383567

up-date 2019/8/4, 22:15

Today’s interview with JINNO Shingo, Associate Professor, Chiba University
Huffington Post Japan 泉谷由梨子 2019年08月04日 11時54分 JST

『表現の不自由展』アートの専門家は?「政治家による批判、職責超えている」。一方で「議論に接続する仕掛け必要だった」
国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展の一つ「表現の不自由展・その後」に抗議が殺到し、3日目で中止になる事態に。アート界の専門家はどう見たのか。

この騒動を、アートの専門家はどう見たのか。芸術学が専門で、現代アートと表現の自由の問題についても造詣が深い千葉大学・神野真吾准教授は政治家による作品批判は職責を超えているとし「展示は継続されるべきだった」とした。
一方で、芸術監督を務めたジャーナリスト・津田大介さんらの対応については、議論へと接続する仕掛けがなかった点などが「あまりにも軽率だったのでは」とも批判する。

quote:

そもそも、ガソリンを撒くことをほのめかすような脅迫に屈することは社会的に正しいことではないはずです。暴力で物事に影響を与えようとするのは、テロであり、それは警察行政によって対処されるべきもののはず。テロリストを基準に社会を構想すべきではないのはいうまでもないはずです。

quote:

――津田大介さんには、作家側からの批判も寄せられているようです。「作家を守るのが監督の役割だったのでは」と。
蛮勇は、陣地を後退させるというのが私の持論です。見え方として華々しく散るということは、ナルシスティックな美と言えるかもしれませんが、それが故に規制が強化していくことがあるとするなら、強く諌められるべきものだと思います。
我々がやるべきなのは、多様な立場の人たちが、多様な意見を開陳しつつ、それに触れ、我々が立つ地点を更新していくことだと思います。
津田さんは、作家のジェンダーバランスを均等にするという良い取り組みを今回の展示で実践しました。津田さんたちの取り組みも、愛知県でも進めている人権政策へのアプローチの一つであり、県の立場と何ら齟齬をきたすものでもないはずです。
そう考えるなら、撤去はすべきではないし、その後の議論までちゃんと構想しておくべきことだったと強く思います。
このままで終われば、まさに蛮勇で、陣地が大幅に後退してしまうはずです。表現の自由をめぐる昨今の状況を鑑みるなら、それは大変に残念であり恐ろしいことでもあります。 そしてそれは結局のところ、芸術祭の中核であるアーティストたちへの裏切りにもなってしまいます。
――展示しているアーティストへの「裏切り」ですか。
あるアーティストとこういう話をしました。「あれ引っ込めちゃったら、残りの展示が許されてるアーティストって無難な人たちですよ、と言われてることにもなるよね」と。
そうなれば、この作品群はいったい何なのか?というところまで行ってしまうかもしれない。一作品の問題ではなく、全体の問題までも含んでいるはずです。
見通しの甘さとして挙げるべきは、作品の選択についてもあります。私は展示することは支持しますが、「少女像」の作品を優れているとは思いません。つまり、造形的な点での優れた点は見いだすことが私にはできない。
ただし、あの作品が帯びている意味はとても強い。つまり、あの作品を展示する選択をした時点で、政治的イシューとして扱われるのは不可避だったはずです。意図と異なる捉えられ方をしたというふうに説明したとしても、あまり共感をすることができません。
また問題の一つに、過去に行われた展示を持ってくるというやり方もあったかもしれません。2015年の「表現の不自由」展が開催された際、その展示の置かれた文脈や社会的影響力をあいちトリエンナーレと比した時に、どのような議論があったのか?キュレーションがどのようになされたのか?そうしたことも問われるべきかと思います。
まさに、扇情的な内容で関心を引くような日本的なジャーナリスティックの文脈で遂行されてしまったのか?という忸怩たる思いが拭えません。

full text:
https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_5d46199ae4b0ca604e330cb1

up-date 2019/8/5 17:00

「河村市長 検閲ととられてもしかたなく違憲の疑い」大村知事
2019年8月5日 15時54分
愛知県で開かれている国際芸術祭で慰安婦問題を象徴する少女像などの展示が中止されたことに関連し、愛知県の大村知事は5日、展示中止を求めた名古屋市の河村市長の発言を「検閲ととられてもしかたない。憲法違反の疑いが濃厚だ」と批判しました。
愛知県で8月1日に開幕した国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」では、「表現の不自由」をテーマに慰安婦問題を象徴する少女像などの展示コーナーが設けられていましたが、芸術祭の実行委員会は3日、少女像を含むコーナー全体の展示を中止すると発表しました。

発表に先立ち、実行委員会の会長代行を務める名古屋市の河村市長は「日本国民の心を踏みにじるものだ。税金を使ってやるべきものではない」として、実行委員会会長の大村知事に展示の中止を求めていました。

大村知事は5日の記者会見で「公権力が『この内容はよくてこれはダメだ』と言うのは検閲ととられてもしかたない。河村市長の発言は憲法違反の疑いが濃厚だ」と批判しました。

一方、名古屋市の河村市長は5日の記者会見で「それなら堂々と『あの展示は正しい』『名古屋市や愛知県、国が展示を認めたのだ』と言ってほしい。本当にいいと思っているのか」と反論し、展示までの経過などを速やかに調査し、公表する考えを示しました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190805/k10012022411000.html

<令和1年8月5日>名古屋・河村市長記者会見(あいちトリエンナーレの件)

Nagoya Mayor Kawamura 2019:8:5 insisting on censorship
Nagoya Mayor Kawamura 2019/8/5 insisting on censorship at the Aichi Triennale 2019

<令和1年8月5日>愛知・大村知事会見(少女像中止、河村市長に反論、大阪府知事大阪市長を批判、他)

大村知事「河村市長の主張は憲法違反の疑いが極めて濃厚」…県には”京アニ放火”に言及した脅迫メールも
2019.08.05 10:48

 「あいちトリエンナーレ」の企画展「表現の不自由展・その後」の中止をめぐって、愛知県の大村秀章知事が5日午前、記者会見を開き、名古屋市の河村市長からの展示中止求める発言や文書、愛知維新の会からの文書について厳しく批判した。

 大村知事は展示中止の判断に至る経緯について「電話の回線も増やして職員も増やし、本庁にも部屋を増やしてやってきたが、大変残念なことに脅迫、恫喝、そしてまた電話対応した職員の名前を聞き出してネットに掲載し誹謗中傷するなど、心無い動きがたくさんあった。なんといっても”ガソリン携行缶を持ってお邪魔しますね”というテロ予告のようなものもあった。芸術祭を安心・安全に、残る日程を多くの方に楽しんでいただくという観点から、津田大介監督とも相談し、3日までということにさせていただいた」と説明。「テロに屈したのではないか」との記者からの質問には、「手荷物検査まで含めて全部やれということか。それはそういうこと言う方もおられるかもしれないが、実務として本当にできるのか。自ずと限界がある」と反論した。

 さらに「今朝も5時前に一通のメールが県に届いた。愛知県芸術文化センターへ宛て、”私の部下青葉真司が実行した京都アニメーションへの放火はお楽しみいただけましたでしょうか”として、日時も特定し、ガソリンを散布すると書いてある。何を言っているのか支離滅裂ではあるが、卑劣で言語道断だ。見るに耐えない。直ちに警察に連絡した。本当かどうかはわからないが、住所も名前も書いてあったので、きっちりと対応をしていただきたい」と明かした。

 その上で、展示中止を求めてきた河村市長の一連の発言について「憲法違反の疑いが極めて濃厚ではないか。憲法21条には、”集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。”、”検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。”と書いてある。最近の論調として、税金でやるならこういうことをやっちゃいけないんだ、自ずと範囲が限られるんだと、報道等でもそうことを言っておられるコメンテーターの方がいるが、ちょっと待てよと、違和感を覚える。全く真逆ではないか。公権力を持ったところであるからこそ、表現の自由は保障されなければならないと思う。というか、そうじゃないですか?税金でやるからこそ、憲法21条はきっちり守られなければならない。河村さんは胸を張ってカメラの前で発言しているが、いち私人が言うのとは違う。まさに公権力を行使される方が、”この内容は良い、悪い”と言うのは、憲法21条のいう検閲と取られてもしかたがない。そのことは自覚されたほうが良かったのではないか。裁判されたら直ちに負けると思う」と厳しく批判。

 また、愛知維新の会からの文書にも触れ「維新の会は表現の自由を認めない方々なのか。憲法21条を全く理解していないと思わざるをえない。戦後民主主義の原点ではないか」と訴えた。

artdaily, today 2019/8/5:

Japan halts exhibit of South Korea’s ‘comfort women’ statue

TOKYO (AFP).- A Japanese exhibition featuring a controversial South Korean artwork depicting a wartime sex slave has been cancelled after threats of violence as bilateral ties between the countries fray.

The cancellation comes as relations between Tokyo and Seoul are soured by bitter disputes over territory and history stemming from Tokyo’s colonial rule over the peninsula in the first half of the 20th century.

The exhibition, which was part of a major art festival in Aichi, central Japan, was shut down on Saturday after just three days.

Titled “After Freedom of Expression?”, the event was dedicated to showing works that were censored elsewhere and was originally scheduled to run for 75 days.

The statue — a girl in traditional South Korean clothes sitting on a chair — symbolises “comfort women”, who were forced to work in wartime Japanese military brothels during World War II.

Aichi Governor Hideaki Omura, who heads organisers, said they received a number of threatening emails, phone calls and faxes against the exhibition.

Omura said one of the faxes read: “I will visit the museum carrying a gasoline container,” which can evoke last month’s arson attack on an animation studio in Kyoto that killed 35 people.

“We made the decision as we fear that we can’t safely organise the exhibition,” the governor said.

Mainstream historians say up to 200,000 women, mostly from Korea but also other parts of Asia including China, were forced to work in Japanese military brothels.

Activists have in recent years set up dozens of statues in public venues around the world, many of them in South Korea, in honour of the victims.

The statues have drawn the ire of Tokyo, which has pressed for the removal of one outside its embassy in Seoul.

On Friday, Japan and South Korea rescinded each other’s favoured export partner status and Seoul said it would review a military information agreement, as a long-running row between the US allies hit a new low.

The two countries — both democracies and market economies — are also mired in long-running disputes over the use of forced labour during World War II.

Aichi Triennale censorship topic @ artdaily
Aichi Triennale censorship topic @ artdaily

http://artdaily.com/news/115791/Japan-halts-exhibit-of-Sout-Korea-s–comfort-women–statue#.XUfr9S2B2Rs

actual situation of the closed exhibition space “After ‘Freedom of Expression?'” at the Aichi Triennale 2019

The Exhibit Lauded Freedom of Expression. It Was Silenced.
By Motoko Rich, New York Times, Aug. 5, 2019

quote:
Kim Seo-kyung, the statue’s other artist, said it was a shame that the exhibit was closed so soon, given that those who had visited in the three days it was open seemed to absorb its message.
“I think most people, especially women, found the pain of war in the statue,” Ms. Kim said. “Many said while crying, ‘We shouldn’t have war.’ They stared at the statue for a long time showing expressions of empathetic sadness.”

A version of this article appears in print on Aug. 6, 2019, Section A, Page 4 of the New York edition with the headline: Japan-South Korea Tussle Forces Art Exhibit Closing.
full text:
https://www.nytimes.com/2019/08/05/world/asia/japan-aichi-trienniale.html

Facing Public Threats Over a Sculpture, Japan’s Aichi Triennale Censors Its Own Exhibition About Censorship
Organizers received threats over a sculpture of one of the thousands of “comfort women” forced into sexual slavery during World War II.
Taylor Dafoe, artnet, August 5, 2019
full text:
https://news.artnet.com/art-world/censorship-aichi-triennale-2019-1617214

up-date 2019/8/7

STATEMENT BY THE ARTISTS OF AICHI TRIENNALE 2019 ON THE CLOSURE OF AFTER “FREEDOM OF EXPRESSION?” (on 6th of August)

(Korean language)

