Art + Culture

嘘つきの香取慎吾:「パリのルーブル美術館で個展を開かせてもらえることになりました。」 Liar KATORI Shingo: "I Have a Solo Exhibition in the Louvre Museum"

嘘つきの香取慎吾 Liar KATORI Shingo
香取慎吾 朝日新聞夕刊 2018年8月4日
香取慎吾 朝日新聞夕刊 2018年8月4日

Up-dated on 24th of September, 2018: I changed the title because there is no doubt that Mr. KATORI is lying to the media. On 4th of August, Mr. Katori, who is 41 years old (!!!), mentioned in the respected Evening Edition of the Asahi Shimbun Newspaper, that he will have a solo exhibition in the Louvre Museum.
See also the misleading quotes by his former SMAP colleagues, who are 44 years old (!!!), during the opening reception.

INAGAKI Goro 稲垣吾郎: ルーブル美術館での個展 = solo exhibition in the Louvre Museum

Katori’s management office:
所属事務所は個展の反響を、「現地時間午前9時の開場前から会場を取り囲むように長い行列ができ、オープン後も列は途切れずに続いた。フランス、日本だけでなくドイツ、香港、ロンドンなどからも観客が訪れた」と大々的に伝えている。

A rough translation by me, NOT correctly translated 1:1 word:

With grand fanfare the Katori’s management office announced that “even after the venue opened at 9:00 a.m. local time, a long queue of visitors, not only from France and Japan, but also from Germany, Hongkong and London, were coming.” (to see Katori’s exhibition)

My comment:
Every day tourists are lining up before 9:00 to buy the tickets to enter the Louvre Museum.
Katori’s exhibition is located in an open rental space, free to see, in the shopping center of the Caroussel, close to the entrance of the museum.

Mr. Katori did a ‘big’ damage to the Japanese art world.

日本のアート界に大きなダメージを与えた香取慎吾さん。

2018年8月4日の朝日新聞夕刊で、「パリのルーブル美術館で個展を開かせてもらえることになりました。」という、41歳 (!!)の、香取慎吾さんの発言は嘘です。
本日のniftyニュースも参照。

2018年9月24日アップデート:

香取慎吾『ルーブルで初個展』の“ウソ”報道にネット民が「恥ずかしい」の真相
2018年09月23日 11時01分 まいじつ

元『SMAP』香取慎吾の初の個展「NAKAMA des ARTS」が、9月19日よりフランス・パリで開幕した。この偉業に対してさまざまな声が上がっている。

今回の個展は、日本文化を紹介するイベント『ジャポニスム 2018』の企画の1つ。パリで個展を開けたことに対して香取は「光栄であると同時に感動と感謝しかありません」とコメント。同行した稲垣吾郎は「ジャポニスム 2018 の広報大使やルーブル美術館での個展は誇りですし、こちらも緊張しています。ルーブル美術館という場所で彼の絵を見られて感激しました」と語り、草彅剛も「ジャポニスム 2018 の広報大使就任にあやかって僕も鼻が高くなった気分です。作品は今まで見てきましたが、ここへ来るために1つ1つの制作があったのではないか」と、展覧会での感想を述べている。

香取の個展は、「アートを題材にしてNAKAMAとつながりたい」というコンセプトのもとに制作された絵画、オブジェ、ファッションなどが、美術館地下の「シャルル5世ホール」に展示されている。

所属事務所は個展の反響を、「現地時間午前9時の開場前から会場を取り囲むように長い行列ができ、オープン後も列は途切れずに続いた。フランス、日本だけでなくドイツ、香港、ロンドンなどからも観客が訪れた」と大々的に伝えている。

I女史さすがの剛腕マネージメントも一部に批判の声
「今回の件を、多くのメディアは“香取がルーブル美術館で個展!”と報じていますが、個展が行われるシャルル5世ホールは、ルーブル美術館に隣接する商業施設内の“無料展示スペース”です。長蛇の列と言ってもお金を払って見に来ているわけではない。なのに異様に香取を持てはやす風潮に、ネット上では『恥ずかしい』『こんな作品が日本で評価されていると思われちゃうのか…』と批判的な声が相次いでいます。そもそも今回の企画も、香取個人の能力が認められたわけではなく、『ジャポニスム2018』の広報大使を務めていたことがきっかけのコネでしょうね」(芸能記者)

