Art + Culture

風間サチコ 展 @ 無人島プロダクション KAZAMA Sachiko exhibition @ Mujin-to Production

KAZAMA Sachiko 風間サチコ「噫!怒濤の閉塞艦」2012年、木版画(墨、和紙、木製パネル)181 × 418cm 、2012年12月21日 @ 無人島プロダクション。(2018年5月21日のアップデート:東京都現代美術館蔵)

(Re-posting from my former official blog at ARTiT web magazine, published in 2012/12/29)

「ポスト・ノーモアフクシマ」時代に入り、原発停止、自然エネルギーのみを活かすと決めたのは、経済大国ドイツ国民の選挙結果。

風間サチコ 「獄門核分裂235」、2012年

KAZAMA Sachiko 風間サチコ 「獄門核分裂235」2012年

Kazama Sachiko 風間サチコ 「獄門核分裂235」

「獄門核分裂235」部分

風間サチコ 「獄門核分裂235」

しかし、2週間前に行われた日本の選挙では、国民多数決によって原発再稼働派に傾き、再び、天下りと関連する「原子力村」が決定となるのだろうか?

1

2012年12月16日、自由民主党幹事長の石破茂氏 と 第96代内閣総理大臣に選出された安倍晋三氏
第46回衆議院議員総選挙で自民党が294議席を獲得して圧勝

世界一の原発技術を輸出している日本の原子炉メーカーの恐ろしい現状となっています。
2011年3月11日と2012年12月16日の原因を用いて、我が国のアーティスト活動の中でダブルパンチを受けています。
とは言え、タイムリーな風間サチコの新個展では、素晴らしい作品が表されています。
彼女のアーティスティック実行として木版画の製作方法を選び、世の中に対しての認識にはドイツのケーテ・コルヴィッツ(Käthe Kollwitz)や現在ニューヨークのMoMAで展示中である中村 宏の影響が見えてきます。

ケーテ・コルヴィッツ

ケーテ・コルヴィッツ

疑いなく「現代アートの制度的批判」か「アートと哲学は何か」をカテゴライズせずに、解りやすく「日本人と社会」をナラティブ心理学として上手く表現されている作品揃いです。
「震災 3・11」の所為、日本アーティストの何人かが異端判決宣告式を決定したと言えるでしょう。
しかし、風間さんの場合、今まで通り、新触媒を掴み、自分の立場を再思案し、約1年の間にさまざまな日本のprepotentな原子力産業史を研究しました。そこから生まれた作品はどれも感慨深く、来年1月19日まで無人島プロダクションの空間で風間さんの水平思考を見事に鑑賞できます。
彼女のヴィジョンが反映されている木版画の力量、意識的に、その歴史深い媒体を率直にソーシャル・コメンタリーとして概念化させ、勇敢な姿勢を褒めなければなりません。依然として、風間サチコさんはとても魅力的な日本の現代美術家の存在感を持っています。再び今回の強く薦める展覧会で嬉しく実感しました。

東京、2012年12月29日

亜 真里男

風間サチコ 展 「没落THIRD FIRE」
無人島プロダクション/SNAC
2012年12月8日~2013年1月19日
http://www.mujin-to.com/press/kazama_2012.htm

Kazama Sachiko 風間サチコ 1

KAZAMA Sachiko 風間サチコ「噫!怒濤の閉塞艦」2012年、木版画(墨、和紙、木製パネル)181 × 418cm

Kazama Sachiko 風間サチコ 2

KAZAMA Sachiko 風間サチコ「噫!怒濤の閉塞艦」部分

Kazama Sachiko 風間サチコ 3
Kazama Sachiko 風間サチコ 4

「噫!怒濤の閉塞艦」部分

atom
Sachiko Kazama 風間サチコ

KAZAMA Schiko 風間サチコ「黎明のマーク1」2012年

Sachiko Kazama 風間サチコ

「黎明のマーク1」部分

風間サチコ Sachiko Kazama

「黎明のマーク1」部分

アトム
1

Mark 1 Nuclear Reactor
GE faces federal lawsuit over Fukushima nuclear disaster
“GE designed and largely constructed the the entire failed Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant at the center of the dispute,” the lawsuit claims, “and for many years, directly or indirectly through its affiliates, was responsible for the maintenance of the (plant). To this day, GE has paid literally nothing toward the massive economic and business destruction its actions and failings have caused.”
https://www.bizjournals.com/boston/news/2017/11/17/ge-faces-federal-lawsuit-over-fukushima-nuclear.html

Fukushima: Mark 1 Nuclear Reactor Design Caused GE Scientist To Quit In Protest
“Thirty-five years ago, Dale G. Bridenbaugh and two of his colleagues at General Electric resigned from their jobs after becoming increasingly convinced that the nuclear reactor design they were reviewing — the Mark 1 — was so flawed it could lead to a devastating accident.”
https://abcnews.go.com/Blotter/fukushima-mark-nuclear-reactor-design-caused-ge-scientist/story?id=13141287

Kazama Sachiko 風間サチコ
風間

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

記録画像:2009年12月19日、説明会・忘年会 @ 山本現代

風間サチコ

風間サチコさんの作品紹介

KAZAMA Sachiko

風間サチコ作

似ている分野で、他の日本の誇り、優秀な表現者を紹介させて頂きます:

丸木俊・丸木位里

画家達 丸木俊氏 (1912-2000) と 丸木位里氏 (1901-1995)
朝日新聞、毎週土曜日の文化面で「その時」という私の連載コーナー(1992-3年) より

2018年5月23日、アップデート:
優作「ディスリンピック2680」@ 風間サチコ展・「原爆の図丸木美術館」
KAZAMA Sachiko’s Excellent “Dislympia 2680” @ Hiroshima Panels – Maruki Museum
http://art-culture.world/articles/kazama-sachiko-dislympia-2680-hiroshima-panels-maruki-museum/

石牟礼 道子

作家 石牟礼道子氏(1927-2018)

(アップデート:今年2月10日に御亡くなりました)

鎌田慧

ルポライター 鎌田慧氏
「脱原発10万人集会へ向けて 内橋氏、大江氏、鎌田氏が会見」
http://www.jacom.or.jp/news/2012/07/news120712-17394.php

野間宏

小説家 野間宏氏 (1915-1991) 1990年
Mario Ambrosius「現代日本文学 Momentaufnahmen moderner japanischer Literatur」の本より、Silver & Goldstein 出版社、ベルリン、1990年

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

当時のおまけ:

冨井大裕・森田浩彰

西川美穂子(東京都現代美術館学芸員)、冨井大裕(アーティスト)、森田浩彰(アーティスト)
東京、2012年12月23日 Talk event 、NADiff a/p/a/r/t 店内 にて

森田浩彰  交換・・作/備/品
Hiroaki Morita
 “Exchange ─making / remark / object─”

2012年12月14日[金] — 1月20日[日]
http://www.nadiff.com/gallery/moritahiroaki.html

MOTアニュアル2012 Making Situations, Editing Landscapes 風が吹けば桶屋が儲かる

2012年10月27日[土]-2013年2月3日[日] 東京都現代美術館
http://www.mot-art-museum.jp/exhibition/140/1