아티스트 스테이트먼트
아이치 트리엔날레 2019 < 표현의 부자유 - 그 후> 전시 섹션의 폐쇄에 관하여
2019년 8월 6일
우리들은 이하에 서명한, 아이치 트리엔날레 2019에 참가하고 있는 세계 각지의 아티스트들입니다. 과거에 일본의 미술관에서 철거되거나 했던 작품들을 모은 < 표현의 부자유 - 그 후> 전시 섹션 폐쇄에 관한 생각을 여기에 기술하고자 합니다.
쓰다 다이스케 예술감독은 아이치 트리엔날레 2019의 콘셉트로 < 정(情)의 시대>를 선택했습니다. 거기에는 이와 같이 적혀있습니다.
“현재, 세계는 공통의 고민을 안고 있다. 테러의 빈발, 국내 노동자의 고용 삭감, 치안이나 생활고에 대한 불안. 유럽과 미국에서는 전례가 없을 정도로 난민이나 이민을 기피하고 있으며, 2016년에는 영국이 EU로부터 이탈을 결정. 미국에서는 자국 제1정책을 전면에 내세운 트럼프 대통령이 선출되고, 여기 일본에서도 근래 배외주의(排外主義)를 숨기지 않는 담론의 기세가 점점 드세어지고 있다. 원천에 있는 것은 불안이다. 장래를 알 수 없다는 불안. 안전이 위협받고, 위험에 노출되는 것이 아닐까라는 불안.”
(쓰다 다이스케 < 정(情)의 시대> 콘셉트)
우리들 대부분은 현재 일본에서 분출되는 감정의 물결을 목격하며 불안을 느끼고 있습니다. 우리들이 참가하는 전시회에 대해 정치적 개입이, 그리고 협박마저 – 그것이 설령 하나의 작품에 대한 것일지라도, 하나의 전시 코너에 대한 것일지라도- 행해지고 있다는 데에 대해 깊은 우려를 느끼고 있습니다. 7월 18일에 일어난 교토 애니메이션 방화 사건을 상기시키는 가솔린 테러에 가까운 예고, 협박처럼 들리는 수많은 전화나 메일이 사무국에 쇄도하고 있다는 사실을 우리는 알고 있습니다. 개최 기간 중 우리들의 작품을 감상하는 이들에게 위해를 끼칠 수도 있는 가능성에 대해 우려하고 있으며, 그러한 테러 예고와 협박에 대해 강력히 항의합니다.
우리들의 작품을 지켜보는 관계자들과 관객들의 심신 안전의 확보는 절대적인 조건입니다. 그러한 조건 하에 < 표현의 부자유 - 그 후> 전시는 계속되어야 했다고 생각합니다. 모두에게 열린 공공장소여야 하는 전시회가 폐쇄되어 버린다는 것은, 관객들이 작품을 볼 기회를 박탈하고, 활발한 논의를 차단하는 것이며, 작품 앞에서 느끼는 분노나 슬픔의 감정을 포함한 다양한 이해의 방식을 상실하게 되는 것을 의미합니다. 일부 정치가에 의한, 전시나 상영, 공연에 대한 폭력적 개입, 그리고 폐쇄라는 긴급 대응으로 몰아넣은 협박과 공갈에 대해, 우리들은 강력히 반대하며 항의합니다.
우리들은 억압과 분단이 아니라 연대를 위한 다양한 수법을 구사하고, 지리적, 정치적인 신조의 차이를 넘어 자유로이 사고하기 위한 가능성에 모든 것을 걸고 예술을 실천해왔습니다. 우리들 아티스트는 불투명한 상황 속에서 깊이 생각하고, 입체 제작에 의해, 텍스트에 의해, 회화 제작에 의해, 퍼포먼스에 의해, 연주에 의해, 영상에 의해, 미디어 테크놀로지에 의해, 협동에 의해, 사이코 매직에 의해, 우회로를 찾음으로써, 설령 잠정적이라고 할지라도 다양한 방법론을 통해 인간이 느끼는 애정이나 슬픔, 분노나 배려, 때로는 살의마저도 상상력으로 전환시킬 수 있는 장소를 예술제 속에 만들고자 노력해 왔습니다.
우리들이 요구하는 것은 폭력적인 개입과는 정반대의, 시간을 들인 독해와 충실한 이해에 이르는 길입니다. 개개인의 의견이나 입장의 차이를 존중하며, 모든 사람들에게 열린 논의와 그 실현을 위한 예술제입니다. 우리들은 여기에 정치적 압력이나 협박으로부터 자유로운 예술제의 회복과 계속, 안전이 담보된 자유롭고 활발한 논의의 장을 마련하기를 요구합니다. 우리들은 연대하여, 함께 생각하고, 새로운 답을 도출하기를 포기하지 않겠습니다.
아이치 트리엔날레 2019 참가 아티스트 72인
artiststatementaichi2019@gmail.com
별지(別紙) 찬동자 일람 2019년 8월 6일 현재

STATEMENT BY THE ARTISTS OF AICHI TRIENNALE 2019 ON THE CLOSURE OF AFTER “FREEDOM OF EXPRESSION?”
We the undersigned are participating artists in Aichi Triennale 2019. We here express our thoughts on the closure of the exhibit After “Freedom of Expression”, a section of the Triennale featuring artworks that have experienced various forms of censorship at public art institutions across Japan.
As chosen by artistic director Daisuke Tsuda, the theme of Aichi Triennale 2019 is “Taming Y/Our Passion.” In his statement on the exhibition concept, Tsuda writes:

“Many concerns are shared around the world today, including anxieties related to the increase in terrorism, cutbacks in hiring domestic workers, crime, and making ends meet. Feelings of aversion towards refugees and immigrants have risen to unprecedented heights in the United States and Europe. The United Kingdom voted to leave the EU in 2016. Donald Trump was voted president of the United States under the platform of “America First.” Xenophobic voices have become emboldened here in Japan as well. At the source is anxiety—the anxiety of an uncertain future, and the anxiety of feeling unsafe and vulnerable to danger.”

Many of us feel anxious about the strong displays of emotion roiling Japan today. Irrespective of its being directed at a single work or section of the exhibition, we have grave concerns about the occurrence of political intervention into the Triennale, as well as threats of violence against the exhibition and those involved in it. It is a fact that the exhibition received hundreds of intimidating phone calls after the opening of the Triennale, as well as a fax warning of an attack on the venue using gasoline and fire—recalling the July 18 arson attack on an animation studio in Kyoto that has claimed at least thirty-five lives to date. We are alarmed by the possibility of any harm coming to the people watching over our works during the exhibition period, and will do everything in our power to resist such terroristic threats and intimidation. We believe that all precautions must be taken to ensure the mental and physical safety of the exhibition staff and visitors.
We insist that After “Freedom of Expression” should remain on view on that condition. Normally an exhibition space is meant to be an open, public site, but the closure of the exhibit just three days after the Triennale opening has robbed people of the opportunity to see the artworks and foreclosed any active discussion of them. Moreover, it has shut down the diversity of responses, ranging from feelings of anger to sorrow, that viewers might have had in front of the artworks. We strongly object to any violent intervention by politicians into exhibits, screenings, and performances at art institutions, and the kinds of menacing acts and intimidation that drove the Triennale to close After “Freedom of Expression” as an emergency measure.
We practice art not to suppress or divide people, but to find different ways of creating solidarity among them, and to pursue the possibilities for free thinking beyond political beliefs. We strive to be creative in the face of uncertainty. Through the production of sculptures, through texts, paintings, performances, music, reenactments, psychomagic, films and videos, and by means of new media technology, by collaborating, and by seeking out new routes and detours, we artists have tried to create a place in the Triennale where, if only temporarily, people’s love and compassion, anger and sadness, and even their murderous feelings can be imaginatively inverted and overturned.
What we seek is a patient process for reaching deeper understanding—the opposite of violent interventions. What we seek is a discussion that is open to all people and respects individual opinions and conditions, and a Triennale that is capable of realizing such a discussion.
We request the following: (1) the immediate restoration of the Aichi Triennale 2019’s autonomy from political pressure and intimidation; (2) the continuation of the exhibition under the assurance of safety for all its staff and visitors; and (3) the establishment of a platform for free and vigorous discussion that is open to all, including the participating artists.
It is our conviction that the first principle of any creative endeavor is thinking about and coming up with new solutions together.
August 6, 2019
72 Participating Artists of Aichi Triennale 2019
artiststatementaichi2019@gmail.com
List of Artists (August 6, 2019)

Aoki Miku
BeBe(Shinkazoku)
Candice Breitz
James Bridle
Tania Bruguera
Miriam Cahn
Pia Camil
Chim↑Pom
Heather Dewey Hagborg
dividual inc.
exonemo
Echigo Masashi
Endo Mikiko
Hikaru Fujii
Fujiwara Aoi
Dora García
Ge Yulu
Hanzaka Yui (Shinkazoku)
Hirose Nanako
Hoshiwowa Yumeka (Shinkazoku)
Ichihara Satoko
Imamura Yohei
Imazu Kei
Ishiba Ayako
伊藤 ガビン (Gabin Ito)
Iwasaki Takahiro
Regina José Galindo
Meiro Koizumi
Komanbe (Shinkazoku)
Komori Haruka
Kuwakubo Ryota
Kyun-chome
Leung Chi Wo + Sara Wong
Lim Minouk
Jason Maling
Amanda Martinez
Claudia Martinez Garay
Masumoto Yoshiko
Mónica Mayer
Mayumi (Shinkazoku)
Miura Motoi
Miyata Nana (Shinkazoku)
Nagahata Koji
Nagata Kosuke
Ohashi Ai
Okamoto Mitsuhiro
One-phrase・Politics(Shinkazoku)
Oura Nobuyuki
Oyama Natsuko (Shinkazoku)
Park Chan-kyong
Sawada Hana
白川 昌生 (Yoshio Shirakawa)
Shimada Yoshiko
Studio Drift
Suge Syunichi
Takamine Tadasu
高山 明 (Akira Takayama)
Koki Tanaka
Javier Téllez
TM(Shinkazoku)
Toda Hikaru
Tomita Katsuya
Tomotoshi
Tsuda Michiko
Usui Yui
Wada Yuina (Shinkazoku)
Washio Tomoyuki
Anna Witt
Yuan Goang-Ming
Yumisashi Kanji
Yoshida Chie (Shinkazoku)
Yoshigai Nao

アーティスト・ステートメント
あいちトリエンナーレ2019 「表現の不自由展・その後」の展示セクションの閉鎖について
2019年8月6日
私たちは以下に署名する、あいちトリエンナーレ2019に世界各地から参加するアーティストたちです。ここに日本各地の美術館から撤去されるなどした作品を集めた『表現の不自由展・その後』の展示セクションの閉鎖についての考えを述べたいと思います。
津田大介芸術監督はあいちトリエンナーレ2019のコンセプトとして「情の時代」をテーマとして選びました。そこにはこのように書かれています。
「現在、世界は共通の悩みを抱えている。テロの頻発、国内労働者の雇用削減、治安や生活苦への不安。欧米では難民や移民への忌避感がかつてないほどに高まり、2016年にはイギリスがEUからの離脱を決定。アメリカでは自国第一政策を前面に掲げるトランプ大統領が選出され、ここ日本でも近年は排外主義を隠さない言説の勢いが増している。源泉にあるのは不安だ。先行きがわからないという不安。安全が脅かされ、危険に晒されるのではないのかという不安。」(津田大介『情の時代』コンセプト)
私たちの多くは、現在、日本で噴出する感情のうねりを前に、不安を抱いています。私たちが参加する展覧会への政治介入が、そして脅迫さえもが——それがたとえひとつの作品に対してであったとしても、ひとつのコーナーに対してであったとしても——行われることに深い憂慮を感じています。7月18日に起きた京都アニメーション放火事件を想起させるようなガソリンを使ったテロまがいの予告や、脅迫と受け取れる多くの電話やメールが関係者に寄せられていた事実を私たちは知っています。開催期間中、私たちの作品を鑑賞する人びとに危害が及ぶ可能性を、私たちは憂い、そのテロ予告と脅迫に強く抗議します。
私たちの作品を見守る関係者、そして観客の心身の安全が確保されることは絶対の条件になります。その上で『表現の不自由展・その後』の展示は継続されるべきであったと考えます。人びとに開かれた、公共の場であるはずの展覧会の展示が閉鎖されてしまうことは、それらの作品を見る機会を人びとから奪い、活発な議論を閉ざすことであり、作品を前に抱く怒りや悲しみの感情を含めて多様な受け取られ方が失われてしまうことです。一部の政治家による、展示や上映、公演への暴力的な介入、そして緊急対応としての閉鎖へと追い込んでいくような脅迫と恫喝に、私たちは強く反対し抗議します。
私たちは抑圧と分断ではなく、連帯のためにさまざまな手法を駆使し、地理的・政治的な信条の隔たりを越えて、自由に思考するための可能性に賭け、芸術実践を行ってきました。私たちアーティストは、不透明な状況の中で工夫し、立体制作によって、テキストによって、絵画制作によって、パフォーマンスによって、演奏によって、映像によって、メディア・テクノロジーによって、協働によって、サイコマジックによって、迂回路を探すことによって、たとえ暫定的であったとしても、それらさまざまな方法論によって、人間の抱く愛情や悲しみ、怒りや思いやり、時に殺意すらも想像力に転回させうる場所を芸術祭の中に作ろうとしてきました。
私たちが求めるのは暴力とは真逆の、時間のかかる読解と地道な理解への道筋です。個々の意見や立場の違いを尊重し、すべての人びとに開かれた議論と、その実現のための芸術祭です。私たちは、ここに、政治的圧力や脅迫から自由である芸術祭の回復と継続、安全が担保された上での自由闊達な議論の場が開かれることを求めます。私たちは連帯し、共に考え、新たな答えを導き出すことを諦めません。
あいちトリエンナーレ2019 参加アーティスト 72名 
artiststatementaichi2019@gmail.com
別紙 賛同者一覧 2019年8月6日現在
別紙:アーティスト・ステートメント
あいちトリエンナーレ2019 「表現の不自由展・その後」の展示セクションの閉鎖について
賛同者一覧 2019年8月6日現在
青木美紅
伊藤ガビン
石場文子
市原佐都子
今津景
今村洋平
イム・ミヌク
岩崎貴宏
アンナ・ヴィット
碓井ゆい
エキソニモ
越後正志
遠藤幹子
大浦信行
大橋藍
大山奈津子(しんかぞく)
岡本光博
ピア・カミル
レジーナ・ホセ・ガリンド
ドラ・ガルシア
ミリアム・カーン
キュンチョメ
葛宇路(グゥ・ユルー)
クワクボリョウタ
小泉明郎
こまんべ(しんかぞく)
小森はるか
澤田華
白川昌生
嶋田美子
菅俊一
スタジオ・ドリフト
高嶺格
高山明
田中功起
津田道子
Chim↑Pom
TM(しんかぞく)
dividual inc.
ハビエル・テジェス
戸田ひかる
富田克也
トモトシ
永田康祐
永幡幸司
パク・チャンキョン
半坂優衣(しんかぞく)
広瀬奈々子
ジェームズ・ブライドル
キャンディス・ブレイツ
タニア・ブルゲラ
藤井光
藤原葵
ヘザー・デューイ=ハグボーグ
BeBe(しんかぞく)
星ヲ輪ユメカ(しんかぞく)
桝本 佳子
アマンダ・マルティネス
クラウディア・マルティネス・ガライ
繭見(しんかぞく)
三浦基
ミヤタナナ(しんかぞく)
ジェイソン・メイリング
モニカ・メイヤー
袁廣鳴(ユェン・グァンミン)
弓指寛治
吉開菜央
よしだ智恵(しんかぞく)
梁志和(リョン・チーウォー)+黄志恒(サラ・ウォン)
鷲尾友公
和田 唯奈(しんかぞく)
ワンフレーズ・ポリティクス(しんかぞく)


statement from the group which organized the exhibition
https://censorship.social/statement/