SMAPを育てた元マネージャーのI女史が現在、香取、稲垣、草彅の3人をマネジメントしており、その手腕によって注目を集める施策を連発している。今回の件も、I女史の巧みな作戦勝ちだろう。

メディアをうまく利用してタレントの価値を上昇させるI女史の剛腕ぶりは凄い。一方で、I女史を失ったジャニーズ事務所は、スキャンダル報道をコントロールできず、批判まみれとなっている。

やはりジャニーズ事務所は、貴重な人材を失ったようだ。

https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12156-62611/
https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0923/myj_180923_7258874538.html

嘘つきの香取慎吾 Liar KATORI Shingo1
嘘つきの香取慎吾 Liar KATORI Shingo2
嘘つきの香取慎吾 Liar KATORI Shingo3
嘘つきの香取慎吾 Liar KATORI Shingo4

The former title was:
今日の日本のトップニュース:画家香取慎吾がパリで初の個展(カルーゼル デュ ルーブル)
Today’s Top News in Japan: Painter KATORI Shingo’s First Exhibition in Paris (Caroussel du Louvre)
For the record, to be remembered in the annals of Japanese art history.
Katori’s expo is in the ‘Hall du fossé Charles V’ of the shopping center of the Caroussel(カルーゼル デュ ルーブルのショッピング・センター、シャルル5世ホール).

Map of Caroussel du Louvre フランス カルーゼル デュ ルーブル シャルル5世ホール
Map of the Shopping center ‘Caroussel du Louvre’. It is NOT the Louvre Museum 地図:ショッピングセンターのカルーゼル デュ ルーブル シャルル5世ホール。ルーブル美術館ではない!!!

2018年9月25日アップデート

ルーブル美術館のサイト:
https://www.louvre.fr/en

香取慎吾ルーブルで初個展
ルーブル美術館のサイト、スクリーンショット、2018年9月25日
香取慎吾ルーブルで初個展2
香取慎吾ルーブルで初個展3
香取慎吾ルーブルで初個展4
香取慎吾ルーブルで初個展5

企画展
ルーヴル美術館では、各シーズンごとに、専門家たちの研究の成果である企画展を開催しております。広く一般の方に楽しんでいただけるものもありますが、企画展は、常に美術館のコレクションを反映するというコンセプトに沿って構成されています。

開催中のプログラム

開催中の企画展はありません

https://www.louvre.fr/jp/expositions


2018年9月26日のアップデート:

1aag

https://twitter.com/Japonismes2018/status/1041744810913267713

Japonismes 2018
‏@Japonismes2018

.@ktrsngofficial est à Paris ! L’ambassadeur de l’événement #Japonismes2018 présente au @CdLouvre son premier solo show du 19 septembre au 3 octobre #NAKAMAdesARTS 

つまり:「@CdLouvre」はルーブル美術館ではありません。

「@CdLouvre」は”LES SALLES DU CARROUSEL”、”Carrousel du Louvre”

1aaa1

スクリーンショット
https://twitter.com/CdLouvre

LES SALLES DU CARROUSEL
Carrousel du Louvre
@CdLouvre
Un site intemporel et moderne au cœur de Paris. Ce patrimoine culturel tourné vers l’avenir est un vecteur d’image pour les événements.

99 rue de Rivoli 75001 Paris
viparis.com
Joined June 2013
https://www.viparis.com/en/
https://www.viparis.com/en/site/salles-du-carrousel

1aa1a
1aa2a
LES SALLES DU CARROUSEL
LES SALLES DU CARROUSEL
1aa3a

1aa1a
1aa1b

• Exhibitions September 19 – October 3, 2018
Shingo Katori « NAKAMA des ARTS »

“NAKAMA des ARTS” is Shingo Katori’s first solo exhibition. Katori is very well known and has received wide acclaim for his extensive range of artistic expression, both as a singer and actor, as well as a contemporary artist working with a broad range of media, including murals, artistic objects, paintings, and even his posts on social media.
Like the artist himself, the exhibition is ‘outside the box,’ transcending all paradigms.
In addition to paintings and artistic objects all based on the concept of “connecting with friends (nakama) through art”, the exhibition also features fashion pieces as well as the French debut of a piece that is a collaboration with “new architecture”. Based on the notion that “weakness can become strength”, a large number of hoods (zukin) are joined together to create a unique dome-shaped piece of work.
・Period:
 September 19 – October 3, 2018
・Venue:
 ‘Charles V Hall’ at Carrousel du Louvre near Musée du Louvre

・Organized by:
 Mobo Moga Inc.

・Co-organized by:
 The Japan Foundation
・Supported by:
 Kinoshita Group
・In cooperation with:
 Musee du Louvre

 
 
(Updated: 9/18/2018)

https://japonismes.org/en/officialprograms/「nakama-des-arts」展

1aa1c
1aa1d

• 展覧会 2018年9月19日(水) ~ 10月3日(水)
「香取慎吾 NAKAMA des ARTS」展

歌手、俳優といった活動にとどまらず、現代アーティストとして壁画、オブジェ、絵画、さらには自身のSNSなど幅広いメディアを通じ常に表現活動を続け、大きな反響を得ている香取慎吾初の個展。
展示内容は、香取自身がそうであるように既成の枠にとらわれずあらゆる枠組みを超えていくものとなる。
「アートを題材にしてNAKAMAとつながりたい」というコンセプトのもとに制作された絵画、オブジェだけでなく、ファッションや「“弱さ”が“強さ”」というコンセプトのもとフランス初上陸となる「ZUKIN【頭巾】」を何個もつなぎ合わせたドーム型の形をとる「新しい建築」とのコラボレーション作品も紹介する。
・期間:
 2018年9月19日(水) ~ 10月3日(水)
・会場:
 カルーゼル デュ ルーブル シャルル5世ホール

・主催:
 株式会社モボ・モガ

・共催:
 国際交流基金
・後援:
 木下グループ
・協力
 ルーブル美術館

 
 
(Update:2018.9.18)

https://japonismes.org/officialprograms/「nakama-des-arts」展

1aa1e
1aa1f

• Expositions Du 19 septembre au 3 octobre 2018
NAKAMA des ARTS Shingo KATORI

Le chanteur, acteur et artiste contemporain Shingo Katori, dévoilera dans sa première exposition personnelle NAKAMA des ARTS la diversité de ses talents et de sa démarche créative s’illustrant par des fresques murales, objets ou peintures, et un usage libre du numérique et des réseaux sociaux.
Abolissant les contraintes de formes et de supports pour se jouer des conventions, l’oeuvre protéiforme de Katori qui se décline sous forme d’objets et peintures mais aussi de création de mode met l’accent sur la notion de « nakama », compagnon en japonais, dans l’idée de créer des liens compagnonnage autour de l’art. Shingo Katori présentera en exclusivité pour le public français une installation en forme de dôme composée d’une multitude de zukin, capuches dont se couvrent les Japonais lors des catastrophes, notamment des séismes. Cette oeuvre conçue dans le cadre de son projet de Nouvelle Architecture explore le concept de « faire de ses faiblesses sa force ».
・Dates:
 Du 19 septembre au 3 octobre 2018
・Lieu:
 Hall Charles V du Carrousel du Louvre

・Organization:
 MOBO • MOGA Inc.

・Co-organisation:
 Fondation du Japon
・Patronage:
 Kinoshita Group
・Soutien
 Musée du Louvre

 
 
(Mise à jour: 18/9/2018)

https://japonismes.org/fr/officialprograms/「nakama-des-arts」展


2018年9月21日か22日に、親切に、協力的に、Musée du LouvreのTwitter accountでは、「ジャポニスム2018」の tweetが retweetされました。
問題はこのretweetです:
1) https://twitter.com/japonismes2018_/status/1042956410147954688

1aa22

二番目のretweetは問題ないです。
つまり:「@CdLouvre」はルーブル美術館ではありません。
上、先ほど説明しましたとおり、
「@CdLouvre」は”LES SALLES DU CARROUSEL”、”Carrousel du Louvre”

2) https://twitter.com/Japonismes2018/status/1041744810913267713

1aa33

ーーーーー

Twitter

あかん! このつぶやきはあかん! 香取慎吾さんは、あくまでもルーブル美術館で個展を開催中であることに、いまこの国ではなっていて、同じ施設内のショッピングモールで展覧会をしていることは、触れたらあかん!
https://twitter.com/shinkawa_takash/status/1043805890996887553


2018年9月27日のアップデート:

Facebookでの反応
P.B.のコメント
It’s standard practice though isn’t it, to claim a solo show without mentioning that you paid for it ? Think of Beat Takeshi. What happened to his art? It has been acceptable practice to rent and put on shows and claim acclaim. No integrity lost, no curation involved and just vanity publishing / exhibiting. I came across it constantly in my days as a critic. Great time wasting unless you are aware of the game.