いま、日本社会で「あること」が進んでいます。自由に表現や言論を発信できなくなっているのです。その領域はさまざまです。新聞や雑誌などの各メディア、美術館や画廊、各種公共施設、日常生活、路上の活動など。その内容もさまざまです。報道や娯楽番組、天皇と戦争、植民地支配、日本軍「慰安婦」、靖国神社、国家批判、憲法9条、原発、性表現、残酷表現など。その不自由のあり方もさまざまです。検閲、規制、忖度、弾圧、クレーム、NGなど。
私たち実行委員会はこの事態を憂い、美術とその関連領域に絞って、2015年に東京のギャラリー古藤で「自由を脅かされた表現」を集めた「表現の不自由展」を開きました。
あれから5年が経ちましたが、この「不自由」はさらに強く、広範囲に侵蝕しています。ここで私たちは改めて「自由を脅かされた表現」を集める「表現の不自由展・その後」を開きます。今回はほぼ美術表現に絞っての選定です。
自由をめぐっては立場の異なるさまざまな意見があります。すべての言論と表現に自由を。あるいは、あるものの権限を侵害する自由は認めるべきではない。
本展では、この問題に特定の立場からの回答は用意しません。自由をめぐる議論の契機を作りたいのです。
そして憂慮すべきなのは、自由を脅かされ、奪われた表現の尊厳です。本展では、まずその美術作品をよりよく見ていただくことに留意しました。そこにこそ、自由を論じる前提があることと信じます。そして、展示作品の背後にはより多くの同類がいることに思いを馳せていただけないでしょうか。
本展では年表パネル、資料コーナーも充実させました。作品をご覧になった後は、資料をじっくりと見ていただき、いまの日本の「不自由」について考えていただければ幸いです。
2019年8月
表現の不自由展 実行委員会
アライ=ヒロユキ、岩崎貞明、岡本有佳、小倉利丸、永田浩三


神奈川新聞、阿部岳記者

67833579_2353326891415921_4649608028440494080_n

—-

from August 3rd:

先ほど、表現の不自由展実行委員会は、一方的な中止の判断に対して抗議する声明を出し、記者会見を行いました。
「表現の不自由展・その後」の一方的中止に抗議する


We Oppose the Unilateral Cancellation of
the “Lack of Freedom of Expression and Thereafter” Exhibition at
Aichi Triennale 2019
August 3rd, 2019
あいちトリエンナーレ2019実行委員会会長の大村秀章知事と津田大介芸術監督が、「表現の不自由展・その後」を本日8月3日をもって展示中止と発表したことに対して、私たち「表現の不自由展・その後」実行委員会一同は強く反対し、抗議します。
 
本展は、2015年に私たちが開催した「表現の不自由展」を見たジャーナリストの津田大介氏が、あいちトリエンナーレ2019でぜひ「その後」を開催したいと、私たちに依頼したものです。その意欲と理念に共感した私たちが企画やキュレーションを担ってきました。
Today, on August 3rd, the Governor of Aichi Prefecture Hideaki Omura who heads Aichi Triennale 2019 Organizing Committee, and Mr. Daisuke Tsuda, its Artistic Director, announced to cancel the “Lack of Freedom of Expression and Thereafter” Exhibition by the end of the day.
We the organizing committee members of the exhibition strongly oppose and protest to this decision.
Mr. Tsuda, a journalist, passionately asked us to help exhibit the “Thereafter” version of the “Lack of Freedom of Expression” Exhibition when he saw what we displayed back in 2015. As we responded and resonated to his will and idea, we have been taking part in planning and curating the exhibition.
今回、電話などでの攻撃やハラスメントがあり、トリエンナーレ事務局が苦悩されたことに、私たちも心を痛め、ともに打開策を模索してきました。しかし、開始からわずか3日間で中止するとは到底信じられません。
参加してくださった16組の作家のみなさん、企画趣旨に理解を示してくださる観客のみなさんに対する責任を、どのように考えての判断なのでしょうか。

 
We understand that the Aichi Triennale 2019 Organizing Committee received harassments and attacks through phones and other means, experiencing much suffering. We felt the pains as well, and searched together with the Committee to find a breakthrough. It is extremely difficult to believe that the exhibition itself is cancelled only three days after its opening. We have sixteen units of artists participating, and large audience understanding the aim of the exhibition. We question, how does the Committee think the decision to affect them?
今回の中止の決定は、私たちに向けて一方的に通告されたものです。疑義があれば誠実に協議して解決を図るという契約書の趣旨にも反する行為です。
The notification of cancellation is totally one-sided. We believe such an action can infringe our contract that states that we discuss sincerely in order to resolve an issue in case it arises.
 何より、
圧力によって人々の目の前から消された表現を集め、現代日本の表現の不自由状況を考えるという企画を、その主催者自らが、放棄し弾圧することは、歴史的暴挙と言わざるを得ません。
戦後日本最大の検閲事件となることでしょう。
The exhibition originally aims at reconsidering the lack of freedom of expression in modern Japan, by collecting and displaying the items that were forced to disappear from people’s eyes due to pressure. For the festival’s Organizing Committee to voluntarily abandon the exhibition, let alone oppressing it, must be acknowledged as a historical outrage. This cancellation will be the most significant censorship case in the post-war Japan era.
 私たちは、あくまで本展を会期末まで継続することを強く希望します。
最後に、今回の一方的な中止決定に対しては、法的対抗手段も検討していることを申し添えます。
We definitely hope the exhibition to continue to its full term, to the end of the festival. We also remind you that we are considering to take legal measures against the unilateral cancellation.
以 上
                  2019年8月3日
The Organizing Committee of “Lack of Freedom of Expression and Thereafter” Exhibition
Hiroyuki=Arai
Sada-Aki Iwasaki
Yuka Okamoto
Toshimaru Ogura
Kouzou Nagata
「表現の不自由展・その後」実行委員会
アライ=ヒロユキ、岩崎貞明、岡本有佳、小倉利丸、永田浩三

artforum, August 05, 2019 at 1:28pm
AICHI TRIENNALE EXHIBITION CLOSES FOLLOWING THREATS OVER “COMFORT WOMAN” STATUE

Three days after the 2019 Aichi Triennale kicked off in Japan, an exhibition at a museum in Nagoya was shut down after organizers received dozens of threats over the phone and through email and fax over the inclusion of a statue of a “comfort woman,” an Asian woman who was forced to serve as a prostitute, or ianfu, in Japanese brothels during World War II. The subject remains highly controversial in Japan and has been a source of tension between the country and South Korea, which claims that Japan needs to do more to compensate the descendants of the victims of sexual slavery.
more at:
https://www.artforum.com/news/aichi-triennale-exhibition-closes-following-threats-over-comfort-woman-statue-80446

津田大介氏は「表現の不自由展」で何を目指したのか 開幕前に語っていた「企画意図」
2019/8/ 6 20:01
   国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の芸術監督をつとめるジャーナリスト・津田大介氏は開幕前、インターネット番組に出演し、結果的にわずか3日で中止となった企画展「表現の不自由展・その後」に対する強いこだわりを語っていた。
   「天皇」をモチーフとする作品が展示される可能性があることにもここで触れていた。津田氏はどんな思いを抱いていたのか。

「表現の不自由展・その後」への思い入れ語る
   あいちトリエンナーレは2019年8月1日に開幕すると、企画展「表現の不自由展・その後」では昭和天皇とみられる写真を燃やす映像作品などを展示して物議を醸し、3日に展示中止となった。
   開幕約4か月前の4月8日、津田氏は哲学者の東浩紀氏とともにネット番組「ニコニコ生放送」に出演し、「あいちトリエンナーレの裏側を語る」とのテーマでトークしていた。冒頭、同芸術祭のコンセプトとして「情」という言葉が深く関わっているとし、「感覚によっておこる心の動き(→感情、情動)」「本当のこと・本当の姿(→実情、情報)」「人情・思いやり(→なさけ)」と主に3つの意味があると説明。これを踏まえ、
「世界を『対立軸』で解釈するのではなく、直感に訴えるアートの持つ力、『情け』をフィーチャーしようと。具体的には、アートというのは揺れ動く人間の『感情』や『情動』を取り上げても作れるだろうし、『情報』テクノロジーをモチーフにしたアートも作れるだろうし、人間が持っている根源的な『情け』や『憐み』を思い出させるような、喚起するような、そういう広いアートがあり得るだろう」
と展望を語っている。
   「今回の僕のこだわりはこれです」として番組で紹介したのが、「表現の不自由展・その後」だった。15年に東京都で開催された「表現の不自由展」を受けたもので、津田氏は趣旨をこう語る。
「公立美術館とかで作家が自由に政治的な作品や、炎上しそうなモチーフをテーマにしてやると撤去されたりするわけですよ。そういうものがすごく増えていて、撤去されたものを展示している展覧会だったんですけど、2015年の後にもたくさんあるので、その経緯とともに新しく現物を展示する。公立美術館で撤去されたものを、『表現の不自由展』という展覧会を持ってくる体にして全部展示してやろうという企画です」
   その上で「おそらくみんな全然気づいてないけど、これが一番ヤバい企画なんですよ。おそらく政治的には」と話している。
「昭和天皇」モチーフの展示を示唆
   東氏は「やっぱり天皇が燃えたりしているんですか?」とおもむろに聞いた。津田氏は苦笑いし明確な回答をためらった。東氏が「天皇制にはどんなお考えですか?」と再度聞くと、津田氏は
「『天皇』というのがひとつタブーになって撤去される事例があって、それは広く知られているので、それはこの展覧会でもモチーフになる可能性はあります」
と答えている。
   さらに「こんな令和(改元)でめでたい時に?」と尋ねられると、「令和の今だからこそ、違った意味を感じ取れると思うんですよね」とする津田氏。東氏が「人々は新しい元号ですごく前向きになっている時に税金でそういう…」と言うと、津田氏は
「でも2代前じゃん。2代前になると、人々の記憶も、2代前だし、『なんか歴史上の人物かな』みたいな、そういう捉え方もできるかもしれない、とかね」
と話した。「2代前」、つまり昭和天皇をモチーフにした作品の展示を既に仄めかしていたことになる。
   津田氏は、自身が愛知で同企画展を開く意味として、「『表現の不自由展』は(美術家の故・)赤瀬川原平が(同名の展覧会を過去に)やっていた。愛知出身の作家で、愛知の美術館にたくさん作品が所蔵されている。赤瀬川原平にもつなげられるし、面白くなるんじゃないかと思うし、僕がコミットできる企画でもあるので、僕の肝いりの企画としてやりたいと思う」と語り、
「何度もここに人が足を(運んで)、フリーパスを買って見てもらえるような濃い空間にしたいと思っている」
とこだわりを見せている。
「門外漢・部外者」だからやりたかったこととは
   その後も津田氏は「特にこだわりたいテーマ」として、「分断/差別/ジェンダー」に加え、「表現の自由/検閲」をあげる。引き合いに出したのは、美術家・会田誠氏が18年4~6月に京都造形芸術大学(東京外苑キャンパス)で公開講座を行ったところ、受講者の女性が19年2月、大学側を相手取って東京地裁に提訴した一件。性的内容を描いた絵画を数多く用いるなどした講義により、環境型セクハラにあったとして女性は慰謝料を請求していた。会田氏は当時、ツイッターで「寝耳に水でした」「その夜のトークは僕の通常運転だったことは確かです」と心境を明かしている。
   津田氏は番組でこの会田氏の投稿をスクリーンに映すと、「この問題はこれからの美術業界でも絶対に切り離せない。良い・悪いじゃなくて。そこで『表現の自由と検閲』という問題が出てくる」とし、次のように話した。
「結構あれが深刻だなと思うのは、今まで、見た人が不快になるかもしれないような表現というのは一応美術館がゾーニングで対応してきた、あるいは、ああいうレクチャー形式なら最初に注意喚起することで対応してきた。だけど、それでも予想を超えるようなことで入っていくなり、あるいは大丈夫だと思って入っていって傷ついた時、傷ついたという事実がある時に、どう合意形成を図れるか、調整できるかは考えないといけない」
   津田氏は、自身を「美術業界の人間ではない」としている。その自身が芸術監督として同芸術祭に携わることについて、番組では、
「基本的に今回のトリエンナーレは、門外漢がやった、部外者がやったということで基本スルーするというのは、美術業界からの話として何となく聞こえてくる。だけど、スルーできなくさせることはたぶんできる。美術業界の外のメソッドで。それで少しずつ変わっていけば、種くらいまける」
とも述べている。

https://www.j-cast.com/2019/08/06364491.html?p=all

AbemaTIMES2019年08月06日 20:10「昭和天皇は歴史上の人物かな」津田大介氏の“過去の発言”が炎上、「表現の不自由展」は炎上商法なのか
https://blogos.com/article/396193/

「昭和天皇は歴史上の人物かな」津田大介氏の“過去の発言”が炎上、「表現の不自由展」は炎上商法なのか

2019年8月6日 20時10分 AbemaTIMES

 テロとみられる予告や脅迫により中止となった、国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」の企画展「表現の不自由展・その後」。インターネット上ではその余波が続いている。

 渦中にあるのが、芸術監督を務める津田大介氏。中止が決定し、「僕がとにかくこの企画を75日間やり遂げるというのが最大の目標だったので、今の心境を一言でいえば断腸の思い」と神妙な面持ちで語ったが、いまネットで炎上している発言がある。