K.O.
メディア自体もよく調べないで、
朝日新聞まで<ルーブル美術館で展示>とか
いってるし・・、なかには、これまで画家や
業者までもが、わかっていながら誇張表現で
「ルーブル美術館で展示!」と謳いまくり
話題集めしてることがあまりに多いので
(さらには、それでクラウドでお金集めてる画家
達までいる)、こういうのの機会に、きちんと
改まってほしいものだ。。カルーゼル・デュ・
ルーブルもシャルル5世ホールも、ルーブル地下
の商業施設内にある催事ホールであって、
ここでアートイベントや個展するのはそれはそれで
素晴らしい有意義なことと思うが、まるで正規の
<ルーブルでの企画展>みたいにミスリードさせる
表現は、ただただ、嘘つきであり詐欺である。。

K.O.
特に知らない人相手に、善意を利用して、
クラウドファンディングでそう書いてる連中などは
ほんと頭に来ます。画家でなくて詐欺集団みたいに
感じます。。

M.A.
何と言うか、こー言っちゃなんだが香取君は勘違いとは言え本気でルーブルで個展が出来ると思ってたんですかね?だとするとルーブルも随分安く見られたものだと思いますし、それを疑問に思わなかった多くの日本人の、ルーブルに対する評価というか価値観というか、そういうものもその程度のものだった…という事になり…(^_^;) つまりは日本人の芸術に対する感度の鈍さを披瀝する結果になっているのが何とも痛々しい限りです…( ̄▽ ̄;)

K.O.
こういうことのたび、日本の一般的な民度というのは、
けっこう低いもんなんだと感じます。。
そして、国家自体が、芸術に関して、ぜんぜん力も入れてなければ、いろんな音楽や芸にまで、助成を削減しようとガンバってますからね。。。で、文化を大事にしない国は、長い目でみたら、経済もどんどん劣化していくでしょうね。。そんな気がします。。

S.M.
私だってよく知ら無いし、正直、小原さんの記事で私は色々知りました。(それまで知らなかったことだらけ) あんなに睡眠時間もなく小学生の頃から多忙だった芸能人の香取さんが知っているわけないだろうし、言われたままに発言しただけで周囲が悪いですよね、嘘つきと言うのは香取さんかわいそうですね。(゚-゚`*)

1
2
3
4



香取慎吾さんがパリで初の個展
NHK、2018年9月19日
元SMAPのメンバーでアーティストとしても活動する香取慎吾さんが、パリで初めての個展を開き、元メンバーの稲垣吾郎さんと草※なぎ剛さんも激励にかけつけました。

香取慎吾さんの個展は、日本文化を紹介するイベント「ジャポニスム2018」にあわせてパリのルーブル美術館の関連施設で企画され、18日、一般公開を前に内覧会が開かれました。

内覧会には、元SMAPの稲垣吾郎さんと草なぎ剛さんもサプライズで激励にかけつけ、一緒に作品を見て回りました。

このうち、「アートの仲間の塗り絵」という作品は、香取さんが描いた下絵にファンの人たちが個性豊かに色づけした70点余りの塗り絵を集めて仕上げています。

このほか、香取さんが仕事で不安を感じた時に心のよりどころにしてきたという東京タワーの絵画や、パリのシンボルのエッフェル塔を描いた作品など100点余りが展示されています。
香取さんが国内外で個展を開くのは今回が初めてで、来月3日まで開かれます。

香取さんは「本当にこの日がきたなって、光栄ですし、感謝しかないです。フランスの人たちに、日本でこんなにアートを楽しんでいる人がいることを知ってほしい」と話していました。

※なぎは、「弓へん」に「剪」の字。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180919/k10011635331000.html