 それは今年4月、あいちトリエンナーレについてニコニコ生放送で語った内容。出演者は津田氏と同展の企画アドバイザーを務める東浩紀氏。7時間に及ぶ生放送の中の一場面だった。

 「公立美術館で撤去されたものを、表現の不自由展という展覧会をもってくる体にして全部展示してやろうという企画で、おそらくみんな全然気付いてないんだけど、これが一番ヤバイ企画になるんですよ。政治的には」

 今回の展示を「政治的にヤバイ企画」と形容した津田氏。東氏が「やっぱり…天皇が燃えたりしてるんですか?」「天皇制にはどんなお考えですか?」と質問すると、「天皇というひとつのタブーになって撤去されるという事例があって、それは広く知られているので展覧会でもモチーフになる可能性はあります」と答える。

 津田氏が示唆したとおり、今回の企画展では昭和天皇とみられる肖像が燃やされたような作品が展示されていた。

 放送で東氏は「税金でそういう展覧会やるのはどうなんですかね」と疑問を呈するが、「2代前になると、人々の記憶も『2代前だし歴史上の人物かな』みたいな。そういう捉え方もできるかもしれない、とかね。あるいは、どうしても炎上しがちな韓国絡みの」と津田氏。

 展示内容の危うさを茶化したような2人のやり取りが、今回の中止騒動を機に拡散。「言い方がいい加減に見えるからダメなんだよなあ」「これは最初から政治的炎上狙い」と批判が殺到している。インターネット事情に精通し、数々の炎上に触れてきた津田氏だが、過去の発言まで遡りここまでの騒動になるとは想定できなかったようだ。

 今回の2人のやり取りを見た、現代アートと社会の関係に詳しい千葉大学の神野真吾准教授に話を聞くと、「番組の雰囲気の中での軽さに合わせてしまったというところはあると思うが、東さんが今の時代状況の中で『それを見せちゃうのはどうなの?』ということを、ユーモラスな表現ではあるものの核心をつくような質問をしたのに対して、津田さんが正面から受け止めたような対応をしていないというのが一番残念。その部分に対して答えてもらいたい。扇情的にあおるということだけでなく、立ち戻ってもう1回発言しなおしてほしい」と苦言を呈した。

 さらに、アートと炎上の関係について、東氏は津田氏に次のように語っている。

 「芸術とか哲学の重要性、どこにあるかというと、炎上するものをどう炎上させないかにあるのよ。アートにしてもジャーナリズムにしても、社会のヤバイ問題に触れると、『炎上するからダメだ』となると、アートも死ぬしジャーナリズムも死ぬに決まってる。かといって『アートやジャーナリズムだから触れて炎上してもOKだ』というのは違うに決まってる。炎上するはずのものが、この人がしゃべると炎上しなくなるということにアートとかジャーナリズムはあるんですよ」

 この意見にBuzzFeed Japan記者の神庭亮介氏は「東さんは示唆に富んだ、非常に有益なアドバイスをこの時点で贈っている。津田さんも肯定する相槌を打っていたが、結果的にはすべて逆を行ってしまった。天皇制などのテーマを扱うにしては言葉が軽く、むしろ『炎上上等』の姿勢にも見える」とコメント。

 また、「あらゆるアートは政治性を帯びているが、政治やイデオロギーのためにアートが道具として使われるのは違うと思う」とした上で、「津田さんが、アートよりも政治を前面に押し出したことで、展示を見た人たちもアートは二の次となり、政治問題として反応した面があるのではないか」との見方を示した。

 今回の展示中止を受けて、あいちトリエンナーレに参加したアーティスト72人がコメントを発表している。

 「私たちの多くは、現在、日本で噴出する感情のうねりを前に、不安を抱いています。私たちが参加する展覧会への政治介入が、そして脅迫さえもが行われることに深い憂慮を感じています。その上で『表現の不自由展・その後』の展示は継続されるべきであったと考えます。私たちアーティストは、さまざまな方法論によって、人間の抱く愛情や悲しみ、怒りや思いやり、時に殺意すらも想像力に転回させうる場所を芸術祭の中に作ろうとしてきました。私たちが求めるのは暴力とは真逆の、時間のかかる読解と地道な理解への道筋です。個々の意見や立場の違いを尊重し、すべての人びとに開かれた議論と、その実現のための芸術祭です。私たちは、ここに、政治的圧力や脅迫から自由である芸術祭の回復と継続、安全が担保された上での自由闊達な議論の場が開かれることを求めます。私たちは連帯し、共に考え、新たな答えを導き出すことを諦めません。あいちトリエンナーレ2019 参加アーティスト 72名」(抜粋)

 こうした表現の自由への訴えに神庭氏は「脅迫や公権力の検閲が許されないのは大前提。今回の事態を教訓にして、次の議論につなげていかないといけない」と指摘。

 「見た人に“!”マークではなく“?”マークをもたらすのがいいアート。自分と似た主義主張ばかりを目にするうちに、それがすべてだと思ってしまう『フィルターバブル』という概念があるが、アートにはその『泡』を突き破っていく可能性がある。今回の展示も、同じ政治主張の人だけでなく、異なる立場の人にも届く言葉、響く表現があればよかったが、残念ながらそうはなっていなかった。前段階で芸術監督が果たせたはずの役割は、すごく大きかったと思う」と見解を語った。
(AbemaTV/『けやきヒルズ』より)

https://news.livedoor.com/article/detail/16889988/

東浩紀 AZUMA Hiroki + 津田大介 TSUDA Daisuke
東浩紀 AZUMA Hiroki + 津田大介 TSUDA Daisuke, Aichi Triennale

https://aichitriennale.jp/about/team.html

AZUMA Hiroki 東浩紀 + TSUDA Daisuke 津田大介
AZUMA Hiroki 東浩紀 + TSUDA Daisuke 津田大介 @ Aichi Triennale

東浩紀 氏:「ぼくにはひとを見る目がないし、人望がないようです。」
Mr. AZUMA Hiroki: “I lack analytical skills towards people, it seems, I enjoy no popularity.”
https://art-culture.world/articles/azuma-hiroki/

update 2019/8/7

Artists wade into row over Japanese triennial that censored its own show on censorship
More than 70 participants including Candice Breitz and Tania Bruguera have signed a statement demanding reopening of Aichi Triennale’s exhibition

Gareth Harris, The Art Newspaper 2019/8/7

More than 70 artists participating in the Aichi Triennale in central Japan (Taming Y/Our Passion, until 14 October) have signed a statement demanding that an exhibition dedicated to freedom of speech re-opens after appropriate security measures are put in place.
A section of the triennial, entitled After ‘Freedom of Expression’?, was closed last weekend when organisers were threatened with violence after showing a statue by the Korean sculptors Kim Seo-kyung and Kim Eun-sung, entitled Statue of a Girl of Peace (2011). The work represents a “comfort woman” or ianfu, the term for Korean women forced to work in Japanese brothels during the Second World War.
The mayor of Nagoya (Aichi’s prefectural capital), Takashi Kawamura, also stoked the row, saying that “[the sculpture] tramples on Japanese people’s feelings. We will conduct an investigation as fast as we can to explain to people how the work came to be exhibited”, adding that “freedom of expression has a certain limit”. Kawamura declined to comment further.
The exhibition section, which included works that had been censored in Japanese museums, subsequently closed after only three days. Seventy-two artists, including Tania Bruguera and Miriam Cahn, have since signed a statement posted online by the artistic director Daisuke Tsuda. “It is a fact that the exhibition received hundreds of intimidating phone calls after the opening of the triennial, as well as a fax warning of an attack on the venue using gasoline and fire, recalling the 18 July arson attack on an animation studio in Kyoto that has claimed at least 35 lives to date,” the statement says.
The signatories believe that all precautions must be taken to ensure the mental and physical safety of the exhibition staff and visitors. The show should then continue “under the assurance of safety for all its staff and visitors”, they say adding two other conditions: “The immediate restoration of the Aichi Triennale 2019’s autonomy from political pressure and intimidation [and] the establishment of a platform for free and vigorous discussion that is open to all, including the participating artists.”
Participating artists have also posted their own comments on the controversy. Singapore-born Song-Ming Ang, who is showing the performance piece A Song to Change the World (2018), says on Facebook: “Instead of bowing to political pressure and terrorist threats, I urge the authorities to quickly find the perpetrators of such a base form of intimidation, and create a safe space for the public in which art can be viewed. Censorship is a lazy, unethical quick-fix that does the public a double disservice, depriving people of the art on display and the related historical issues that need to be confronted.”
The South African artist Candice Breitz, who is showing the video installation Love Story (2016) at the triennial, tells The Art Newspaper that while she agrees with “Song-Ming on what the ideal scenario would be—he sums it up 100%—the director Daisuke Tsuda was faced with the very difficult question of public safety”.
The row continues to resonate. Kim Seo-kyung told the New York Times it was disappointing that the exhibition had closed. “I think most people, especially women, found the pain of war in the statue,” Kim said. Meanwhile, according to the Japan Times, the governor of Aichi prefecture and the head of the triennial organising committee, Hideaki Omura, heavily criticised Takashi Kawamura, saying that the mayor’s comments are “unconstitutional”. The organisers of the triennial declined to say if the section will reopen.

https://www.theartnewspaper.com/news/aichi-triennale-artists-wade-into-censorship-row

Aichi Triennale Artists Decry ‘Censorship’ of Exhibition, Saying Public Was ‘Robbed’ of Discussion
BY Maximilíano Durón POSTED 08/06/19 12:55 PM, artnews
 
After the 2019 edition of the Aichi Triennale in Nagoya, Japan, closed a controversial portion of the exhibition over the weekend, more than 70 artists in the show have issued a statement saying that the triennial and the local government were engaging in “censorship.”

The shuttered portion of the show—titled “After ‘Freedom of Expression?’ ”—deals with the history of art censorship in Japan, and one work, which has been the target of protests, directly deals with the country’s history World War II policies surrounding comfort women, who were raped by military officers. First staged at a gallery in Tokyo in 2015, “Freedom of Expression?” project gathered works that had been censored in Japan, and this iteration updated it with works that had been censored since 2015.
The statement, which was posted to Facebook on Tuesday, is signed by 72 of the more than 90 artists in the exhibition, and it calls for “After ‘Freedom of Expression?’ ” to remain on view. It refers to the exhibition space as “an open, public site” and says that “the closure of the exhibit just three days after the Triennale opening has robbed people of the opportunity to see the artworks and foreclosed any active discussion of them.”
Among the signatories are Candice Breitz, Tania Bruguera, Miriam Cahn, Pia Camil, Chim↑Pom, Regina José Galindo, Claudia Martínez Garay, Minouk Lim, Park Chan-kyong, and Javier Téllez. A representative for the Triennale did not respond to a request for comment.
The closed Triennale portion included a project by Korean artists Kim Seo-kyung and Kim Eun-sung, whose sculptural work, Statue of a Girl of Peace, deals with the country’s history of ianfu, or comfort women. During World War II, Japan maintained brutal colonial policies across Asia as part of its war efforts; one such mandate involved forcing women from across the continent, many from the Korean peninsula, into sexual slavery. Ianfu remain a point of contention in the country’s wartime history, as it was not officially acknowledged by the Japanese government until 2015.
The Triennale opened to the public last Thursday and was immediately met with protests against “After ‘Freedom of Expression?,’ ” including an anonymous fax with a threat to ignite a fire at the show.
With mounting pressure from figures such as Nagoya’s mayor, Takashi Kawamura, who said the “After ‘Freedom of Expression?’ ” exhibition “tramples on the feelings of Japanese citizens,” the 2019 Triennale’s artistic director, journalist Daisuke Tsuda, and the governor of Aichi Prefecture, Hideaki Omura, decided to close the protested portion of the show, citing safety concerns.
While the artists said in their statement that every precaution should be taken to prevent “to resist such terroristic threats and intimidation” and ensure the welfare of staff and visitors, they believe that government intervention to close the exhibition was not the appropriate response. In their letter, the artists demand the continuation of the exhibition with an assurance to safety for visitors and “the establishment of a platform for free and vigorous discussion that is open to all, including the participating artists.”
“We practice art not to suppress or divide people, but to find different ways of creating solidarity among them, and to pursue the possibilities for free thinking beyond political beliefs,” the artists’ statement reads. “We strive to be creative in the face of uncertainty.”

http://www.artnews.com/2019/08/06/aichi-triennale-closed-exhibition-censorship-statement/

Today, 2019/8/7, Aichi Trienniale advisor AZUMA Hiroki’s 東浩紀 apology in Bijutsu-Techo web magazine BT
Art has created friends and enemies
https://bijutsutecho.com/magazine/news/headline/20306

記事
• キャリコネニュース
• 2019年08月07日 16:43
東浩紀、あいちトリエンナーレの騒動を謝罪 慰安婦像・天皇制の作品出展は「知っていた」「力不足を反省しています」

「あいちトリエンナーレ」の企画展として8月1日から行われた「表現の不自由展・その後」は、展示内容への批判や関係者への脅迫が相次いだことを受け、開始から3日で中止に追い込まれた。「あいちトリエンナーレ」で企画アドバイザーを務める東浩紀さんは7日、自身のツイッターで今回の騒動について、

「今回のできごとについて、スタッフのひとりとして、愛知県民の皆さま、出展者の皆さま、関係者の皆さまにご迷惑をかけたことを、心よりお詫びいたします」

と謝罪した。その上で、あいちトリエンナーレでの自身の立ち位置について、

「ぼくの肩書きは『企画アドバイザー』となっていますが、実行委員会から委嘱された業務は、芸術監督のいわば相談役です。業務は監督個人との面談やメールのやりとりが主で、キュレイター会議には数回しか出席しておらず、作家の選定にも関わっていません」

と説明した。

「情報公開や会場設計を含め、もっと丁寧な準備と説明が必要だった」

しかし、騒動に火を付けた慰安婦像や天皇制に関する作品の展示は事前に知っていたとも明かす。そのため、問題の発生を予想できる立場にありながらこうした騒動になってしまったことについて「責任を痛感している」と心境を語った。

「けれども、問題となった『表現の不自由展・その後』については、慰安婦像のモデルとなった作品が展示されること、天皇制を主題とした作品が展示されることについて、ともに事前に知らされており、問題の発生を予想できる立場にいました。相談役として役割を果たすことができず、責任を痛感しています」

また、「僕は7月末より国外に出ており、騒動の起点になった展示を見ていません。今後も見る機会はなくなってしまいましたが、そのうえで、展示について所感を述べておきます。以下はあくまでも僕個人の、報道や間接情報に基づく意見であり、事務局や監督の考えを代弁するものではないことにご留意ください」と前置きした上で、争点となった慰安婦像について個人的な見解を述べていた。

「いま日韓はたいへんな外交的困難を抱えています。けれども、そのようないまだからこそ、焦点のひとつである慰安婦像に、政治的意味とはべつに芸術的価値もあると提示することには、成功すれば、国際美術展として大きな意義があったと思います」
「政治はひとを友と敵に分けるものだといわれます。たしかにそのような側面があります。けれども、人間は政治だけで生きているわけではありません。それを気付かせるのも芸術の役割のひとつです。あいトリがそのような場になる可能性はありました」
「ただ、その役割が機能するためには、展示が政治的な扇動にたやすく利用されないように、情報公開や会場設計を含め、もっとていねいな準備と説明が必要だったように思います。その点について、十分な予測ができなかったことを、深く反省しています」

天皇の肖像を用いた作品は「あまりに説明不足」「配慮を欠いていた」
もうひとつの争点になった天皇制に関する展示についても思いを述べた。東氏は「天皇制に反対する立場ではない」というが、同時に「『天皇制を批判し否定する人々』の存在を否定し、彼らから表現の場を奪うことも、してはならない」と考えていることも明かした。

「つぎに天皇の肖像を用いた作品について。ぼくは天皇制に反対する立場ではありません。皇室に敬愛の念を抱く多くの人々の感情は、尊重されるべきだと考えます。天皇制と日本文化の分かち難い関係を思えば、ぼく自身がその文化を継承し仕事をしている以上、それを軽々に否定することはできません」
「けれども、同時に、『天皇制を批判し否定する人々』の存在を否定し、彼らから表現の場を奪うことも、してはならないと考えます。人々の考えは多様です。できるだけ幅広い多様性を許容できることが、国家の成熟の証です。市民に多様な声の存在に気づいてもらうことは、公共事業の重要な役割です」

しかし、この展示も慰安婦像と同じく「説明不足だった」と振り返る。

「しかし、これについても、報道を見るかぎり、その役割を果たすためには、今回の設営はあまりに説明不足であり、皇室を敬愛する多くの人々の感情に対して配慮を欠いていたと感じています。この点についても、役割を果たせなかったことを悔いています」
「政治が友と敵を分けるものだとすれば、芸術は友と敵を繋ぐものです。すぐれた作品は、友と敵の対立などどうでもよいものに変えてしまいます。これはどちらがすぐれているということではなく、それが政治と芸術のそれぞれの役割だと考えます」
「にもかかわらず、今回の事件においては、芸術こそが友と敵を作り出してしまいました。そしてその対立は、いま、どんどん細かく、深くなっています。それはたいへん心痛む光景であり、また、私たちの社会をますます弱く貧しくするものです。それは、あいトリがもっともしてはならなかったことです」

イベント相談役は辞任せず「今年度の委嘱料辞退を申し出た」
「表現の不自由展・その後」の騒動に続く形で、ネットではトリエンナーレの芸術監督を務めた津田大介さんとの対談動画に注目が集まった。対談内容については、「多くの方々の感情を害する発言を行ってしまったことを、深くお詫びいたします」と謝罪した。

「僕は今回、アドバイザーとして十分な仕事ができませんでした。辞任を検討しましたが、いまは混乱を深めるだけだと考えなおしました。かわりに個人的なけじめとして、今年度の委嘱料辞退の申し出をさせていただきました。今後も微力ながらあいトリの成功に向けて協力させていただければと考えています」
「あらためて、このたびは申し訳ありませんでした。力不足を反省しています。そして最後になりましたが、現在拡散されている4月の芸術監督との対談動画において、多くの方々の感情を害する発言を行ってしまったことを、深くお詫びいたします」

東氏は自身の考えを述べた後、「謝罪と反省は無制限に罵倒メールを受け止めるということを意味しませんので、いままでどおり粛々とブロックは行います。誤解なきようよろしくお願いします」ともツイートしていた。

https://blogos.com/article/396417/

2 South Korean artists pull out of Aichi art festival in protest
THE ASAHI SHIMBUN
August 7, 2019 at 14:45 JST
NAGOYA–Two South Korean artists taking part in the Aichi Triennale have withdrawn their works in protest over the cancellation of the show on freedom of expression that opened as part of the international art festival here.
The organizing committee of the Aichi Triennale 2019: Taming Y/ Our Passion accepted their decision and closed the spaces displaying their works from Aug. 6.
Lim Minouk and Park Chan-kyong both requested permission to withdraw their works on Aug. 3, the same day the organizing committee of the Aichi Triennale decided to call off the show, “After ‘Freedom of Expression?’”
The committee cited public safety as an overriding priority behind the decision after the committee was flooded with hundreds of protest calls and e-mails, including an arson threat, over the controversial nature of some of the exhibits.
The protests mainly targeted a statue of a girl symbolizing “comfort women” who were forced to provide sex to wartime Japanese troops.
Park said in a statement posted on his closed exhibition space: “Regardless of one’s likes and dislikes toward a particular work of art, a work of art must not be censored by any type of authority, coercion or threat.”
Lim, in a statement, said an artist “cannot remain a bystander” when an act of censorship was committed.
“Artworks and art museums do not exist to serve only what one wants to see, wants to hear and wants to speak,” she added. “In a truly free democratic society, its art institutions are intended to protect the dissonance of difference in every aspect.”
Lim’s work, “Adieu news,” was themed on the funerals of two despots who ruled North Korea and South Korea: Kim Jong Il and Park Chung-hee.
Park’s entry, “Child Soldier,” evokes young warriors in North Korea.
The exhibition was intended to provide a venue for freedom of expression by assembling more than 20 items that had been removed from public display, including the statue of the girl.
http://www.asahi.com/ajw/articles/AJ201908070028.html

up-date 2019/8/7 22:45

Today’s declaration by AICA Japan, President NANJO Fumio

「あいちトリエンナーレ 2019」における 「表現の不自由展・その後」の中止に対する意見表明

2019 年 8 月 7 日
美術評論家連盟 会長 南條 史生

美術評論家連盟は、暴力的威嚇や脅迫による混乱を理由として、また、河村たかし名古 屋市長による、それらの威嚇に同調するかのような展示中止要請も受けて、「あいちトリエ ンナーレ 2019」における国際現代美術展の一部である「表現の不自由展・その後」のセク ションが開始後わずか3日で中止を余儀なくされた異常事態に直面し、それが今後にもた らす影響について深く憂慮します。
もとより表現活動が暴力や脅迫によって抑圧されることはあってはなりません。今回の 事態の経緯の問題は、こうした暴力行為から市民の活動を守ることが警察を含めた行政の 役割であるにもかかわらず、暴力行為から守るという理由で、その暴力が要求する展示の 中止を受け入れざるをえなくなったという点にあります。
民主主義とは、個々の市民がそれぞれ自ら判断し意見を表明する能力を持つことを国家 および行政が尊重し信頼すること、そしてそれによって市民も国家、行政への信頼を醸成 しうるシステムです。行政がこの信頼関係を放棄することは、この国が恐怖に支配され暴 力に追随する危険な国だと自ら示したことになります。
今回の事態は、まさに憲法 21 条に明記された「表現の自由」という民主主義の基本理念 が根本から否定されたことを意味しています。今回のように暴力と恐怖に後押しされた要 請を受け入れるとき、行政、また政治の正当性、存在理由はいかに確保されるのでしょう か。
そもそも公的組織が芸術・文化事業を「公」的にサポートすることの意味は、民主主義 に基づく憲法の精神、つまり表現や意見の多様性を保障することのはずです。自らへの批 判をも一意見として尊重し、その検討・議論を深める機会を奪わないこと、これこそが公 的な文化支援の原則ではないでしょうか。
行政による作品の撤去や隠蔽は、すなわち、その作品の意味を固定して市民の自主的な 判断能力を信用しないこと、市民自ら判断する権利、鑑賞する権利を奪うことを意味しま す。市民がなにかを知ろうとする健全な好奇心さえ遮断されてしまうということです。こ のような状況では健全な文化の発展など望めません。
今回の事件に関連して菅義偉官房長官は、国家による補助金交付を精査する、と発言し ています。これは公的支援を打ち切る可能性を示唆し、「政府の方針に不都合な意見、表現 は援助しない」、つまり排除するという、補助金申請者への婉曲な威嚇となってしまってい ます。繰り返せば、表現の機会を保障することは、必ずしもその表現の内容を追認するこ とではありません。市民ひとりひとりが自分で見て、感じ、考える機会を保障することで す。多様な表現と意見があることを知り、そのやりとりに参加する機会を与えることです。
今回の事件を是認するならば、「あいちトリエンナーレ 2019」に限らず、今後のあらゆる 表現活動は委縮せざるを得なくなります。表現の健全な発展は日本国内において期待でき なくなり、ひいては、市民の多様な活動を守るという行政機関への信頼そのものを損なわ せることになるでしょう。この事件はすでに海外でも報道され、日本国内から発信される 豊かな文化活動総体に対する、国際的な信頼を失墜させています。
以上が、美術評論家連盟が、「あいちトリエンナーレ 2019」の推移を深い憂慮をもって注 視する理由です。美術評論家連盟は、当該国際現代美術展の開始当初のすべての展示が取 り戻される社会的状況が整えられることを望みます。
http://www.aicajapan.com/wp/wp-content/uploads/AICA_Japan_opinion_2019_08.pdf


津田大介氏、批判したやつ全員「殺すリスト」入れた発言で炎上!?
津田大介氏、批判したやつ全員「殺すリスト」入れた発言で炎上!?

津田大介氏、批判したやつ全員「殺すリスト」入れた発言で炎上!?
2019/08/08 09:47 秒刊SUNDAY
色々アレな部分で変に注目を浴びているあいちトリエンナーレ。当然そんな事やったらそうなるんじゃないの?というネットでの批判は数知れず。そんな今年のあいちトリエンナーレを作った津田大介氏がとんでもなく過激な発言をしていたという事で炎上しておりました。

https://news.nicovideo.jp/watch/nw5765857

津田大介 TSUDA Daisuke
Aichi Triennale Artistic Director TSUDA Daisuke 津田大介 was mentioning, to have made a 殺すリスト “KILL LIST” about people who were opposing.
東浩紀 AZUMA Hiroki
東浩紀 AZUMA Hiroki asking for names of the “KILL LIST” 殺すリスト made by Aichi Triennale Artistic Director TSUDA Daisuke

More detailed back-ground information, here at ART+CULTURE

東浩紀 氏:「ぼくにはひとを見る目がないし、人望がないようです。」
Mr. AZUMA Hiroki: “I lack analytical skills towards people, it seems, I enjoy no popularity.”
https://art-culture.world/articles/azuma-hiroki

up-date 2019/8/9 14:50

津田大介氏招いたシンポジウム中止の方針決める
津田大介氏招いたシンポジウム中止の方針決める

神戸市 津田大介氏招いたシンポジウム中止の方針決める
2019年8月9日 13時03分

愛知県で開かれている国際芸術祭で慰安婦問題を象徴する少女像などに批判や脅迫が相次ぎ、展示が中止されたことを受けて、神戸市が、芸術祭で芸術監督を務める津田大介さんを招いたシンポジウムを中止する方針を決めたことがわかりました。

このシンポジウムは、神戸市が芸術イベントの関連事業として、ジャーナリストの津田大介さんら3人を招き、「アートは異物を受け入れるのか」をテーマにして、今月18日に開催する予定でした。

しかし、津田さんが芸術監督を務める国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」で慰安婦問題を象徴する少女像などに批判的な意見や脅迫が相次ぎ、展示が中止されたことを受け、神戸市はシンポジウムを中止する方針を決めました。

市は関係者と調整したうえで正式に中止を決定するとしています。

神戸市のシンポジウムの実行委員会には「津田氏を呼ばないでほしい」とか「少女像を展示するのか」といった抗議などが、およそ80件寄せられているということです。

神戸市は「このタイミングで津田さんを迎えれば、シンポジウムの趣旨に沿わない議論になるおそれがあり、この秋から始まる芸術イベント自体に悪影響が及びかねないと懸念している」としています。
SNSに開催への抗議あおるような書き込みも
津田大介さんが参加を予定していた神戸市主催のシンポジウムをめぐって、SNS上では開催への抗議をあおるような書き込みが相次いでいます。

このうちツイッターでは、「あいちトリエンナーレ」の中止が発表されてから4日後の7日、シンポジウムの内容を紹介したうえで「今度は神戸で公金使ってやるのか・・・」と批判する投稿がありました。

さらに同じ日には、地元の市議会議員が「愛知で確信的に昭和天皇の写真を燃やした如き映像や慰安婦像を展示させた。断固反対。神戸市会議員として動きます」などと書き込んでいます。
この投稿は9000件近く引用され、SNS上に同調する意見とともに拡散されています。