嘘つきの香取慎吾 Liar KATORI Shingo1
嘘つきの香取慎吾 Liar KATORI Shingo2
嘘つきの香取慎吾 Liar KATORI Shingo3
嘘つきの香取慎吾 Liar KATORI Shingo4

嘘つきの香取慎吾 Liar KATORI Shingo

香取慎吾がルーヴル美術館で個展
https://www.youtube.com/watch?v=6GwOtSSEdFA

The Asahi Shimbun, September 19, 2018 SAWAAKI HIKITA 嘘つきの香取慎吾 Liar KATORI Shingo 朝日新聞
The Asahi Shimbun, September 19, 2018 SAWAAKI HIKITA

SMAP’s Shingo Katori shows off his artistic side at the Louvre
By SAWAAKI HIKITA/ Correspondent
September 19, 2018 at 15:50 JST
Former SMAP heartthrob Shingo Katori with one of his artworks in Paris on Sept. 18 (Sawaaki Hikita)
PARIS–The famed Louvre Museum here is showcasing dozens of colorful pop art-style paintings by former SMAP heartthrob Shingo Katori.
The special exhibition is part of the Japonismes 2018 event being held in and around Paris to celebrate Japanese culture and 160 years of diplomatic contact between Japan and France.
Katori, 41, told reporters during a preview Sept. 18 that he put his “entire being” into the 110 or so works on display.
The event, “Nakama des Arts,” is themed on “Eager to connect with friends through art.” It is being held in the museum’s underground floor hall through Oct. 3.
The works include a collaboration that allowed fans to color in spaces on a black and white background through their Instagram accounts at Katori’s behest.
One of the pieces titled “i enjoy!” was created in the motif of the 2020 Tokyo Paralympics.
Other former SMAP members Tsuyoshi Kusanagi and Goro Inagaki gushed about the show, and expressed amazement at seeing Katori’s works in such a grand setting.
Admission is free.
http://www.asahi.com/ajw/articles/AJ201809190052.html


香取慎吾 KATORI Shingo in Paris
香取慎吾 KATORI Shingo in Paris
香取慎吾 パリ
香取慎吾 パリ
香取慎吾 KATORI Shingo パリ ジャポニスム Paris
香取慎吾 KATORI Shingo パリ ジャポニスム Paris
KATORI Shingo 香取慎吾
KATORI Shingo 香取慎吾、 展覧会のレセプション

from left: KATORI Shingo 香取慎吾, current Japanese Ambassador extraordinary and plenipotentiary to France KITERA Masato 駐フランス日本国特命全権大使 木寺昌人, President of ‘La Maison de la culture du Japon à Paris’ SUGIURA Tsutomu パリ日本文化会館館長 杉浦勉

稲垣吾郎 INAGAKI Goro KATORI Shingo 香取慎吾 草彅剛 KUSANAGI Tsuyoshi
香取慎吾さん(中央)の作品の前で語り合う稲垣吾郎さん(左)と草彅剛さん from left: ex SMAP members INAGAKI Goro 稲垣吾郎, KATORI Shingo 香取慎吾,
KUSANAGI Tsuyoshi 草彅剛
稲垣吾郎 INAGAKI Goro KATORI Shingo 香取慎吾 草彅剛 KUSANAGI Tsuyoshi in Paris
稲垣吾郎 INAGAKI Goro KATORI Shingo 香取慎吾 草彅剛 KUSANAGI Tsuyoshi
Francoise Morechand
avec Francoise Morechand (via her public facebook posting)
Jean Pigozzi ジャン・ピゴッツィ
Jean Pigozzi ジャン・ピゴッツィ
KATORI Shingo 香取慎吾 exhibition view
exhibition view of the KATORI Shingo 香取慎吾 solo show
KATORI Shingo 香取慎吾 展示風景
KATORI Shingo 香取慎吾 展示風景
KATORI Shingo 香取慎吾 展示風景 パリ
KATORI Shingo 香取慎吾 展示風景 パリ
KATORI Shingo in front of his painting
KATORI Shingo in front of his painting
KATORI Shingo in Paris 香取慎吾 展示風景
KATORI Shingo in Paris 香取慎吾 展示風景
香取慎吾『宝箱』2011
香取慎吾『宝箱』2011
香取慎吾『宝箱』2011、部分
香取慎吾『宝箱』2011、部分
今日の朝日新聞夕刊、香取慎吾の個展
今日の朝日新聞夕刊、香取慎吾さんの「ルーブル個展」、キャプション:ルーブル美術館 (!)。”Solo Show in the LOUVRE by KATORI Shingo”, caption: ‘in the LOUVRE Museum’ (!). Today’s Asahi Shimbun Newspaper (evening edition)