さらに、主催者の神戸市に対して「抗議の電話しましょう。私もやります」などという投稿や、実際に電話やメールで抗議をしたという書き込みも相次いでいます。

一方、同じ投稿に対し「なんで言論封殺の方向に動くんですか」などと批判する意見もありました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190809/k10012029521000.html

Artist KATO Tsubasa didn’t sign the statement, read the reason why.
I hereby endorse his decision, for having the guts, to have his own opinion articulated. Food for thought.

https://twitter.com/TsubasaKATO/status/1158936327347269632

Tsubasa Kato
August 7 at 11:57 AM ·

『表現の不自由展・その後』の展示中止に対する参加アーティストのステートメントにサインをしませんでした。とはいえ、その内容の99%については賛同です。—つまり私も同様に、展覧会への政治介入や脅迫行為に強く抗議し、自由闊達な議論の場が開かれることを求めます。そして、他作家と連帯し、新たな答えを導き出すことを諦めません。
ただ「『表現の不自由展・その後』の展示は継続されるべきであった」という一文に対してのみ賛同できません。私はむしろ大村知事と津田大介さんの展示中止の判断を積極的に支持します。
もちろん、いかなる展示も公開され、表現の自由は遵守されなければなりません。そして、これから私たちは今回の展示中止に至った騒動を開かれた議論によって検証し、アーティストであるからには、そこから新たなアクションを生み出さなければなりません。しかしその時に「展示は継続されるべきであった」と言う原則的なスタンスだけでなく、もっと幅のあるスタートラインがあっても良いと思うのです。
発表されたステートメントの草稿作成チームは、僕のこうした些細な意見(というか殆ど文体のニュアンス)にも粘り強く耳を傾けてくださり、文章を練り上げるプロセスにおいて、個々の作家の多種多様な思索に触れることができました。それは近いうちに、開かれた議論の場で明るみに出ると思います。そしてどうか皆様、いま開かれている展覧会に足を運んでください。

I have decided not to sign the joint statement issued by participating artists of the Aichi Triennale in response to the closure of the section titled After “Freedom of Expression?” I agree with 99% of what they say, and with them strongly oppose the political interference and threats of violence, and hope for a free and open space of debate. I also will continue working with the other artists in looking for new ways to respond to the situation.
However, I am not able to support others insistence that “After Freedom of Expression? should remain on view.” In fact, I support the decision of Artistic Director Tsuda Daisuke and Aichi Governor Omura Hideaki’s decision to close that part of the exhibition. I do believe that all types of exhibitions have the right to be held and that the freedom of expression should be protected. I also believe that it is important for us think carefully about the debates that have occurred in response to the furor that led to the section’s closure, so that, as artists, we can imagine and invent new modes of action. On the other hand, I also think that a wider variety of starting points, rather than absolute insistence on the section remaining open, provides a better way to pursue these goals .
The team responsible for drafting the joint statement carefully listened to my (perhaps trivial) difference of opinion on this point, as it did to those of other artists. I imagine that this plurality will be expressed in a public setting in the near future. In the meantime, I urge people to continue to visit those parts of the exhibition that are still open.

The statement had been translated into English. See below.

https://www.art-it.asia/en/top_e/admin_ed_news_e/201937

STATEMENT BY THE ARTISTS OF AICHI TRIENNALE 2019 ON THE CLOSURE OF AFTER “FREEDOM OF EXPRESSION?”
We the undersigned are participating artists in Aichi Triennale 2019. We here express our thoughts on the closure of the exhibit After “Freedom of Expression?”, a section of the Triennale featuring artworks that have experienced various forms of censorship at public art institutions across Japan.

As chosen by artistic director Daisuke Tsuda, the theme of Aichi Triennale 2019 is “Taming Y/Our Passion.” In his statement on the exhibition concept, Tsuda writes:

“Many concerns are shared around the world today, including anxieties related to the increase in terrorism, cutbacks in hiring domestic workers, crime, and making ends meet. Feelings of aversion towards refugees and immigrants have risen to unprecedented heights in the United States and Europe. The United Kingdom voted to leave the EU in 2016. Donald Trump was voted president of the United States under the platform of “America First.” Xenophobic voices have become emboldened here in Japan as well. At the source is anxiety—the anxiety of an uncertain future, and the anxiety of feeling unsafe and vulnerable to danger.”

Many of us feel anxious about the strong displays of emotion roiling Japan today. Irrespective of its being directed at a single work or section of the exhibition, we have grave concerns about the occurrence of political intervention into the Triennale, as well as threats of violence against the exhibition and those involved in it. It is a fact that the exhibition received hundreds of intimidating phone calls after the opening of the Triennale, as well as a fax warning of an attack on the venue using gasoline and fire—recalling the July 18 arson attack on an animation studio in Kyoto that has claimed at least thirty-five lives to date. We are alarmed by the possibility of any harm coming to the people watching over our works during the exhibition period, and will do everything in our power to resist such terroristic threats and intimidation. We believe that all precautions must be taken to ensure the mental and physical safety of the exhibition staff and visitors.

We insist that After “Freedom of Expression?” should remain on view on that condition. Normally an exhibition space is meant to be an open, public site, but the closure of the exhibit just three days after the Triennale opening has robbed people of the opportunity to see the artworks and foreclosed any active discussion of them. Moreover, it has shut down the diversity of responses, ranging from feelings of anger to sorrow, that viewers might have had in front of the artworks. We strongly object to any violent intervention by politicians into exhibits, screenings, and performances at art institutions, and the kinds of menacing acts and intimidation that drove the Triennale to close After “Freedom of Expression?” as an emergency measure.

We practice art not to suppress or divide people, but to find different ways of creating solidarity among them, and to pursue the possibilities for free thinking beyond political beliefs. We strive to be creative in the face of uncertainty. Through the production of sculptures, through texts, paintings, performances, music, reenactments, psychomagic, films and videos, and by means of new media technology, by collaborating, and by seeking out new routes and detours, we artists have tried to create a place in the Triennale where, if only temporarily, people’s love and compassion, anger and sadness, and even their murderous feelings can be imaginatively inverted and overturned.

What we seek is a patient process for reaching deeper understanding—the opposite of violent interventions. What we seek is a discussion that is open to all people and respects individual opinions and conditions, and a Triennale that is capable of realizing such a discussion.

We request the following: (1) the immediate restoration of the Aichi Triennale 2019’s autonomy from political pressure and intimidation; (2) the continuation of the exhibition under the assurance of safety for all its staff and visitors; and (3) the establishment of a platform for free and vigorous discussion that is open to all, including the participating artists.

It is our conviction that the first principle of any creative endeavor is thinking about and coming up with new solutions together.

August 6, 2019
72 Participating Artists of Aichi Triennale 2019
artiststatementaichi2019@gmail.com

STATEMENT BY THE ARTISTS OF AICHI TRIENNALE 2019 ON THE CLOSURE OF AFTER “FREEDOM OF EXPRESSION?”

List of Artists (August 6, 2019)

Aoki Miku
BeBe (Shinkazoku)
Candice Breitz
James Bridle
Tania Bruguera
Miriam Cahn
Pia Camil
Chim↑Pom
Heather Dewey Hagborg
dividual inc.
exonemo
Echigo Masashi
Endo Mikiko
Fujii Hikaru
Fujiwara Aoi
Dora García
Ge Yulu
Hanzaka Yui (Shinkazoku)
Hirose Nanako
Hoshiwowa Yumeka (Shinkazoku)
Ichihara Satoko
Imamura Yohei
Imazu Kei
Ishiba Ayako
Ito Gabin
Iwasaki Takahiro
Regina José Galindo
Koizumi Meiro
Komanbe (Shinkazoku)
Komori Haruka
Kuwakubo Ryota
Kyun-chome
Leung Chi Wo + Sara Wong
Lim Minouk
Jason Maling
Amanda Martinez
Claudia Martinez Garay
Masumoto Yoshiko
Mónica Mayer
Mayumi (Shinkazoku)
Miura Motoi
Miyata Nana (Shinkazoku)
Nagahata Koji
Nagata Kosuke
Ohashi Ai
Okamoto Mitsuhiro
One-phrase・Politics (Shinkazoku)
Oura Nobuyuki
Oyama Natsuko (Shinkazoku)
Park Chan-kyong
Sawada Hana
Shirakawa Yoshio
Shimada Yoshiko
Studio Drift
Suge Syunichi
Takamine Tadasu
Takayama Akira
Tanaka Koki
Javier Téllez
TM (Shinkazoku)
Toda Hikaru
Tomita Katsuya
Tomotoshi
Tsuda Michiko
Usui Yui
Wada Yuina (Shinkazoku)
Washio Tomoyuki
Anna Witt
Yuan Goang-Ming
Yumisashi Kanji
Yoshida Chie (Shinkazoku)
Yoshigai Nao

Added 4pm, August 6, 2019 (total 83 artists)

Ahn Sehong
Jetse Batelaan
Fujie Tami
Ho Tzu Nyen
Kim Eun-sung
Kim Seo-kyung
Mannequin Flash Mob
Reynier Leyva Novo
Pangrok Sulap
U-Zaan
Katarina Zdjelar

Added 8am, August 8, 2019 (total 85 artists)
Nature Theater of Oklahoma
Milo Rau

This article was updated 9:50pm JST on August 8, 2019.


up-date 2019/8/9

「表現の不自由展・その後」再開を求めて記者会見
Press Conference by the Organization of “After ‘Freedom of Expression’” 2019/8/7

Press Conference by the Organization of “After ‘Freedom of Expression’” 「表現の不自由展・その後」再開を求めて記者会見 2019/8/7
Press Conference by the Organization of “After ‘Freedom of Expression’” 「表現の不自由展・その後」再開を求めて記者会見 2019/8/7
Press Conference by the Organization of “After ‘Freedom of Expression’” 2019/8/7
Press Conference by the Organization of “After ‘Freedom of Expression’” 2019/8/7

表現の不自由展 実行委員会
Executive committee of the Organization of “After ‘Freedom of Expression’”
Members:
アライ=ヒロユキ ARAI Hiroyuki – art critic
岩崎貞明 IWASAKI Sadaaki – professor, journalism
岡本有佳 OKAMOTO Yuka – editor, author, specialist about the history of Asian sex slaves during Japanese colonialism / war period
小倉利丸 OGURA Toshiharu – economist, author
永田浩三 NAGATA Kozo – journalist, activist

아베, 과거 위안부 방송 막아 (나카타 코조) | 김어준의 뉴스공장


Mission of the Aichi Triennale:
• Contributing to the global development of culture and art by creating and disseminating cutting-edge art.
• Bringing culture and art into people’s daily lives by promoting and providing education on contemporary art.
• Enhancing the attractiveness of the region by vitalizing culture and art activities.

https://aichitriennale.jp/en/about/index.html

開催目的
新たな芸術の創造・発信により、世界の文化芸術の発展に貢献します。
現代芸術等の普及・教育により、文化芸術の日常生活への浸透を図ります。
文化芸術活動の活発化により、地域の魅力の向上を図ります。

https://aichitriennale.jp/about/index.html

Mission of the Aichi Triennale
Mission of the Aichi Triennale
開催目的 あいちトリエンナーレ
開催目的 あいちトリエンナーレ

up-date 2019/8/10

「炎上させずに実施できたはず」表現の不自由展中止に出展作家が反論、“少女像”と自身の作品「なぜ一緒にするんだと」
8/9(金) 19:20配信
造形作家の中垣克久氏
 あいちトリエンナーレの企画展「表現の不自由展・その後」が中止となったことを受け7日、出展作家らが会見を開いた。

表現の不自由展・その後
表現の不自由展・その後
造形作家の中垣克久氏
造形作家の中垣克久氏

 「今回、この展覧会を中止しますという時に、作家が1人も入っていない。作家の意見が全然聞かれていない。意思も何もはかられていない。作家不在の決定だ。これは本当に芸術展かという。作家一人ひとりの意見を聞きもしないで『はい中止』と。極めて暴力的なやり方だ」
more at
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190809-00010017-abema-soci

ふかわりょう「表現の不自由展ではなく“無責任展”だ」、インディアンス田渕「“どうも菅田将暉です”とボケたら怒られたのと一緒」
8/9(金) 20:05配信
ふかわりょう
 「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」の中止から6日。問題の終わりはいまだ見えず、「芸術に政治が介入していいのか?」「そもそもこれらの作品は芸術なのか?」といった議論が続いている。
 開催地の愛知県では、「国民の心を本当踏みにじるのではないか」(河村たかし名古屋市長)、「税金でやるからこそ、公権力でやるからこそ表現の自由は保障されなければいけない」(大村秀章愛知県知事)と主張が対立する中、論争は大阪にも飛び火。大阪府の吉村洋文知事は7日、「反日の政治活動だ。こんなのは」と発言し、愛知県を批判した。「民間で開催された展示会なら許容できる」としつつも、「愛知県が主催で行う表現行為になれば、これは大問題だと思う。僕は辞職相当だと思う。慰安婦像もこれだけ日本がおかしいのではないかと韓国に対して言っている中で、愛知県が主催して展示しているのは、進退にすら関わる問題だと思う」とも述べた。
more at
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190809-00010019-abema-soci

up-date 2019/8/10 17:25

up-date 2019/8/11 1 a.m.

‘I am the girl statue’: Artists protest Japan’s exhibition censorship
By Bahk Eun-ji, The Korea Times, August 9, 2019

quotes:
When Mayer received news about the removal of the girl statue from the exhibition, she sent a photo of herself posing like the statue in protest of the censorship to Japanese artist Yoshiko Shimada who has been staging protests over the issue and making artwork about sex slavery since 1992.

Shimada then uploaded the photo on Facebook and asked her friends to send photos of themselves in the pose of the statue to show their solidarity.

“That’s how the movement started,” Shimada said in an email interview with The Korea Times.

“The purpose of this project is to make this censorship visible and create solidarity of women against sexual violence internationally,” she said.

Rosaria Iazzetta, an Italian sculptor who also uploaded photos of women posing as the statue on Instagram after being inspired by Shimada, called the Aichi Triennale committee’s decision a censorship of art.
full text at:
http://m.koreatimes.co.kr/pages/article.asp?newsIdx=273705

screenshot from the Korea Times1
screenshot from the Korea Times1
screenshot from the Korea Times2
screenshot from the Korea Times2
表現の不自由展・その後 Artists Yi Dahn, Franziska Ullrich, Cahterine Woywood 2019:8:10
表現の不自由展・その後 Artists Yi Dahn, Franziska Ullrich, Cahterine Woywood 2019年8月10日

up-date 2019/8/12 11:11

アート批評家 市原研太郎の分析・批評 Analysis/comment by art critic ICHIHARA Kentaro about the actual situation of the Aichi Triennale and its art director 2019/8/11
via facebook
https://www.facebook.com/kentaro.ichihara.7

Kentaro Ichihara
18 hrs · ·
愛知トリエンナーレにまつわる様々な思いをまとめてみました。
マスコミやネットのジャーナリズムで活躍する人間がキュレーターになるという発想が理解できない。愛知トリエンナーレの選考委員会はどのような基準で、芸術監督を選んだのか。その理由を聞いてみたいものだ。
私が想像するに、展覧会の内容の充実は二の次で、入場者数を第一に考える運営母体(役人組織)がある。このように集客が最大の目的の国際展を前提にすれば、有名な文化人を使えば客寄せパンダになる。その作戦に利用される文化人は、失敗すれば叩かれることは予見されるので、ならば始めから断ればよいのにと思う。
私は素人がダメだと言っているのではない。素人は素人のよさ、忖度しない大胆さがある。それによって展覧会は、専門家では越えられない壁を突破できるかもしれない。国内の過去の国際展を見まわしても大したものがないので、勢い素人は自分でもできると思い違いしてしまう。そこに墓穴を掘る陥穽がある。後述しよう。
断っておきたいのは、専門家と素人を明確に区分する境界線はないということだ。したがって、両方を単純化した議論は相対的に当てはまることを念頭においてほしい。
愛知トリエンナーレに関しては、せっかく前回からテーマがはっきりする展示内容で、ようやく批評の俎上に乗る国際展(日本の他の国際展でまともに批評の対象になるものはなかったことを付け加えておこう)ができたと喜び、今回も期待したのだが、開幕してすぐ批評ならぬ心ない中傷によって躓いた。
この事態を目の当たりにして、観賞者になる大衆の精神的成熟度の低さに失望した。どんな作品であれ批判する前に尊敬心をもってじっくり観賞すべし(これは教育の問題である)。ここまで無知で野蛮だとは思わなかった。不平を言わない従順な日本人が豹変して、突発的に暴力を振るう日本人へ。何が起きたのか? おそらく戦後、軍国主義的体制が清算されずに生き残り、日本人のなかに敗戦に由来する被害妄想的な恨みが果てしなく膨張しているのだろう。
展覧会を企画するキュレーターについて語ると、制度内に無数の専門家がいるのに、なぜ彼らを優先して指名しないのか? とくに若手を積極的に登用すべきだろう。そうしないと彼らが成長できない。ところが役人は、失敗するのを極度に恐れる。その責任を取らされるのを忌避するからだ。
したがって、通常は安易に実績あるベテランのキュレーターを採用する(だが、海外の優秀なキュレーターにするという選択肢はないらしい)のだが、ビエンナーレやトリエンナーレという新しいアイデアが必要とされる国際展に、古株のキュレーターは頭が固いので相応しくない。
とはいえ、未知の若手は何をやるか分からないので大いに心配。ということで、他分野とりわけ隣接する領域(文学、音楽、メディア)から著名な人物を選ぶというやり方に落ち着く。展覧会の広告塔ともなる有名文化人というわけだ。専門的すぎることなく、かといってまったく門外漢ではなく、大衆に分かりやすい世俗的な視点で現代アートを切り取ってくれる素人のキュレーター。
ところが、端的に世界のアートの大勢を知らない日本の専門家は、グローバルスタンダードで専門家と言うには疑問がある。したがって素人のキュレーターは、国際展を組織するのに、自前で処理しなければならない。しかも彼らは、アートの内部の暗黙の了解事項に疎い。たとえば、過度に政治的になるなという鉄則がある。
これが、日本のアートを世界から遅れをとらせる主要因になっている。政治的ではない現代アートは現代アートではない現在、日本に特有の暗黙の規範を破らなければならないが、さじ加減を間違えると今回のようなことが生起する。とくに右傾化している現今の社会では、慎重に事を運ばなければならない。
芸術監督に指名された野心的な津田氏は、このような状況に投げ入れられて指揮を執らされた。まずアートの因習(非政治性)と闘わなければならなかった。次に、役人の管理的思考を出し抜く狡知を絞り出さなければならなかった。最後に、無知な観衆を手なずける手腕を持たなければならなかった。
悪しき慣習を打破しようとした無謀な勇気は買う。しかし、それも度を越すととんでもないしっぺ返しを食らう。その結果、彼は見事に誰が仕掛けたのではない罠にはまった。ポピュリズム時代の大衆は黙っていない。ネット上で日常の憂さ晴らしの雑言を垂れ流すことに飽きて、今や地上に出現して実力行使する。津田氏は、彼の主戦場であるネットの威力の計算を間違ったのか?
ルサンチマンのネトウヨ、惰性の美術館、彼を選んだ役人の思惑の板挟みになって、今や芸術監督は身動きできない状態ではないか。必死で壊れた器(愛知トリエンナーレ)を修復しようとしているのだが、元に戻るだろうか?

アート批評家 市原研太郎の分析・批評 Analysis by art critic ICHIHARA Kentaro 2019:8:11 a
アート批評家 市原研太郎の分析・批評 Analysis by art critic ICHIHARA Kentaro 2019/8/11 a
アート批評家 市原研太郎の分析・批評 Analysis by art critic ICHIHARA Kentaro 2019:8:11 b
アート批評家 市原研太郎の分析・批評 Analysis by art critic ICHIHARA Kentaro 2019/8/11 b
アート批評家 市原研太郎の分析・批評 Analysis by art critic ICHIHARA Kentaro 2019:8:11 c
アート批評家 市原研太郎の分析・批評 Analysis by art critic ICHIHARA Kentaro 2019/8/11 c

up-date 2019/8/14

Artists Demand Removal of Work from Aichi Trienniale Following Censorship Controversy
artnews, BY Maximilíano Durón POSTED 08/13/19 8:48 AM

quote:
When the triennial’s 2019 edition opened to the public on August 1, it included a mini-show titled “After ‘Freedom of Expression?’ ” that dealt with the censorship of artworks in Japan. That section included a work by Korean artists Kim Seo-kyung and Kim Eun-sung that dealt explicitly with Japan’s brutal history of ianfu, or comfort women, who were drawn from around Asia, particularly Korea, and forced into sexual slavery during World War II. (This history was not officially acknowledged by Japan until 2015.) Three days after the opening of the triennale the curatorial team, working in conjunction with the local government, closed the section.

(The open letter is published in full below:)
quote:

IN DEFENSE OF FREEDOM OF EXPRESSION
August 12, 2019

We, the undersigned artists participating in the Aichi Triennale (2019), condemn the decision to close a full section of the exhibition as an unacceptable act of censorship. The section titled “After Freedom of Expression?”, a special project of the Aichi Triennale, was closed indefinitely to the public on August 3rd due to political pressure from the State as well as pressure from anonymous sources threatening to take violent and terrorist actions unless the works in question were removed from the exhibition.

As we expressed publicly in a previous letter, we repudiate these threats inciting violence against the staff of the triennale and the censored art works. However, while we believe that all precautions must be taken to ensure the mental and physical safety of the exhibition staff and the visitors of the Trienniale, we insist that “After Freedom of Expression?” should be opened and remain on view until the scheduled closing of the exhibition.

The main target of the attack in this case is the work “Statue of a Girl of Peace “, by Kim Seo-kyung and Kim Eun-sung: a sculpture that attempts to repair historical memory focusing on Japan’s military sexual slavery (euphemistically called “comfort women”) a historical issue that is continuously repressed in Japan. We consider it an ethical obligation to stand by the exhibiting artists voices and their work being exhibited. Freedom of expression is an unalienable right that needs to be defended independently of any context.

The attacks on freedom include: (1) Nagoya mayor Takashi Kawamura’s unfortunate comments calling for the permanent closure of “After Freedom of Expression?”; (2) a statement made by Chief Cabinet Secretary, Yoshihide Suga, threatening to cut off future funding to the Trienniale through the national Agency for Cultural Affairs; (3) numerous anonymous calls harassing the exhibition staff; (4) a fax threatening terrorist action unless the section be closed.

We believe that the Aichi Triennale organizers’ decision to surrender to irrational threats and political demands violates freedom of expression and we question their decision to close the section “After Freedom of Expression?” without previously discussing it with the participating artists, the other curators and the organizers of the special exhibition. We fundamentally disagree that this is an issue of “risk management” and not one of censorship, a fact that has been denounced publicly by Amnesty International Japan, AICA Japan, Pen international as well as local and international press.

As a cultural institution, it is the Aichi Triennale’s responsibility to stand by the rights of its exhibiting artists and to protect freedom of expression. We understand that it is not an easy decision to make when people’s lives and security are at stake. But as a public institution, it is also its responsibility to work in collaboration with the corresponding authorities to provide protection and security for its staff, visiting public and anyone involved in the exhibition. It is the authority’s responsibility to undertake a serious and formal investigation as would be standard in the case of any terrorist threat. All these measures should have been taken into account before closing down a section of the exhibition.

In no way do we want to implicate the staff of the Aichi Triennale and its exhibition spaces with whom we have had a mutually supportive and positive relationship. We thank them for their hard work and stand by them through this difficult time. However, more than a week has passed since “After Freedom of Expression?” was censored. During this time, the organizers have been compliant in organizing an open discussion with the artists and we have insisted on the importance of reopening the exhibition. Also, at least two people have been detained in connection to the terrorist threats. However, we have not been given any clarity as to whether the censored section will be reopened.

Therefore, as a public gesture of solidarity with the censored artists, we demand that the organizers temporarily suspend the exhibition of our artworks in the Triennale while “After Freedom of Expression?” remains closed to the public.

Through this action we sincerely hope that the organizers of the Aichi Triennale will re-open the section “After Freedom of Expression?” and continue with their valuable work without thwarting freedom of expression by giving way to political intervention and violence.

Freedom of expression matters.

Tania Bruguera
Javier Téllez
Regina José Galindo
Mónica Mayer
Pia Camil
Claudia Martínez Garay
Minouk Lim
Reynier Leyva Novo
Park Chan-kyong
Pedro Reyes
Dora García
Ugo Rondinone

full text:
http://www.artnews.com/2019/08/13/aichi-triennale-2019-work-removal/

August 13, 2019 at 10:29am
ARTISTS DECRY CENSORSHIP OF AICHI TRIENNALE, DEMAND REMOVAL OF THEIR WORKS
full text:
https://www.artforum.com/news/artists-decry-censorship-of-aichi-triennale-demand-removal-of-their-works-80480

up-date 2019/8/14 20:00

タニア・ブルゲラらが「表現の不自由展・その後」の展示再開を求める声明を発表、出品作品の一時取り下げを決断
2019年8月12日、タニア・ブルゲラをはじめ、国外を拠点とする複数のあいちトリエンナーレ2019参加アーティストおよび国際現代美術展部門のキュレーター、ペドロ・レイエスが「IN DEFENSE OF FREEDOM OF EXPRESSION(表現の自由を守るために)」と題した声明を発表し、一時的に作品展示を休止することを決断した。声明発表に先立ち、前日11日にアーティスト有志主催の公開討論が愛知芸術文化センターで開かれ、ブルゲラ、ペドロ・レイエス、スチュアート・リングホルト、イム・ミヌク(スカイプでの参加)のほか、小田原のどか、加藤翼、村山悟郎など国内からも15人ほどのアーティストが参加。アーティスティック・ディレクターの津田大介を交えて、議論を交わしていた。
full text:
https://www.art-it.asia/top/admin_ed_news/202170

up-date 2019/8/16

Foreign artists call for pulling works to protest ‘censored’ show
THE ASAHI SHIMBUN
August 15, 2019 at 18:00 JST

NAGOYA–Foreign artists participating in the Aichi Triennale 2019 international art festival here are demanding its organizers suspend showing their artworks.
The artists decided to pull their works to protest the Aug. 3 closure of the controversial “After ‘Freedom of Expression?’” exhibition, which was part of the festival.
They said they made the move to show their support for the artists whose works were “censored.”
The exhibition was shut down after just three days when it drew protests and threats including one to set the building on fire.
Eleven of the more than 90 individual or group artists participating in the triennale and a curator jointly issued the demand in an open letter posted on a U.S. art news site on Aug. 12.
Of the 11 artists, all of whom are foreigners, two South Koreans have already shut down the displays of their works.
The letter, titled “In Defense of Freedom of Expression,” disputed the notion that the exhibition had been closed to safeguard public safety.
“We fundamentally disagree that this is an issue of ‘risk management’ and not one of censorship,” it said.
“As a public gesture of solidarity with the censored artists, we demand that the organizers temporarily suspend the exhibition of our artworks in the Triennale while ‘After Freedom of Expression?’ remains closed to the public.”
The artists also said that “as a public institution, it is Aichi Triennale’s responsibility to work in collaboration with the corresponding authorities to provide protection and security for its staff, the visiting public and anyone involved in the exhibition.”
Pedro Reyes, the curator who signed the letter, said that one of the 11 artists is taking a stand against the authorities in Cuba.
“In Mexico, where I come from, in 2018 alone, 144 journalists lost their lives while practicing their freedom of expression. This is why I personally cannot take a soft stand about this situation,” he said.
He added that the letter is not an attack on the art festival’s staff or artistic director Daisuke Tsuda.
The Center for Investigative Reporting (CIR) in the United States also asked that a work it contributed, which adapted a news scoop into an animated film, be pulled from the festival.
CIR said that as a news reporting organization, freedom of expression is a core of its mission and participating in the art festival now may put it at odds with that.
The 11 artists who requested their works be pulled are Tania Bruguera and Reynier Leyva Novo (Cuba); Monica Mayer and Pia Camil (Mexico); Lim Minouk and Park Chan-kyong (South Korea); Javier Tellez (Venezuela); Regina Jose Galindo (Guatemala); Claudia Martinez Garay (Peru); Dora Garcia (Spain); and Ugo Rondinone (Switzerland).