2018年9月19日、20:02、アップデート:

NHKサイト 2018年9月19日
NHKサイト 2018年9月19日、19:59のスクリーンショット

香取慎吾 朝日新聞夕刊 2018年8月4日
香取慎吾 朝日新聞夕刊 2018年8月4日

Evening Edition of the Asahi Shimbun Newspaper, where Mr. Katori mentions that he will have a solo exhibition in the Louvre Museum.

香取慎吾 朝日新聞夕刊 2018年8月4日、部分
香取慎吾 朝日新聞夕刊 2018年8月4日、部分
香取慎吾 朝日新聞

2018年9月20日の会田誠のtwitter accountより、「香取慎吾」の名前が書いてあります。

会田誠 香取慎吾
今度新潟で講演する時に配るプリントを書きました。
2018年9月20日

https://twitter.com/makotoaida/status/1042742291834654721

会田誠
今度新潟で講演する時に配るプリントを書きました。
2018年9月20日

https://twitter.com/makotoaida/status/1042742228345479168


アーカイブより。2017年10月15日にARTiT web magazineで次のようにアップされました。
http://www.art-it.asia/u/sfztpm/pWH76TboFJtV0UShAQkl

ジャニーズのSMAPからアーティストへの変化:可愛い絵画を描く香取慎吾

quotes:

元SMAPの香取慎吾さん(40)が、ついに本格的な美術展に作品を出展する。
香取さんはかねてより美術活動を趣味としており、自身がメインパーソナリティを務めるバラエティ番組では、多数の自作美術作品が展示されている自宅を公開。ファンだけでなく世間を驚かせていた。
そんな香取さんの新アート活動に、今注目が集まっている。
◆「とっても慎吾らしい」!ファンからは期待と賞賛の嵐
香取さんが作品を出展するのは、「日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS企画展 ミュージアム・オブ・トゥギャザー」(13~31日、東京・スパイラルガーデン)だ。
公式サイトのトップページには香取さんからのメッセージ動画が掲載されている。「絵の具をいつも持ち歩いている」という香取さん。「絵を描くことってどこか自分の中でリセットであったりもして、今楽しいから、つらいからと思ったときに描いた」という作品がはたしてどんなものなのか、実際に観るのが楽しみになってくる。
「日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS企画展 ミュージアム・オブ・トゥギャザー」は、多様な個性を認める社会の実現を目指し、障がい者の芸術文化支援を目的としたアート展だ。香取さんはメッセージ動画内で、「アートがすごい詰まってるからいろんな方に遊びにきてほしい」「車椅子が通れるような広さが確保されてあったりとか、色々な障害がある方々でも、ちょっと外に出ることを躊躇しがちな方とか、美術館に行ってもなぁ……っていう方でも、足を運びやすい展示会になっていると思います」と極めて自由な空間であることをアピールした。
公式サイトの発表を受け、ヤフーニュースのコメント欄には香取さんの活動を祝福する声が集まっている。
「前向きでこっちも嬉しくなってしまう」
「コメントもいい。活躍の場が広がって嬉しい」
「行動に愛がある。すごく胸が熱くなりました」
「香取さんと言えば、昔は芸術面での活躍が多々ありましたが、ここ10年近くでまったくと言って良いほど見聞きすることがなくなってしまったので少々不思議に思っていました」
「自由にやりたいことができる環境になって本当に良かった」
「スポーツ新聞や週刊誌をお金の力で自在に操つることのできる悪意のある人。滅茶苦茶なデマを流されていた日々。ファンでなくとも心痛めていました。そんな苦しい中、芸術作品を残していた。私も生きていく指標にします。ありがとう」
「日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS企画展 ミュージアム・オブ・トゥギャザー」では、障がい者や現代美術家ら22人の作品と、香取さんの作品「イソゲマダマニアウ」「火のトリ」、計約500点が展示予定だ。かなり見応えのある展示会になること間違いなしだろう。
◆誰でも楽しく居心地よく……香取さんの願いに賛同の声多数
出展にあたり香取さんは、「僕にとってアートとは、ルールやゴールが存在しないもの。始まりにも終わりにも正解はなく、自分の物差しで決めることができる、かけがえのないものです。常日頃、そんな思いを抱いている僕が、このような境界線のないアート展に参加できるなんて、こんなにうれしいことはありません」と喜びのコメントを発表している。
「障害があるかどうかは関係なく、人は誰かがいないと生きてはいけません。僕自身、誰かにサポートしてもらいたいと思うこともありますし、困っている人がいたらサポートしてあげたいと思う。そうした感情に垣根はないと思うんです。そして、このことに気づかせてくれる一つのきっかけがアートなのではないかと思います」……こうしたコメントに、ネットからは感動の声が聞こえてくる。
「やっぱり国民的スターって、こんな意識なんだね。素直に凄いと思う」
「目先の利益ばかりで動いたり、上っ面の慈善事業なんかでは世間は見透かしますからね」
「フラットに物事を見ることは大切だしこういう催しがあるということこそ(マスメディアの)トップ記事に持ってきてほしい」
「絵は人に力をくれます。確実に世の為になっている」
開催期間中「ちょくちょく遊びに来ます」という香取さん。「一緒にアートを楽しみましょう」と呼びかけられた私たち、行くしかないのではないだろうか。
文・蒼井トマト(あおいとまと)
フリーライター。趣味は映画鑑賞、読書、バドミントン。 「憂鬱でなければ仕事じゃない」を座右の銘としているが、文章を書くことは好き。