(This article was written by Sayaka Emukai and Hiroyuki Maegawa.)

http://www.asahi.com/ajw/articles/AJ201908150068.html

up-date 2019/8/16:

「あいちトリエンナーレのあり方検証委員会」第1回が開催。大村愛知県知事「公開フォーラム」実施に意欲
「あいちトリエンナーレ2019」における「表現の不自由展・その後」展示中止問題に関し、愛知県は「あいちトリエンナーレのあり方検証委員会」を設置。その第1回会合が、愛知県庁で開催された。
https://bijutsutecho.com/magazine/news/report/20362#

会田誠
@makotoaida
1:27 PM · Aug 14, 2019
●津田氏は僕(というか会田家)の「檄」を「不自由展」に加えたいと提案したが、委員会の岡本有佳氏が反対したため実現しなかった。岡本氏は僕の森美術館個展の性的表現に抗議した側だったそう。子氏等が候補に挙がったか、僕はわからない。
https://twitter.com/makotoaida/status/1161494493373317121

A Sculpture That Was Censored From Japan’s Aichi Triennale Will Become a Centerpiece of a New Museum for Banned Art
The Spanish collector Taxto Benet plans to install the work in his forthcoming Freedom Museum.
Javier Pes, August 15, 2019

A Spanish collector who is creating a permanent home for art that has been censored just made his latest high-profile acquisition. Tatxo Benet bought the sculpture censored from Japan’s Aichi Triennale earlier this month. Ironically, the piece was removed from an exhibition about censored art.

Benet moved quickly to snap up an edition of Statue of a Girl of Peace (2011) by the South Korean artists Kim Seo-kyung and Kim Eun-sung for his fast-growing collection. The sculpture depicts a “comfort woman”—one of many thousands of women sold into sexual slavery by the Japanese military during World War II.

full text
https://news.artnet.com/art-world/collector-censored-art-museum-1626379

愛知芸術祭アドバイザー東浩紀氏が辞意「善後策提案採用されず」
2019.8.14 23:19ライフ学術・アート

愛知県で開催中の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」で「表現の不自由展・その後」が中止になった問題で、芸術祭の企画アドバイザーを務める思想家、東浩紀さんは14日、ツイッターで辞意を表明した。「いろいろ善後策を提案していたのですが採用されず、職務を果たすのが困難な状況になりました」と説明した。
 元慰安婦を象徴する少女像について「政治的に利用されてしまった」とし、昭和天皇を扱った作品は「過激な表現が多くの市民にショックを与えた」と分析。「外交問題に巻き込まれたこと」と「市民への説明不足」について誠実に謝罪し、市民や作家を巻き込んだ議論を行うべきだと津田大介芸術監督に提案したと明かした。また「『表現の自由』vs『検閲とテロ』という構図は、津田さんと大村(秀章愛知県)知事が作り出した偽の問題だ」とした。
https://www.sankei.com/life/news/190814/lif1908140038-n1.html

up-date 2019/8/20

The Threat to Freedom of Expression in Japan

Frieze web magazine, BY ANDREW MAERKLE
15 AUG 2019
The closure of part of the 2019 Aichi Triennale reflects a broader climate of aggression, censorship and nationalist revisionism 

quote:
The closure of ‘After “Freedom of Expression?”’ is an absolute crisis for art and free speech in Japan, and how people respond to it may set the parameters of expression for years to come. If the exhibit made visible the censorship regime under which artists and curators are already operating at Japan’s public institutions and organizations, its closure raises the spectre that all large-scale art activities will be ruled for the foreseeable future by self-censorship, in order to secure government funding and corporate sponsorship. More chillingly, it emboldens extremist elements to use violence to silence others. 

quote:
Ironically, the Triennale has in some way become a stronger exhibition thanks to the closure of ‘After “Freedom of Expression?”’ Works confronting the nature of Japaneseness and Japanese society have taken on added urgency and push back at right-wing politicians’ invocations of essentialist monoculture: from Koki Tanaka’s multimedia installation Abstracted/Family (2019), which looks at the lives of mixed-race Japanese people, to Kyun-Chome’s videos presenting the voices of those transitioning between genders and Miku Aoki’s immersive mixed-media installation, 1996 (2019), combining references to cloning, artificial insemination and a eugenics law allowing the forced sterilization of those with genetic disorders and handicaps that was not abolished until the work’s titular date. 

quote:
The idea that art should not be political has been turned into a political tool for excluding unwelcome expressions from public venues in Japan. But art is the frontline in debates around free speech precisely because it creates space for questioning values and challenging historical assumptions in public. Without this, art and its institutions devolve into an opaque aesthetics of power. And without the possibility for incorporating critical voices, all the art festivals that have proliferated across the archipelago in the past two decades – which come packaged with hedonistic sidebars of local cuisine, crafts and products – will be exposed as so many empty frameworks for extracting money from tourists and pumping capital into regional economies. Information available in Japanese on the Aichi Triennale website estimates that the 2016 edition brought some JP ¥6.3 billion yen (around US$60 million dollars) into Aichi Prefecture, against JP ¥1.2 billion yen (US$11.5 million) in expenses. As with many such events on the international art circuit, participating artists must be aware their work will be instrumentalized to a degree. But could they put up with it if they felt such events lacked any integrity?
This is no time for looking on passively. Japanese artists, and the Japanese art scene as a whole, must lead the way in taking action.
full text:
https://frieze.com/article/threat-freedom-expression-japan

2019/8/19
聴こえない旋律を聴く
岡﨑 乾二郎

 芸術作品が普遍性を持つかどうか、という問いがある。それは不可能な願望にちがいないが、ひとつ言えることはある。
 ある作品が制作され、その時代のなか、人々のなかで一定の意味を与えられ理解されている。が、この時代が去っても、つまり別の時代、別の場所に置き換えられても、必ずしもその作品は意味を完全には失わない、理解できないものとはならない。この別の時代、場所においても理解されうるもの、受け取られうるものに、普遍性と呼ばれてきたものは近いだろうということである。
 椅子に座っている少女がいて、竪琴を弾いている。つま先だけ地面につけ、踵は浮かせている。少女は地面を見つめている。一方、少女から少し離れたところに青年が立ち少女を見つめている。けれど少女は青年に気づいている様子はない。少女の視線の先、足の先にいるのは小鳥である。小鳥はどうやら青年の存在に気づき、そっとその衣にくちばしを寄せるように近づいていっている。──以上は紀元前5世紀ギリシャでつくられた香油をいれるための壷、レキュトスの一つに描かれた絵の記述である。レキュトスはもともと主に男性の死者に塗る香油を入れる壷で、のちにはこの細い首の壷は墓の前に置かれ、水や花が活けられるようにもなったという。
 竪琴を奏でる少女は青年に気づいてはいない。少女を見ている青年は死者であり、だから少女には見えないのだ。《たましい》はここにいながら、もうこの世にはいない。少女は死者のために音楽を捧げているのだ。が、小鳥だけは少女と青年を結びつけるように青年の存在に気づき、その衣に近づいていっている。霊となった青年はおそらく竪琴の音を聴くことができないだろう。けれど小鳥の声を聴くことはできるのではないか。というのも墓の前にいる、わたしたち鑑賞者も少女の竪琴の音を聴くことができないが、墓のまわりでさえずる、小鳥たちの声をいま聴いているから。わたしたち鑑賞者は死者の側、死者とともにいるということになる。小鳥の存在がその二つの世界を媒介している。
full text:
http://www.webchikuma.jp/articles/-/1808

68442719_10157192631748859_8037828632137170944_n
67916586_10157192631903859_4343332476043657216_n

2019/8/24 up-date:

「表現の不自由」展中止でシンポ
NHK 2019年08月23日 06時38分

愛知県で開かれている国際芸術祭で、少女像などの展示が中止された問題をうけて、22日夜、都内で展示会に参加した作家らによるシンポジウムが開かれました。

国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」は「表現の不自由」をテーマに慰安婦問題を象徴する少女像などが展示されましたが、脅迫するような内容の抗議電話などが相次ぎ、開幕から3日で中止となりました。
この問題を考えるシンポジウムが、22日夜、東京・文京区で開かれ、芸術祭に出品していた国内外の作家5人が参加しました。
このうち、韓国人の写真家は「今回の問題は作家だけでなく見る人の権利にも関わる。私たちの知る権利と表現の自由を守っていきたい」と述べました。
また、彫刻家の男性は「政治家から法を忘れたかのような発言が飛び出している」と述べ、展示の中止を求めた名古屋市の河村市長の対応を批判しました。
このあと、ジャーナリストや映画監督などによる意見交換が行われ、今回の問題により、表現の自由や知る権利が奪われることがないよう、展示の再開を求める意見などが出されました。
国際芸術祭は、愛知県で10月14日まで開かれるということで、50代の女性は「知る権利が脅かされていることが深刻だと感じました。展示を再開させることを諦めてはいけないと思います」と話していました。
https://www3.nhk.or.jp/lnews/shutoken/20190823/1000034693.html

表現の不自由展「再開を」 出展者らが都内で抗議集会
2019年8月22日23時46分
https://www.asahi.com/articles/ASM8P6F05M8PUTIL04K.html

第1部 出品していた美術家などが語る~緊急シンポ「表現の不自由展・その後」中止事件を考える

第2部 会場討論~緊急シンポ「表現の不自由展・その後」中止事件を考える

more detailed info at:

http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2427

English:
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/287

「表現の自由を守れ」出品作家やジャーナリストらが緊急集会
投稿者: ourplanet 投稿日時: 金, 08/23/2019 – 17:32

quote:

前半は、出品作家ら5組が次々に登壇し作品や表現の自由について語った。戦後、中国に置き去りにされた「日本軍慰安婦」を題材にした写真を出品していた安世鴻さん(写真家)は、2012年にニコンサロンの公募展に出品したものの、開催1ヶ月前にニコン側から中止の通告を受けた経験を話した。今回の中止について、「7年前より悪くなっている状態だ。民主主義の退行を感じている」と危惧し、「アーティストだけが被害を被ったのではなく、見る人の権利が侵害された。皆さんと連帯して、表現の自由や知る権利を守っていきたい」と述べた。

後半は、ジャーナリストや有識者らが登壇。作家の森達也さんは、「10年前よりも不安と恐怖が強くなっている。万が一が起きたらどうするんだっていうことに誰も抗しきれなくなっている。そしてそれを政権やメディアが利用している」と批判した。主催者の一人であるジャーナリストの綿井健陽さんは、「このまま再開できなければ、慰安婦に関する展示や映画の上映などいろんなことが出来なくなる。日本社会の敗北でないか。なんとかして再開する知恵を皆さんと考えたい」だと訴えた。

Artists in pulled free expression show demand it be reopened
The Asahi Shimbun, by KAYOKO SEKIGUCHI/ Staff Writer,
August 23, 2019 at 16:40 JST
Artists whose works drew threats that led to the premature closure of an Aichi Triennale 2019 exhibition demanded its reopening at a meeting on Aug. 22 in Tokyo.

The group said that allowing the event to stay closed amounted to giving in to racism and terrorism.

“After ‘Freedom of Expression?’ ”, an exhibition at the international art festival curated by artistic director journalist Daisuke Tsuda, received numerous threats over its controversial subject matter, including one to burn it down. It closed on Aug. 3 after only a three-day run.

Aichi Governor Hideaki Omura, who also chairs the organizing committee of the Aichi Triennale, cited the safety of viewers in calling off the exhibition.

At the Tokyo meeting, the artists explained the intentions behind some of their works at the exhibit and shared their perspectives on events leading up to the cancellation.

At the canceled exhibition, artist Nobuyuki Oura displayed a video, which included footage of a portrait of Emperor Showa being burned.

Oura lamented that many people had focused only on such scenes in his 20-minute video.

“If you watch the whole thing, you will know it doesn’t just criticize the emperor,” he said. “It was described in an eccentric manner, which makes me very sad.”

South Korean photographer Ahn Se-hong, who had displayed photos of former “comfort women” at the exhibition, projected the photos and commented on the show being shut down.

Comfort woman is a euphemism for women who were forced to provide sex to Japanese troops before and during World War II.

Another comfort women photo exhibition by the artist was temporarily canceled in 2012.

“We should band together to demand the exhibition resume,” Ahn said. “We must protect the right to know and freedom of expression.”

http://www.asahi.com/ajw/articles/AJ201908230062.html

2019/8/25 up-date:

あいちトリエンナーレ津田大介芸術監督インタビュー 
平和の少女像問題、そして「組織化したテロに屈した」という発言の真意語る
web dice 2019-08-24 23:20
http://www.webdice.jp/dice/detail/5849/