アウトサイダーアートと現代アート、22の異世界をめぐるアート体験
どんな人にもひらかれた、アクセシブルな美術館
[会場]スパイラルガーデン(スパイラル1F)
[開館時間]11:00~20:00
[入場料]無料 / 会期中無休

日本財団DIVERSITY IN THE ARTS 企画展
ミュージアム・オブ・トゥギャザー
2017.10.13.Fri–10.31.Tue

https://www.diversity-in-the-arts.jp/moto

日本財団DIVERSITY IN THE ARTS 企画展 アクセス・アート・プログラム

香取慎吾 KATORI Shingo
香取慎吾
日本財団DIVERSITY IN THE ARTS 企画展 PR
香取慎吾 PR
日本財団DIVERSITY IN THE ARTS 企画展
安倍総理

安倍首相 障害者の展覧会を視察
(NHK 2017年) 10月30日 12時01分
安倍総理大臣は、東京都内で開かれている障害のある人たちの芸術活動を支援する展覧会で絵画や彫刻などを鑑賞し、東京オリンピック・パラリンピックに向けて、すべての日本人が輝く日本の姿を世界に示していきたいという考えを示しました。
東京 港区で開かれているこの展覧会「DIVERSITY IN THE ARTS」は、障害のある人たちの芸術活動を支援しようと日本財団が開いています。

安倍総理大臣は30日午前、会場を訪れ、国内外の障害のある芸術作家らが作った絵画や彫刻など500点余りを、元SMAPのメンバーで、展覧会に賛同して絵画を出展した香取慎吾さんの案内で鑑賞しました。

この後、安倍総理大臣は「それぞれの多様性、個性を生かしたもの、その感性が芸術として展示されているんだろうなと思った。2020年、東京オリンピック・パラリンピックがある。すべての日本人が輝く日本の姿を世界に示していきたい」と述べました。

この展覧会は31日まで東京 港区南青山の複合文化施設「スパイラル・ガーデン」で開かれていて、入場は無料です。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171030/k10011203851000.html

香取慎吾 KATORI Shingo 記事
香取慎吾 KATORI Shingo 記事

当時のおまけ:

Painter Britney Spears 画家のブリトニー・スピアーズ
Painter Britney Spears 画家のブリトニー・スピアーズ

https://www.instagram.com/p/BaMu4zTlqez/?taken-by=britneyspears

上の記事はアプロプリエーションアートとして再概念し、記録や参考のために、こちらに発表させていただきました。
ここに載せた写真やスクリーンショットは、すべて「好意によりクリエーティブ・コモン・センス」の文脈で、日本美術史の記録の為に発表致します。
photos: cccs courtesy creative common sense